このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

【医師が教える】育毛・発毛促進どころか逆に悪化? 巷の噂を医学的見地から検証

毛髪・頭皮ケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

巷では、医学的根拠がない育毛についての俗説が溢れかえっています。間違った知識に基づいた努力は、育毛や発毛効果を期待できないどころか髪の毛や頭皮環境に悪影響を与える恐れも……。今回のAGAタイムスは、育毛についての「間違った常識」を医学的な見地から徹底的に検証していきます。

育毛剤を使えば髪の毛が増える?

この噂は医学的には正しいとはいえません。それは育毛剤には発毛効果が立証されていないからです。育毛と発毛って違うの?と思われた方もいらっしゃることでしょう。そここそがこの噂のポイントです。

育毛とは頭皮環境を整えたり、髪の毛に良い成分を与えることで“今ある髪の毛を健康に育てるためのもの”です。厚生労働省では「育毛に対して緩やかな効果があるもの」を育毛剤として認めています。

これに対し発毛は、脱毛症などで薄毛になった方が、新たに髪の毛を生やす事を目的として使用する「発毛効果のある医薬成分を含んだもの」を指します。ただし、薄毛の原因によっては発毛を促すだけでは、薄毛の進行が止められない場合もあります。

例えば、薄毛に悩む日本人の成人男性の多くがかかっているという「AGA(男性型脱毛症)」の場合です。AGAは様々な要因が絡み合って発症します。主な原因としては男性ホルモンの作用により、髪の毛が太く長く成長できないまま抜け落ちてしまう事にある、といわれています。そのため、育毛剤で頭皮環境を整えたり発毛を促すだけでは進行を止められないのです。

薄毛の原因がAGAだった場合には、AGAによって乱れたヘアサイクルを正常化し、発毛を促すために内服薬や外用薬を使用した治療が有効とされています。もちろん頭皮環境を良好に保つことも大切ですので、AGA内服薬と育毛剤を併用しても良いでしょう。ただし、ミノキシジルなどの外用薬と育毛剤を併用する場合は注意が必要です。育毛剤には成分以外にもエタノールを始めとしたアルコール類のほか様々な成分が含まれているため、過剰な刺激による頭皮トラブルに繋がりかねません。育毛剤と外用薬の併用をする際は、自分で判断せずに医師へ相談することをお勧めします。

頭皮を叩くと髪の毛が増える?

頭皮を叩くと血行が良くなり、その結果として育毛が促進されるという噂があるようですが、こちらにも明確な医学的根拠はありません。

確かに血行不良は育毛に悪い影響を与える可能性があります。血行不良に陥ると、血液によって運ばれる酸素の量が低下し、正常な髪の成長に必要な栄養素が頭皮の細胞にまで届きづらくなる懸念があるためです。

しかし「頭皮を叩く」という行為自体には、頭皮を傷つける可能性があります。頭皮が傷つくと毛根がダメージを受けたり、皮膚炎になってしまうリスクも高まります。ダメージを受けた頭皮環境は、育毛に良い状態とはいえません。「血行を促進する可能性」よりも「頭皮にダメージを与えないこと」の方が育毛にとってメリットになることが多いため、頭皮を叩いて髪の毛を増やそうとする行為はお勧めできないのです。

AGAの早期治療について

電子機器などで光や振動を当てると髪の毛が生える?

電子機器と一口にいっても電気磁気治療器や高周波などの電気器具、電動頭皮ブラシなど、育毛や発毛に良いと謳われているものは数多く存在します。例えば低出力レーザー治療(LLLT)は1960年代ハンガリーで行われたマウスを使った実験で、発毛の促進効果が認められています。その後も研究が各地で行われており、発毛促進治療に一般的に用いられている国もありますが、その詳しいメカニズムについては未だ解明されていません。

また赤色LEDの発毛育毛効果は大阪大学の研究でその有効性が認められており、赤色LEDを頭皮に照射する機器なども販売されています。しかし、その効果には個人差があり、ミノキシジルなどの発毛を促す治療薬に比べると医学的根拠はまだ乏しく、効果が高いとは言い難いでしょう。

LLLTやLEDの実際の効果はさておき、これらには育毛効果を認めた学術報告があります。しかし、育毛や発毛促進すると謳っている医学的根拠のない電子器具などの中には、全く効果がないものや、逆に頭皮や真皮にダメージを与えてしまい薄毛を進行させてしまう恐れがあるものも存在します。はっきりとした有効性の根拠がない電気器具を使用するのは、こうしたリスクが考えられるため、あまりお勧めできません。

天然由来の成分を頭皮に塗ると毛が生える?

育毛に良いとされる天然由来の成分を含むものにハーブや薬草、唐辛子などがありますが、それらを直接塗る行為は、頭皮が腫れたり痒みが出たりするなどのアレルギー症状を起こすリスクがあります。天然由来の成分というとナチュラルで優しいイメージがあるかもしれません。しかし、素材そのままでは頭皮への刺激が強すぎる可能性があります。成分を抽出・精製せずに使用しても育毛や発毛の促進効果が出るかどうかも不明のため、直接塗布することはあまりお勧めできません。

その場合、国内で認可されている頭皮に塗布する天然由来の成分を配合した育毛剤などを使ってみてはいかがでしょうか。認可済みの育毛剤は、成分濃度をメタノールやエタノール、水などで調整した後、臨床実験を経て安全を確認した上で製品化されているもののほうが安心といえるでしょう。

効果を実感できる薄毛対策なら

巷には育毛や発毛に関する多くの情報が流れていますが、その多くは医学的根拠のない噂であることが少なくありません。またどれだけ良い成分や方法であっても、万人に効くとは限りません。誤った知識から得た方法は頭皮環境を悪化させたり、髪の毛にダメージを与えかねないため、正しい知識を学ぶことが大切です。

育毛や発毛促進を期待するのであれば、医学的根拠が証明されている成分を配合した育毛剤や発毛剤を使用することをお勧めします。また、薄毛治療専門クリニックなどを受診して頭皮や髪の毛の状態を医師に診てもらい、ご自身にあった育毛・発毛の方法を行うことで安心して効果を実感することが期待できるでしょう。

東京・秋葉原にあるAGAヘアクリニック(以下、当院)では、薄毛治療の実績のある医師が頭皮や髪の毛の状態を診断し、経過をしっかりと確認しながら育毛や発毛を促すことができます。当院は診察とカウンセリングは何度でも無料で受けることができるので、不安なことや疑問はお気軽にご相談ください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
AGAの早期治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療について