このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】フケが大量発生!? AGA治療中でも使用できるケトコナゾール含有シャンプーとは

毛髪・頭皮ケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

AGA治療を決意してお金と時間をかけて薄毛改善に取り組んでいるのに、治療中に頭皮にフケが大量に発生してしまっしたら不安になりますよね。そこで今回のAGAタイムスは、AGAの治療中でも使用できる頭皮環境を改善する「ケトコナゾール含有シャンプー」をご紹介します。

AGA治療中にフケが大量発生! その原因は?

フケは頭皮の新陳代謝(ターンオーバー)によって剥がれ落ちる古い角質です。性別や年齢によってフケの量に変化があるとされていますが、大量にフケが発生している場合には下記のようなトラブルが考えられます。

  • ・シャンプーや育毛剤が合っていない
  • ・シャンプーのし過ぎにより皮脂が不足している
  • ・パーマやヘアカラーにより頭皮がダメージを受けている
  • ・栄養不足により頭皮のバリア機能が低下している
  • ・紫外線などによって頭皮がダメージを受けている
  • ・頭皮の常在菌が異常発生している
  • ・痒みなどにより掻きすぎて頭皮環境が悪化している
  • ・アレルギーなどの皮膚疾患に影響を受けている
  • ・感染症などに影響を受けている
  • ・脂質を過剰摂取の影響を受けている
  • ・ストレスの影響を受けている
  • ・頭皮が過度に乾燥している

AGA治療の効果を低下させないために頭皮トラブルを改善しよう!

頭皮に痒みがあったりフケが大量に発生していたりすると、炎症を起こして頭皮環境が悪化し、育毛を阻害される恐れがあります。正常な育毛が阻害されている状態でAGA治療をしても、せっかくの効果が十分に発揮されない場合があるので注意が必要です。

体質に合わないシャンプーの刺激により頭皮が荒れてしまった場合には、合わないシャンプーの使用を直ちに中止し、「アミノ酸系シャンプー」など頭皮に優しい成分のものに変更すると良いでしょう。乾燥性のフケが多い場合や紫外線によるダメージの場合は、保湿成分のあるものもおすすめです。またパーマやヘアカラー後は頭皮がデリケートな状態になっているため、再度ヘアスタイルを変える際は間を開けて行うようにし、美容師にも必ず相談を。いずれの場合でも腫れや痒みがみられたら、皮膚科などで医師に診てもらうと良いでしょう。

食事の際は抗酸化作用のある「ビタミンE」を多く含む食材(アーモンド、アボカドなど)や、健康な皮膚を保つサポートをしてくれる「ビタミンA」「ビタミンC」「ビタミンB2」「ビタミンB6」を多く含む食材(レバー類やアセロラ、納豆、マグロなど)を摂取すると良いでしょう。

女性専用の薄毛治療について

皮膚炎によって頭皮環境が悪化することも

頭皮に痒みやフケが増える原因の一つとして、頭皮の常在菌のバランスが崩れている可能性が考えられます。常在菌とは人の様々な臓器にいる細菌のことで、通常であれば常在菌が外的ストレスから臓器を守る役割を担っています。有名なものでは、腸内フローラなどがあります。

頭皮には「マラセチア菌」などの常在菌(真菌)が存在しますが、頭皮が蒸れていたり乾燥し過ぎていたりするとフケが多く発生し、これを餌としているマラセチア菌が大量発生する恐れがあります。この影響によって皮膚炎を発症し頭皮環境が悪化すると、抜け毛に繋がる可能性があるのです。

【AGAとフケの関係】
AGAに罹患している双子92組に行った研究によると「同じ遺伝子を持つ双子であっても、頭皮にフケがある方がAGAの症状が重篤化する傾向がある」という結果が報告されています。このため遺伝以外にも頭皮環境の悪化などがAGAの進行に関与しているのではないかと考えられています。

フケの大量発生による皮膚炎がある場合、AGA治療への弊害となる恐れがあるため、ケトコナゾールなどの薬を使用することがおすすめです。ケトコナゾールには外用薬と内服薬があるほか、ケトコナゾールが含まれたシャンプーもあります。ケトコナゾール含有シャンプーはAGA治療薬の服用中でも使用することができます。

ケトコナゾール含有シャンプーとは

ケトコナゾールは抗真菌薬の一種で、頭皮の皮膚炎の主な原因となるマラセチア菌に対して効果があります。ケトコナゾールは医薬品成分のため、シャンプーであっても購入には医師の処方が必要です。

抗真菌薬配合シャンプーには、他にも「ミコナゾール硝酸塩」を含むものがあります。しかし、ケトコナゾールの方がミコナゾール硝酸塩よりも抗真菌作用が強いと考えられているため、真菌による皮膚炎に悩んでいる場合はケトコナゾール含有シャンプーの使用をおすすめします。

ケトコナゾール含有シャンプーは赤いローションのような液体のものが多く、わずかに泡立つのが特徴です。ケトコナゾール含有シャンプーを使用する際は、はじめにぬるめのお湯で頭髪と頭皮をしっかりと濡らしてから使用し、指の腹で頭皮を傷つけないよう優しく洗いましょう。

【ケトコナゾール含有シャンプーにはAGAにも良い効果が!?】
強い抗真菌作用を持ち皮膚炎の改善効果が期待できるケトコナゾールですが「男性ホルモン抑制作用が考えられ、AGA改善に効果が期待できる」という論文が発表されています。これはケトコナゾール外用液による実験で、約76%の被験者に増毛の改善がみられたというもの。また、ケトコナゾール含有シャンプーによる実験でも育毛効果が認められたと報告されています。これらは男性に対する実験であり、女性への増毛効果は不明です。

このように増毛効果が期待できるケトコナゾールを含むシャンプーですが、頭皮の炎症がない人が過度に使用すると頭皮のバリア機能を保つ常在菌までも抑制してしまう恐れがあります。そのため頭皮環境の改善した後も継続して使用を希望される場合には、必ず医師に確認しましょう。

治療中の悩みもAGAヘアクリニックにご相談を

フケは頭皮環境がそれほど悪化していなくても出ることがある“生理現象”の一つです。しかし、フケの量が多い場合は何らかの頭皮トラブルであることも考えられます。薄毛治療中の場合、頭皮環境の悪化は治療の効果を下げてしまうリスクがあります。フケの量が多かったり、いつまでも出続けていたりする場合は放置せず、薄毛治療専門クリックなどで医師に相談すると良いでしょう。

薄毛治療専門クリニックである「AGAヘアクリニック(以下、当院)」では、オリジナルのケトコナゾール含有シャンプーを取り扱っています。また当院では、薄毛治療中に発生する様々な悩みや疑問にも対応しております。カウンセリングや診察、お会計などはプライバシーの守られた個室で行っているため「周囲の目が気になる」という方も安心です。相談や診察は何度でも無料で実施しているので、薄毛治療や治療に伴う様々なお悩みの場合は、ぜひ当院へお越しください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
AGAの早期治療について