このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【院長に訊く】<第1回>薬について訊く 初級編 〜AGA治療薬とは?〜

院長に訊く

院長のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

AGA治療においてよく寄せられる疑問を、AGAヘアクリニックの水島院長に訊いていきます。初回は気になる「薬」について。AGA治療薬の基礎知識からクリニック選びのヒントまで、ざっくばらんに訊いてみました。

AGA治療薬について

Q1:AGA治療には、どんな薬を使用するのでしょうか?

院長:

すでにご存知の方もおられるでしょうが、「デュタステリド」「フィナステリド」「ミノキシジル外用薬」の薬を用いるのが一般的です。これらはAGA治療薬として日本国内で承認されている医薬品です。それぞれの薬の特徴を知るために、ここで少しAGAについておさらいしてみましょう。

AGAとは男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)が、ヘアサイクルの成長期を短縮させることで薄毛が進行してしまう病気です。このDHTはテストステロンと呼ばれる男性ホルモンが5αリダクターゼという酵素によって変化したもの。つまり5αリダクターゼを抑制できれば、AGAの進行を防ぐことができます。

この5αリダクターゼにはI型とII型があり、この両方に効果があるとされているのがデュタステリドです。「ザガーロ」という名称で日本で販売されています。一方でAGAの発症には主にII型5αリダクターゼが関係しているといわれており、II型のみに効果を期待できるのがフィナステリドです。「プロペシア」の名前でも知られています。

デュタステリドはフィナステリドの約1.6倍の発毛効果があったと報告されています。このように発毛効果が高く、重篤な副作用も報告がないデュタステリドの方が効果に期待がもてるわけですから、当院では多くの場合でデュタステリドをご提案しています。

ミノキシジルについてはCMでもお馴染みの発毛剤でお知りになった方もおられるでしょう。頭皮に塗布して発毛を促す外用薬のイメージが強いかもしれませんが、当院では内服薬としても処方しています。

このようにAGA治療はデュタステリド、フィナステリド、ミノキシジルの薬を使って治療を行うのが一般的です。

AGA治療薬以外の方法はある?

Q2:AGA治療薬以外にどんな方法がありますか?

院長:

最近は薬だけでなく、新しい治療法も登場してきているんですよ。しばしばニュースなどでPRP療法という言葉をお聞きになるかと思います。これはご自身のPRP(多血小板血漿)を採り注入する再生医療の一つです。まだ治験段階ではあるもののPRP療法をAGA治療に導入する動きが世界的に進んでいます。

医薬品を頭皮や体内に注入するAGA治療は以前からありました。その一つが成長因子を注入するHARG療法ですが、日本では導入しているクリニックが割とあるものの、じつは世界的には少数です。現時点に限って言えばまだ確固たる治療効果が確立していないため今後の研究に期待したいところです。

成長因子をはじめ医薬品を頭皮に直接注射するのは侵襲性を伴います。痛みや傷はなるべく避けたいですし、これらの治療に関しては評価に差がある治療法と言えるでしょう。あくまでも今後の可能性を秘めているものの現状では推奨される段階にはありません。

PRP療法については様々な国でトライアルが行われています。元々は美容医療においてシワやたるみの改善を目的に導入されていた治療法です。AGA治療の世界における現時点でのPRP療法は「様々なAGA治療を行ったものの効果が得られず、為す術が他にもうない」という状況の方については、トライする価値はあると言えるでしょう。日本ではPRP療法を受けたい場合には、先述したように治験段階のため一般的には倫理委員会の承認を得てからの治療になります。安易にどこの病院でも実施できる治療とは言えません。

AGA治療専門クリニックと一般皮膚科の違いとは

Q3:ではAGA治療専門クリニックと一般皮膚科とでは、処方される薬に違いはあるのでしょうか?

院長:

一般皮膚科でよく処方されるAGA治療薬にはプロペシアやザガーロがあります。プロペシアやザガーロだけの服用でも発毛を実感される方がいる一方で、ミノキシジルに比べると効果は乏しいと感じる方もおられます。AGA治療専門クリニックではミノキシジルの外用薬だけでなく内服薬を処方しているところもあります。「発毛の実感を得たい」とご希望されるのであれば、やはり専門的にAGA治療を提供しているクリニックの方が良いのではないかと私個人は考えています。

フィナステリドやデュタステリドは、国内で承認されたAGA治療薬ですので、基本的にはどの医療機関でも同じです。ただし、ミノキシジルの内服薬は心臓などの循環器に影響を及ぼす可能性があり、すべてのクリニックで扱われているわけではありません。

当院では海外製薬会社と綿密に打ち合わせを行いオリジナルのミノキシジルを作っているため、患者様の体調に合わせた処方が可能です。これはAGA治療専門クリニックとしての実績があるからできることだと考えています。

もっとも私自身はAGA治療の質は薬だけにあるとは考えていません。大事なのは患者様ご本人の満足度だと捉えています。例えば薬の処方時に「この薬を飲んだら髪の毛が生えてくるかもしれませんから、どうぞ」では、きっと患者様は満足されないと思います。

そこで当院では患者様の毛髪量や頭皮の変化を丁寧にご説明することや、スタッフの身だしなみ一つについても細心の注意を払うことで、患者様のご不安を軽減できる様々な環境づくりにも配慮しております。

次回は、薬について訊く 中級編

今回は「薬について訊く 初級編」ということで、よく寄せられる基本的な質問を取り上げました。次回は中級編として「AGA治療薬は飲み続けても大丈夫か?」について訊いていきます。

院長のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックTOPへ
女性専用の薄毛治療薬について

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療薬について