このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】白髪の人はハゲやすい? 白髪と薄毛の関係性

毛髪・頭皮ケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月より医療法人社団則由会 AGAヘアクリニックを開院。

読者のみなさんの中には「白髪の量が人より多かったり、若いうちから白髪が目立ちはじめたりすると、薄毛になりにくい」という噂を耳にしたことがある方もいるでしょう。では、その逆はどうでしょうか? 実は原因次第では白髪でもハゲてしまう可能性があるのです。今回のAGAタイムスでは白髪と薄毛のメカニズムを通して、それぞれの因果関係を探ります。

白髪になるメカニズム

白髪になるメカニズムには、肌や髪の毛の色素成分である「メラニン色素」が深く関わっています。髪の毛の根元には「毛母細胞」「メラノサイト(色素細胞)」という異なる細胞が存在し、それぞれ違う役割を担うことで髪の毛を作り出しています。もともと髪の毛には色がついていませんが、メラニン色素が取り込まれることで色のついた髪の毛が生えてくる仕組みです。

メラニン色素はメラノサイトで作られています。メラノサイトは「チロシン」というアミノ酸を有しており「チロシナーゼ」という酵素によってメラニン色素を産生します。メラノサイトそのものの数や酵素であるチロシナーゼの数が少なかったり、メラノサイトが健全に活動していない場合、メラニン色素が正常に作られません。その結果、髪に色がつけられず白髪になるのです。

AGAになるメカニズム

薄毛に悩む男性のほとんどが罹患しているとされる「AGA(男性型脱毛症)」は、主に男性ホルモンに起因して発症します。人間の体内に存在する「テストステロン」という男性ホルモンが「5αリダクターゼ」という酵素によって変化が生じ、悪玉男性ホルモンの「DHT(ジヒドロテストステロン)」が生成されます。このDHTが「アンドロゲンレセプター(男性ホルモン受容体)」と結合することによってAGAを発症します。

そもそも髪の毛は毛根にある毛母細胞が細胞分裂することによって作り出されます。髪の毛が生え変わっていく流れを「ヘアサイクル(毛周期)」と呼び、このサイクルが繰り返されることによって髪の毛の健康状態は保たれています。しかし、DHTはそのヘアサイクルの成長期を極端に短縮させる作用があり、その結果抜け毛を誘発し薄毛に至るのです。

白髪や薄毛に至る基本的な仕組みを解説してきましたが、メラノサイトという色素細胞に関連して起こる白髪に対して、薄毛は毛母細胞が影響しています。それぞれ異なる細胞による違った現象であるため、一見その関係性はないように思われます。しかし一概に白髪と薄毛の因果関係を否定することはできないのです。

白髪と薄毛には共通の発生要因もある

それぞれ異なる細胞に起因して発生する白髪と薄毛。ではなぜ白髪が増えると薄毛になる可能性があるのでしょうか? それは白髪と薄毛の発生に共通の原因があると考えられているからです。前述の通り男性の薄毛の原因のほとんどはAGAですが、薄毛になる原因はAGA以外にも存在します。また、白髪に関してはAGAのように主な原因は解明されていませんが、複数の要因が重なって白髪になると考えられています。

【1】睡眠

髪の毛の成長に必要な「成長ホルモン」は睡眠中に分泌されます。睡眠はいわゆる「体内時計」によって制御されており、成長ホルモンに代表される「内分泌系ホルモン」もこの影響を受けています。またノンレム睡眠とレム睡眠の移行などによっても影響を受けます。

成長ホルモンがもっとも分泌される時間帯は、入眠後最初のノンレム睡眠時(熟睡期)といわれています。規則正しい概日リズムにあった睡眠を継続できない場合、ホルモンバランスが乱れ、白髪や薄毛といった症状に繋がる恐れがあります。

【2】食事

亜鉛は髪の毛の主成分であるタンパク質を髪の毛に変える働きがあります。そんな亜鉛やタンパク質の吸収率を高めてくれるのがビタミン類です。タンパク質や亜鉛、ビタミンは髪の毛や頭皮にとって特に重要な栄養素といわれており、日々の食事の中でバランスよく摂取することが大切です。

しかし、ジャンクフードや食品添加物などが多く含まれている食事を続けていると、栄養不足に陥り白髪や薄毛の発症や進行を助長しかねません。また暴飲暴食は高血圧などの生活習慣病やメタボリックシンドロームを引き起こす恐れもあります。

【3】ストレス

体内には自律神経という神経が存在し、その時々の体の状況に応じて自身の意思とは無関係に作用し、体内のバランスを保っています。この自律神経には交感神経と副交感神経の2種類があり、お互いが相反するように働いているのです。交感神経には末梢血管を収縮させる作用があり、ストレスなどによって交感神経が優位な状態が続くと、末梢血管が収縮し血行不良などを引き起こします。

髪の毛や頭皮の健康状態を維持するには正常な血液循環が必須ですが、血流の悪い状態が続くと髪の毛や頭皮の状態が悪化し、白髪や薄毛の発症原因になったり症状の進行を早めてしまったりする可能性があるのです。

【4】加齢による老化

人間の各組織における細胞は、老化に伴い細胞数が減少したり機能が低下したりします。髪の毛の毛根部にはその生成や維持に必要不可欠な細胞がいくつも存在しますが、老化によって細胞数が減少したり機能が低下すると、白髪や薄毛の進行に繋がりかねません。

【5】病気

病気の中には、その症状の一つとして白髪や脱毛が引き起こされることがあります。代表例として挙げられるのが、甲状腺ホルモンが十分に分泌されなくなる「甲状腺機能低下症」です。甲状腺ホルモンは髪の毛の成長に必要なホルモンであり、甲状腺機能低下症になると髪の毛に関わる複数の細胞に悪影響を及ぼす可能性があります。症状としては、倦怠感やむくみのほかに白髪の増加や薄毛の進行が挙げられます。


白髪・薄毛に至る要因のどちらにもいえるのは、白髪や薄毛を発症するプロセスに違いはあれど、最終的には頭皮や髪の毛に対して悪影響を及ぼす可能性は同じだということです。その結果、仮に白髪が発生すれば、同じ理由で薄毛になることも否定できないのです。もちろん、白髪と薄毛の両方を併発する恐れもあります。具体的な対処法としてはセルフケアもありますが、より高い効果を期待するのであれば専門のクリニックを受診してみるのがおすすめです。

髪の毛に異変を感じたら薄毛治療専門クリニックへ

秋葉原にあるAGAヘアクリニック(以下、当院)は薄毛治療専門クリニックです。豊富な知識を持つ医師の下、患者様自身の症状や体質にあった内服薬や外用薬を用いた薄毛治療を行なっています。診察や相談は何度でも無料で受けることができるため、薄毛治療が初めての方でも安心して診察を受けていただけます。

また、カウンセリングから診察、会計までを個室で行なっており、プライバシーへも配慮しております。抜け毛や薄毛、頭皮環境に不安をお持ちの方は、ぜひ一度お気軽に当院へお越しください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月より医療法人社団則由会 AGAヘアクリニックを開院。