このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】育毛しているのに髪の毛が生えてこない! 正しい“発毛”とは

毛髪・頭皮ケア

薄毛が気になったら、まずは手軽にドラッグストアでヘアケア商品を購入し、試してみるという方が多いのではないでしょうか。しかし現在販売されている薄毛対策の商品は数多く、どれにも良いことが書かれており、一体どれを選べばよいのか悩まれる人も少なくありません。中には「高価なものを使用すれば髪の毛が生えてくる」と思われている方もいるようです。しかし高価な育毛剤だからといって発毛するわけではありません。

そこで今回のAGAタイムスでは、本当に薄毛を改善するためにはどのようなものを選べばよいのか、詳しく説明していきます。

育毛と発毛は同じではない

ドラッグストアでヘアケア商品を探していると「育毛剤」「育毛シャンプー」「スカルプケア」などの言葉を多く目にされることでしょう。これらは“育毛”のために頭皮環境を整えることを目的とした商品です。育毛を促進する商品には、過剰な皮脂を洗い流したり過度の乾燥を防いだりする頭皮環境を整えるものや、育毛に良いとされる成分を配合し育毛をサポートするものなどがあります。

育毛とは、“今ある髪の毛を育てる”ということです。つまり育毛を促進する商品をたくさん使用したからといって、新しい髪の毛が生えてくるというわけではありません。しかし育毛と発毛は表裏一体。どちらかが疎かになると効果的な薄毛・抜け毛対策はできないと考えられています。つまり育毛剤などで頭皮環境を整えておくことは、薄毛対策にとって大切な要素の一つなのです。

しかし、今以上に髪の毛を生やしたいという場合には、育毛だけではなく“発毛”を目的としたものを使用する必要があります。ドラッグストアなどで市販されている商品に含まれる発毛が期待できる成分には「ミノキシジル」が挙げられます。これは国内でも認可されている(※)成分で薄毛治療に用いられる医薬品です。医薬品なのでドラッグストアで薬剤師から説明を受けて購入する必要があります。最近では複数のメーカーから多くのミノキシジル含有発毛剤が販売されています。

※現在、国内で認可されているものはミノキシジル外用液で、濃度は男性が5%以下、女性が1%以下とされています。

○ミノキシジルの発毛メカニズム

ミノキシジルには、髪の毛の根元にあり発毛に関与するとされる「毛乳頭」を活性化させる増殖因子「IGF-1」「VEGF」などの産生を高める働きや、分裂を繰り返すことで髪の毛になっていく「毛母細胞」に作用して、ヘアサイクルの成長期を延長させる働きがあるといわれています。これらの作用により発毛が促進されることがわかっていますが、詳しい機序は未だに解明されていません。

さらにミノキシジルには血管拡張作用があるため血液の流れをスムーズにして、育毛に必要な酸素や栄養素が、頭皮の毛細血管を通じて毛乳頭細胞まで届きやすくなる効果も期待できます。

市販の発毛剤と医療機関で処方されるミノキシジルに違いはあるのか?

ドラッグストアで販売されている発毛剤のミノキシジルの濃度は、多くても5%までと定められています。このため様々な製薬メーカーではその他の育毛成分や価格、パッケージデザインなどで差別化を図っています。しかしミノキシジル含有量自体は同じであるため、どの商品を使用しても発毛効果に大きな差はないといえるでしょう。

一方、薄毛治療専門クリニックなどの医療機関で処方されるミノキシジルは、医師が経験に基づいて、患者の状態にあった発毛効果の出やすい濃度で処方することができます。また、外用液だけでなく血中から作用して効果を発揮する内服薬も処方できます。この違いが発毛効果に差を生む可能性はあります。

ドラッグストアで購入した発毛剤を使用する場合と、医療機関で処方されるミノキシジルを服用することの一番の大きな違いは、副作用などのリスクの説明を医師からしっかりと聞き、経過を診ながら自分に合ったミノキシジルを処方してもらえるという点にあります。ミノキシジルは重篤な副作用の少ない治療薬ですが、可能性が全くない訳ではありません。下記にいくつか副作用を挙げます。

記事の詳細を見る

ミノキシジルの副作用

◯初期脱毛

AGAの治療としてミノキシジルを服用すると、休止期にあった髪の毛が成長期に移行します。この時、新しい髪の毛が元々生えていた髪の毛を押し出して生えてくるために脱毛が起こると考えられています。初期脱毛には個人差があり、あまり脱毛を感じない人もいますが、初期脱毛を発症しても4週間前後で収束することがほとんどです。

◯多毛症

ミノキシジルを服用すると髪の毛に限らず体毛が増えることがあります。多毛症の症状は個人によって差がありますが、体毛が濃くなる症状が出る場合もあるため、特に女性の場合は医師に相談しながら自分に適した治療薬を使用することをおすすめします。

◯心機能障害や不整脈

ミノキシジルは元々、血管拡張作用を有する薬品で米国で降圧薬として開発されました。このため低血圧の人や既に降圧剤を服用中の人、心臓に障害のある人は、医師に相談の上、服用には十分な注意が必要です。

ここに挙げた以外にも敏感肌の人がミノキシジルの外用液を使用すれば、皮膚炎を引き起こすこともあります。副作用には個人差があるため服用中に不安な症状がみられた場合には、すぐに医師に相談するようにしましょう。

発毛を促すだけでは薄毛の進行を止められない場合も

ミノキシジルは高い発毛効果が期待できる治療薬として知られていますが、中には発毛を促すだけでは薄毛を改善できない場合もあります。例えば成人男性の薄毛の最も多い原因である「AGA(男性型脱毛症)」では、主に悪玉男性ホルモンによりヘアサイクルの成長期が短縮されてしまうことで、十分に成長しきれない細く弱い髪の毛や抜け毛が増えて薄毛が進行していきます。AGAの場合、ミノキシジルで発毛できたとしても、薄毛の根本の原因が改善されなければ薄毛の進行を止めることは難しいのです。

AGAは額の生え際や頭頂部から薄毛が進行していく特徴があります。「最近、おでこの生え際が後退している気がする」「つむじが広がっている気がする」という場合は、AGAを発症している可能性があります。またその他の疾患が原因で薄毛になっている場合も、元となる病気の治療を行わなければ薄毛を改善できないこともあります。

薄毛が気になったら育毛ケアや発毛促進することはとても大切ですが、AGAなどの疾患によって薄毛が進行している可能性もあるため、早めに薄毛治療専門のクリニックなど医療機関で相談してみるとよいでしょう。薄毛治療の専門クリニックでは、ミノキシジルの他、薄毛進行の根本原因に働きかけるAGA治療薬などを処方することができます。

薄毛が気になったらまずはAGAヘアクリニックにご相談ください

AGAは進行性疾患であるため、早めにミノキシジルなどを用いた治療を開始することが今ある髪の毛を守ることに繋がり、毛量の改善を目指していくことができます。薄毛治療薬には副作用の可能性もあるため、薄毛治療専門クリニックなどで医師に経過を診てもらいながら治療を継続していくとよいでしょう。

東京の秋葉原にあるAGAヘアクリニック(以下、当院)は、薄毛治療の専門クリニックです。薄毛の原因が知りたい、治療について知りたいなど、様々な質問にお答えします。当院では全てのスタッフが患者様を最も優先に考え、不安や不満のないよう対応させていただきます。カウンセリングや診察、会計までを個室で行なっており、人目を気にする心配はほとんどありません。まずはお気軽にご相談ください。

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
AGAの早期治療について

髪の毛でお悩みの方

記事の詳細を見る
女性専用の薄毛治療について