このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

【医師が教える】「頭皮がかゆい」は危険信号? 薄毛とかゆみの関連性とは

毛髪・頭皮ケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

炎症を引き起こしてしまう恐れがあるほか集中の妨げにもなってしまう頭皮のかゆみ。実はこのかゆみは頭皮環境の異常が原因となっている可能性があるのです。また巷では「頭皮のかゆみが薄毛につながる」という噂も流れています。今回のAGAタイムスでは頭皮のかゆみの原因と対策、そして気になる薄毛との関係性についてお伝えします。

頭皮のかゆみはなぜ起こる?

頭皮のかゆみには様々な原因が考えられます。

◯乾燥によるかゆみ
頭皮が乾燥すると皮膚のバリア機能が低下し、ちょっとした刺激でもかゆみが生じることがあります。
◯皮脂の過剰分泌によるかゆみ
皮脂が過剰に分泌される原因は脂分の多い食事の摂りすぎや、ストレスの高い環境下に長時間いたりすることなど様々な要因が考えられます。皮脂が過剰に分泌され毛穴に詰まると、本来排出されるはずの老廃物をせき止めてしまい、酸化した皮脂が「過酸化脂質」という刺激の強い物質に変化します。そこから炎症によってかゆみが生じたり、頭皮が臭う原因になる可能性があります。
◯雑菌の繁殖が原因のかゆみ
皮膚には肌を守る役割をもつ「常在菌」と呼ばれる細菌がいます。しかし何らかの影響によって頭皮の皮脂が多くなると、皮脂をエサとするマラセチア菌という常在菌が異常繁殖し、かゆみを引き起こす場合があります。

このほかにも、シャンプーやコンディショナーの洗い残し、パーマやカラーリングによる頭皮へのダメージなどもかゆみの原因として挙げられます。頭皮のかゆみはフケを招くとともに頭皮環境を悪化させたり、薄毛や抜け毛につながったりする恐れもあるのです。

頭皮が乾燥する原因と薄毛との関係

頭皮が乾燥する理由は大きく外的要因と内的要因に分けられます。外的要因は紫外線や乾燥した外気などによって、頭皮の水分が奪われて頭皮が乾燥してしまうことです。

一方で内的要因は、乱れた食生活や睡眠不足、ストレスによる自律神経の乱れなどによるものです。ホルモンバランスが崩れ、皮脂の分泌量が少なくなることで、頭皮の過剰な乾燥を招く可能性があるのです。

しかし頭皮のかゆみと薄毛に直接的な関係はないため、頭皮にかゆみが生じたからといって薄毛になるということはありません。ただし頭皮がかゆいということは、何らかの異常が起こっているサインである場合があります。そのまま放置すると頭皮環境の悪化に繋がりますし、我慢できずに掻いてしまうことで頭皮がダメージを受け、育毛に悪影響を及ぼすことも十分に考えられます。

頭皮の乾燥を招きやすいシャンプーとは

一般的なシャンプーは水の含有量が全体の50〜70%、洗浄剤(界面活性剤)の含有量は30〜40%とされ、水の次に多く含まれているのが界面活性剤である場合がほとんどです。ここで注目したいのは、その界面活性剤がどのタイプなのかということ。界面活性剤は大きく3つの種類に分けることができます。1つめが高級アルコール系、2つめがアミノ酸系、3つめが石鹸系です。

市販シャンプーに多く含まれる高級アルコール系の界面活性剤は、洗浄力が高い反面頭皮に必要な水分や脂分まで洗い流してしまうため、頭皮の乾燥を招きやすいとされています。特に乾燥肌や敏感肌の方がこのタイプのシャンプーを使用すると、頭皮環境が悪化する恐れがあります。有名な成分としては「ラウレス硫酸ナトリウム」「ラウリル硫酸ナトリウム」などがあり、シャンプーにこれらが含まれている際は注意しましょう。また「石鹸シャンプー」に含まれる石鹸系の界面活性剤も、同様に強い洗浄力を持ちます。高級アルコール系と比べ成分はより天然由来に近いものの、やはり脂分を奪いやすく頭皮を乾燥させる傾向にあります。

頭皮の乾燥でお悩みの方におすすめなのがアミノ酸系のシャンプーです。このタイプのシャンプーは肌と同じ弱酸性であるため刺激が少なく、頭皮に必要な成分を保持させたまま汚れだけを落とすことができます。ただしいくらアミノ酸系のシャンプーが肌にやさしいといっても、洗髪の際に力を入れすぎたり1日に何度もシャンプーをしたりしては意味がありません。皮脂が過剰に落ちて頭皮が乾燥し、かゆみに繋がる場合があるため基本的にシャンプーは1日1回、適度な力で頭皮をやさしくマッサージするように行いましょう。

皮脂の過剰分泌が気になる場合は皮膚炎の可能性も

皮脂が過剰分泌されている場合、脂漏性皮膚炎の発症が疑われます。頭皮の常在菌であるマラセチア菌は本来であれば害にはなりませんが、皮脂をエサとしているため皮脂が過剰に分泌されることで異常繁殖してしまいます。マラセチア菌が皮脂を分解した際に発生する脂肪酸が原因で、頭皮が炎症を起こしてしまうのです。

脂漏性皮膚炎は強いかゆみを伴い、また悪化すると脱毛を促進させる恐れがあるので注意が必要です。体質的な問題で皮脂の分泌量が多い方は、シャンプーをする際には頭皮を傷つけないよう丁寧にマッサージして皮脂を落とすのがポイントです。また、食生活においては脂っこい食事を控えることで皮脂の増加を防止することができるでしょう。

また、脂漏性皮膚炎を改善したい場合は抗真菌作用を持つ市販の薬用シャンプーを使用することをおすすめします。症状が改善しない場合は医療機関に相談し、抗真菌作用のあるケトコナゾール含有のシャンプーを処方してもらうことも検討しましょう。

頭皮のかゆみが気になる方はAGAヘアクリニックにご相談を

頭皮がかゆいというのは、頭皮環境が悪化しているというサインかもしれません。自分が乾燥肌なのか脂性肌なのか、どんなタイプのシャンプーが合うのかなどを考えた上で、しっかりとケアを行うと良いでしょう。またかゆみと並行して薄毛が進行しているようであれば、AGA(男性型脱毛症)の可能性もあります。もし髪が薄くなってきたという不安を抱き始めた方は、AGA治療の専門クリニックで一度診断を受けることをお勧めします。

AGAヘアクリニックでは、ケトコナゾールを配合した医療用シャンプーをはじめAGA治療専門クリニックならではの豊富なAGA治療薬をご用意しております。カウンセリング・診察は無料のため「話を聞くだけ」という利用も可能です。クリニックは東京駅からもアクセスが良好なJR秋葉原駅より徒歩およそ4分。当院では遠隔診療も実施しているため、遠方にお住まいの方もお気軽にご相談ください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について