このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】女性向け育毛剤の選び方

毛髪・頭皮ケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

パッケージデザインにもこだわった女性用薄毛改善アイテムが増え、女性が薄毛の悩みを美容ケアの一つとして話題にしやすい風潮になりつつあります。中でも女性向け育毛剤は多くの種類が販売されているため、どのような違いがあり、どれを選べば良いのかわからない方も多いのではないでしょうか? 薄毛は原因や症状によって改善方法が変わってくるため、ご自身の髪の毛や頭皮の状態に適した育毛剤を使用することが大切です。そこで今回のAGAタイムスでは、女性向け育毛剤の選び方をご紹介します。

女性の薄毛の原因

成人男性に多いとされるAGA(男性型脱毛症)は若いうちから発症する可能性がありますが、女性に多いFAGA(女性男性型脱毛症)やFPHL(女性型脱毛症)は、主に加齢によるホルモンバランスの乱れなどが関係するため、40代半ば以降の壮年期に発症することが多いといわれています。

また加齢によるホルモンバランスの乱れの他にも、過度なダイエットや不摂生な生活、極度のストレス、様々な疾患に付随する脱毛など、女性の薄毛には様々な原因が考えられます。このため20代〜30代でも脱毛が起こる可能性はあります。

育毛剤とは?

育毛剤は「育毛を促すもの」で、新しく髪の毛を生やす「発毛」の効果はありません。市販されている育毛剤には皮脂抑制、保湿、血行促進、栄養素補給の効果を持つものなどがあり、原因が異なる各々の悩み別に育毛剤を選ぶ必要があります。

また女性向け育毛剤は男性向け育毛剤と含有成分が異なるため、女性が無闇に男性用の育毛剤を使用するのは良くありません。育毛剤を購入する際は、きちんと女性用であるか、自身の悩みに合った成分が含まれているかを確認しましょう。

AGAの早期治療について

育毛剤の選び方

育毛剤を選ぶ際、自身の悩みに対してどの成分が有効であるかを見分けるには、症状を把握することが大切です。現在の症状を把握した上で、効果が期待できる育毛剤を選びましょう。ここでは、一般的な悩みに適した成分をご紹介していきます。

(1)抜け毛がとにかく気になる場合

髪の毛は「毛母細胞」の細胞分裂によって成長していきます。抜け毛を予防するためには髪の毛の成長に関与する、この毛母細胞を活性化させることが大切です。

【毛母細胞活性化の作用があるとされる成分】

  • ・クララエキス など

(2)抜け毛とともにパラパラしたフケ(乾性フケ)が気になる場合

頭皮が乾燥していると、乾いてパサパサしたフケが発生しやすくなると考えられています。そのため保湿成分を含む育毛剤を使用することで頭皮の乾燥が改善され、乾性フケの予防が期待できます。フケの発生は頭皮環境の悪化に繋がる恐れがあります。頭皮環境が悪化すると正常な育毛が妨げられ、抜け毛を助長する可能性もあるといわれているため、早めに改善することが大切です。

【保湿作用があるとされる成分】

  • ・グリセリン
  • ・1,3-ブチレングリコール
  • ・ヒバマタエキス など

(3)抜け毛とともにベトベトしたフケ(脂性フケ)が気になる場合

皮脂の過剰分泌や真菌の異常繁殖によって、ベタついたフケが発生することがあります。頭皮が乾燥していると、乾燥を補おうと体が働き、皮脂が過剰分泌することがあるといわれています。そのため保湿効果のある成分で頭皮を適度に保湿しておくことが大切です。また真菌の異常繁殖の場合は「ケトコナゾール」などの医薬品による治療が有用とされています。頭皮の保湿だけで治らない場合は医師の診察を受け、治療薬を処方してもらいましょう。フケはタイプに限らず、抜け毛を引き起こす頭皮環境の悪化に繋がる可能性があります。脂性フケであっても早期の対策が必要です。

【保湿作用があるとされる成分】

  • ・グリセリン
  • ・1,3-ブチレングリコール
  • ・ヒバマタエキス など

(4)髪の毛全体が細く元気がない場合

加齢による代謝の低下や日頃の運動不足により血行不良気味になっていると、髪の毛の成長に必要な栄養や酸素が頭皮の毛細血管まで届きにくくなる可能性があります。そのため、血行促進効果を持つ成分が含まれた育毛剤を使用することで正常な育毛が促進される効果が期待できます。

【血行促進効果があるとされる成分】

  • ・センブリエキス
  • ・ヒバマタエキス
  • ・トウガラシエキス など

育毛剤の分類による効果

育毛剤は育毛を促すために頭皮環境を整えることを主な目的としており、医薬品成分は含まれていません。そのため薬機法では「医薬部外品」や「化粧品」に分類されるものが多く、比較的手に入りやすいでしょう。一方で発毛剤の場合は、発毛を促す有効成分や医薬品成分が含まれていることもあるため「医薬品」に分類されるものも存在します。そのため購入には医師による処方や、市販の場合は薬剤師の許可が必要です。

育毛剤と発毛剤は得られる効果が異なりますが、医薬部外品や化粧品に分類される育毛剤は薬効の強い医薬品成分が使用されていないため、副作用の心配がほとんどないというメリットがあります。

育毛剤選びに迷ったらクリニックへ

育毛剤には様々な種類がありますが、女性が使用する場合は男性用ではなく必ず女性用を選ぶようにしましょう。さらに女性が薄毛を発症する原因は様々であるため、症状を見極めてから使用することが大切です。もし症状の判断がつきにくい場合は、薄毛治療専門クリニックなどで医師による診察を受けることをお勧めします。

東京の秋葉原にあるAGAヘアクリニック(以下、当院)は薄毛治療専門のクリニックです。医師による診察や相談は無料で行なっているため、どなたでもお気軽に受診していただけます。また当院では女性専用の薄毛治療内服薬なども取り扱っております。薄毛や頭皮に関わるトラブルでお悩みの場合は、ぜひ一度当院へお越しください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
AGAの早期治療について