このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

【医師が教える】シャンプー選びよりも大切!? 育毛は「すすぎ」で決まる

毛髪・頭皮ケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

シャンプーには高級アルコール系シャンプーやアミノ酸系シャンプー、石鹸系シャンプーなど様々な種類が存在し、中には洗浄効果よりも髪の毛や頭皮に優しいことを売りにしているものも数多くあるため、どれを選ぶかを気にされている方も多いかもしれません。しかし、どのシャンプーを使用する場合でも重要なのは「すすぎ」であることをご存知ですか? 今回のAGAタイムスでは、シャンプーのすすぎが不十分であった場合に起こり得る頭皮トラブルについて解説します!

シャンプーの十分なすすぎを怠ると

シャンプーのすすぎが不十分であった場合、頭皮に様々なことが起こる可能性があります。

(1)頭皮にシャンプーが残る
きちんと頭皮にシャンプーが届いてしっかり洗うことができても、すすぎが足りない場合はシャンプーが頭皮や毛穴に付着したまま残ってしまうことがあります。
(2)頭皮に余分な皮脂が残る
シャンプーに含まれる洗浄成分(界面活性剤)は皮脂などの油分に馴染みやすく、頭皮から皮脂を浮かび上がらせる作用があり、これをすすぐことでシャンプーとともに余分な皮脂が洗い流されます。しかし、すすぎが不十分だと、せっかく浮かび上がらせた余分な皮脂が頭皮に残ってしまう可能性があります。
(3)頭皮にフケが残る
フケには様々な種類がありますが、どのフケでも皮脂と同様、シャンプーとともに洗い流されます。しかし、十分なすすぎを怠ると、フケが頭皮に残ってしまうことがあります。
(4)その他に考えられること
キャンプや海水浴など屋外で活動した場合は、外気に含まれる塵や埃、細かい砂などが頭皮に付着することがあります。お湯での予洗いやシャンプーによって洗浄されるこれらの汚れも、十分なすすぎを怠ると頭皮に残ってしまう恐れがあります。

このように、すすぎ不足で起こり得ることはたくさんあります。自分に合ったシャンプー選びも重要ですが、シャンプーのすすぎ方を見直してみることも大切です。また近年流行しているシャンプー不使用の「湯シャン」でも、すすぎが不十分な場合には皮脂やフケの洗い残しが起こる可能性があるので注意が必要です。

すすぎ残しで起こり得る頭皮トラブル

シャンプーのすすぎが不十分だと、前述したように様々なものが頭皮や毛穴に付着したままの状態になる可能性があります。その結果、正常な育毛を妨げる頭皮トラブルを引き起こすことも考えられます。

(1)頭皮にシャンプーが残ると
シャンプーが頭皮に残ってしまうと、シャンプーに含まれる化学物質によって頭皮が炎症を起こし、湿疹ができたり、かゆみを発生したりする恐れがあります。頭皮の湿疹、かゆみによる掻きむしりが頭皮環境を悪化させ、抜け毛の原因となることも考えられます。
(2)頭皮に余分な皮脂が残ると
すすぎ不足で余分な皮脂が残ると、皮脂を餌にして生息する常在菌のマラセチア(真菌)が頭皮で異常繁殖する可能性があります。その結果、頭皮環境が悪化し、抜け毛に繋がる恐れもあるとされる脂漏性(しろうせい)皮膚炎を発症することも考えられます。
(3)頭皮にフケが残ると
フケができる原因は様々ですが、頭皮に付着したフケも、マラセチア菌を異常繁殖させる要因になるといわれています。フケによってマラセチア菌が異常繁殖した場合も、頭皮が炎症を起こし、抜け毛の原因にもなり得る脂漏性皮膚炎を発症する恐れがあるとされています。

頭皮トラブルが起こった時の対処法

(1)頭皮に湿疹ができた場合
頭皮にできる湿疹の原因は、マラセチア菌が異常繁殖して起こる脂漏性皮膚炎の他、皮脂欠乏性湿疹やアトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎など、様々な可能性が考えられます。原因が明らかでない場合は自己判断せず、皮膚科などで医師の診察を受けましょう。
(2)脂漏性皮膚炎の疑いがある場合
脂漏性皮膚炎はマセラチア菌が異常繁殖して起こっている可能性があるため、抗真菌薬の「ケトコナゾール」などによる治療が効果的とされています。治療にはケトコナゾールが配合された外用薬やシャンプーを使用し、マセラチア菌を抑制することで症状の改善をめざします。ケトコナゾールは国内では市販されていないため、医師による処方が必要となる薬剤です。皮膚科や薄毛治療専門クリニックなどで医師の診察を受けた上、処方してもらいましょう。
(3)頭皮に臭いやかゆみ、痛み、抜け毛が起こった場合
臭いやかゆみ、痛みなどの症状は様々な原因が考えられるため、素人目では病気を特定できません。まずは皮膚科などで医師による診察を受けた方がよいでしょう。また抜け毛の量が気になる場合は、抜け毛や薄毛に詳しい薄毛治療専門クリニックの医師に診てもらうことをお勧めします。

正常な育毛のためにできること

すすぎ不足は頭皮に付着物を残し、様々な頭皮トラブルを招きかねません。頭皮トラブルは正常な育毛を妨げる恐れもあるため、日頃から正しいヘアケアを心がけることが大切です。

(1)時間をかけてシャンプーをすすぐ
すすぎの際は、シャンプーで洗浄する時間の倍以上の時間をかけてすすぐと良いといわれています。すすぎ残しが多いとされる額の生え際や後頭部、耳の後ろなどにも注意しながらすすぎを十分に行い、残留物がないようしっかりと洗い流しましょう。今回ご紹介した頭皮トラブルはすすぎ不足によって起こる可能性があるものばかりです。どれも、すすぎを十分に行うことで予防が期待できるでしょう。
(2)洗った髪の毛は必ず乾かす
髪の毛が濡れた状態のまま放置していると、湿気を好む雑菌が頭皮に異常繁殖する恐れがあるといわれています。マラセチア菌など真菌の繁殖は頭皮環境の悪化にも繋がるため、正常な育毛を促すためにも洗髪後の髪の毛はしっかりと乾かしましょう。
(3)頭皮の毛穴は常に清潔に保つ
頭皮の健康を保つには地肌や毛穴が常に清潔であることが大切です。セルフケアだけでは心配な場合は、定期的に美容室などで頭皮洗浄などを行うと良いでしょう。

育毛だけでなく薄毛改善を望む場合はクリニックへ

頭皮に湿疹やフケ、かゆみが出た場合は日常的なすすぎ残しが原因かもしれません。その場合は、すすぎを入念に行うことによって頭皮環境が改善され、症状が緩和される可能性があります。頭皮環境が整うことで正常な育毛が促進されることも期待できるでしょう。しかし育毛だけではなく薄毛の改善を望む場合は、薄毛治療専門クリニックへ行き医師の診察を受けることをお勧めします。

薄毛に悩む成人男性の多くはAGA(男性型脱毛症)であるといわれています。AGAの場合は主に男性ホルモンが原因となって抜け毛や薄毛を引き起こすため、頭皮環境を整え、育毛を促進するだけでは改善が難しいといえます。

東京の秋葉原にあるAGAヘアクリニック(以下、当院)ではAGAの改善に適した様々な治療薬を取り扱っています。医師による診察や相談は無料で行っておりますので、髪の毛や頭皮に関するお悩みがある方は、ぜひ一度当院へお越しください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

記事の詳細を見る
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
AGAの早期治療について