このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

【医師が教える】抜け毛予防にはならない!? 育毛トニックの正しい使い方

女性専用の薄毛治療について
毛髪・頭皮ケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

抜け毛予防や頭皮の血行促進に効果的といわれ、様々な商品が販売されている育毛トニック。値段も比較的手頃なものが多く、薄毛や抜け毛が気になる人には手軽に始められるヘアケア商品の1つです。中には「抜け毛を防ぐ」とうたっている商品もありますが、実際のところ育毛トニックにそうした効果は期待できるのでしょうか? 今回のAGAタイムスでは、育毛トニックの成分やその効果について検証していきます。

育毛トニック(ヘアトニック)の主な成分とは?

“育毛”という言葉の響きから、育毛トニックには薄毛改善効果があると思っている方がいるかもしれません。しかし実際のところ、育毛トニックの成分はほぼ水とアルコールで占められています。水とアルコールの割合は概ね60〜80%といわれており、髪の毛や頭皮に良いとされる有効成分はわずかに入っている程度です。

また有効成分の種類も、育毛というよりは血行促進や保湿、抗炎症作用や洗浄作用といった、頭皮の状態を整える目的のものがほとんどです。そのためクリニックで処方される薬と比較すると作用は緩やかになります。つまり重篤な副作用のリスクこそは低いものの、薄毛の予防や改善はあまり期待できないと考えられます。では育毛トニックには一体どのような効果があるのでしょうか?

育毛トニックの効果と注意点

トニック(tonic)という言葉には「さわやかな」「元気づける」といった意味があります。育毛トニックは文字通り頭皮に爽快感を与え、かつ頭皮環境を健康に保つことが目的の商品です。育毛トニックを使用するタイミングは、朝と夜の1日2回が一般的です。朝は整髪料をつける前、夜は洗髪後が効果的でしょう。タオルでしっかり水気をとり、適量を頭皮につけます。そして軽く揉み込むように頭皮全体をマッサージし、トニックをしっかりと浸透させていきましょう。

育毛トニックの効果としてまず期待できるのが、主成分であるアルコールによる殺菌効果です。余分な脂質や細菌が頭皮に溜まると炎症を引き起こし、やがて発毛環境の悪化につながる恐れがあります。育毛トニックはそうしたリスクを事前に抑える効果が期待できます。また濃度は低いものの、血行促進や保湿、抗炎症作用や洗浄作用に効果があるとされる成分も含まれているため、頭皮環境の改善にもつながるでしょう。

このように育毛トニックには頭皮環境を改善する一定の効果は期待でき、加えて頭皮に爽快感や清涼感を与えてくれます。そのため夏場などは必要以上に使ってしまうケースがあります。しかし育毛トニックのつけ過ぎには注意が必要です。前述したように育毛トニックの主成分であるアルコールには殺菌効果があるため、過剰につけると頭皮に必要な常在菌まで殺菌してしまいます。その結果、頭皮のバリア機能が弱まり、頭皮トラブルにつながる恐れがあるのです。

またアルコールには揮発性があり、蒸発とともに肌の水分を奪ってしまいます。そのため育毛トニックを頻繁に使用すると、乾燥肌や肌荒れを招く可能性もあります。乾燥肌や敏感肌の方の場合は用法・用量を守った上で使用する、またはノンアルコールの育毛トニックを使用するとよいでしょう。

薄毛を改善したいなら、育毛トニックよりも「育毛剤」

育毛トニックは、あくまでも頭皮環境を健康な状態に保つものであることがわかりました。では「薄毛の治療を受けるほどではないけれど、薄毛の対策はしておきたい」という場合、何をすべきなのでしょうか。その答えの1つが育毛剤です。育毛トニックと名前が似ているため混同されがちですが、育毛剤はその名の通り“育毛を促す”ためのもの。代表的な含有成分として、育毛を促す可能性がある成分である「アデノシン」や、髪の毛の生成に必要な「アミノ酸」などがあり、育毛を促進するための土台を作ってくれる商品です。頭皮を健康な状態に保つことが目的の育毛トニックと比較すると、より効果的な商品といえるでしょう。

また育毛剤以上に有効だといわれているのが、発毛剤です。発毛剤は文字通り、“発毛を促す”ためのもの。育毛トニックや育毛剤との最も大きな違いは、発毛を促す作用があるとされる成分「ミノキシジル」が配合されている点です。そのため直接的な薄毛改善が期待でき、薄毛や抜け毛で悩む方にとって有用な商品だといえるでしょう。なお2018年○月(掲載予定時の月を入力)現在、厚生労働省から発毛剤として認められている市販商品は、大正製薬の「リアップ」のみとなっています。

頭皮環境の改善だけでは抜け毛が予防できない可能性も!

薄毛や抜け毛がそれほど進行していない場合であれば、育毛剤や発毛剤を使って様子を見てみるのも一つの対策かもしれません。しかしそれだけでは予防できないこともあります。特にAGA(男性型脱毛症)は男性ホルモンに原因があるとされており、放置しておくと進行してしまいます。そのため進行を食い止めるには、育毛トニックなどで頭皮環境を改善するだけでなく、内側から対策していくことが大切です。

AGAは、男性ホルモンである「テストステロン」が「5αリダクターゼ」という酵素と結びつき、「DHT(ジヒドロテストステロン)」という悪玉男性ホルモンに変換されることで発症します。生成されたDHTは、男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)と強く結合し、髪の毛の成長を阻害します。髪の成長と生え変わりのサイクルを短くして、健康的な髪の毛が生えにくい状態になってしまいます。その結果、細く短い髪の毛ばかりが目立つようになり、やがて前頭部や頭頂部のボリュームが減っていってしまうのです。

AGAには専門的な治療と薬が効果的

もしAGAを発症していた場合は、根本的な問題であるDHTの生成を抑えなければいけません。そのためには内服薬を用いた治療が効果的とされており、進行度合いによってはミノキシジル外用薬と併用することもあります。

AGA治療薬の中で特に処方されることが多いのが、「デュタステリド」「フィナステリド」という2つの内服薬です。どちらの治療薬もDHTの生成を阻害する作用があり、いわばAGAの進行を根本から食い止める薬です。もう一つ有名な治療薬として「ミノキシジル」が挙げられます。

東京・秋葉原にあるAGAヘアクリニック(以下、当院)は、AGA治療専門の病院です。当院ではデュタステリドやフィナステリドのほか、ミノキシジルの外用液・内服薬ともに取り扱っております。これらの治療薬は育毛トニックだけでは解決できない薄毛の改善に効果が期待できます。

育毛トニックは、抜け毛予防や育毛のための効果は少なく、製品によっては肌へのリスクもあります。そのため利用する場合には頭皮環境を悪化させない成分を選び、トラブルが起こったらすみやかに使用を止めましょう。また育毛剤はヘアトニックよりも効果が期待できますが、一方でAGAの治療には不十分といえます。抜け毛や薄毛の悩みから解放されるには、根本的なAGA治療が適しています。当院はカウンセリング、診察ともにいつでも無料ですので、まずはご予約いただき、薄毛のお悩みについて私達にお聞かせください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
治療用シャンプーの効果