このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【12/2〜12/14 更新分】たくさん読まれた記事のトップ5をご紹介!

院長に訊く

薄毛やAGA治療についての様々な情報をお届けするAGAタイムス。今回は2018年12月2日〜12月14日の間に更新された記事の中から、たくさんの方に読まれた人気記事トップ5をご紹介します!

第5位:論文を解説! 薄毛・ハゲが遺伝のせいだけではない決定的証拠とは

【記事の冒頭をご紹介!】
AGA(男性型脱毛症)による薄毛は「遺伝」も主な原因の一つだといわれてきました。しかしある研究で、遺伝以外にも様々な要因によって発症することがわかったのです。
今回のAGAタイムスでは、日本で行われた双子11組に対する薄毛治療の研究論文をわかりやすく解説。同じ遺伝子を持つ双子の毛量を比較したからこそ見えてきた“遺伝子と薄毛の関係”についてを詳しくお伝えします。

第4位:薄毛にも骨粗鬆症の治療薬が効く!? マンチェスター大学の研究チームが報告

【記事の冒頭をご紹介!】
薄毛の人や薄毛になる不安を持つ人は国内で約1,200万人おり、将来の薄毛が気になると感じている人の数は男女ともに年々増加傾向にあるといわれています。そんな中、イギリスのマンチェスター大学は「骨粗鬆症のために開発された治療薬が、男女の脱毛症患者に対し症状の改善をもたらす」と発表しました。そこで今回のAGAタイムスでは、骨粗鬆症の治療薬に脱毛改善効果が認められたという事実を、論文をもとに詳しく解説します。

第3位:論文を解説! 育毛のために睡眠の質を上げるには深部体温を高くして入眠せよ

【記事の冒頭をご紹介!】
育毛にとって質の良い睡眠をとることは重要だといわれています。睡眠の質を上げるには寝付きを良くすることや、途中で覚醒しない睡眠をとることが大切です。
そんな質の良い睡眠を促すためには「深部体温が高い状態で入眠した方が良い」という医学的根拠が存在するのをご存知ですか? 今回のAGAタイムスは「睡眠と深部体温」に関する論文に書かれた内容を解説。さらに育毛と睡眠の関わりについてもお伝えします!

第2位:研究発表! 加齢による脱毛と白髪に希望? 幹細胞と17型コラーゲンの働き

【記事の冒頭をご紹介!】
数年前から、一部のインターネット上で“シルク製のナイトキャップを被ると髪の毛が蘇る”と、ナイトキャップの人気が高まっていますが、本当に被るだけで傷んだ髪の毛が改善されることがあるのでしょうか? そこで今回のAGAタイムスはシルク製ナイトキャップについて解説します。

第1位:【院長に訊く】<第2回>薬について訊く 中級編 〜AGA治療薬は飲み続けても大丈夫ですか?〜

【記事の冒頭をご紹介!】
AGA治療においてよく寄せられる疑問を、AGAヘアクリニックの水島院長に訊いていきます。第2回は中級編「AGA治療薬の副作用」と「女性の治療薬」についてです。

頭皮にできる湿疹と薄毛の関係についての記事がトップに!

いかがでしたでしょうか? 12月2日〜12月14日の間に更新された記事の中では、AGA治療薬の副作用や女性の治療薬についてAGAヘアクリニック(以下、当院)の水島院長が解説する記事に最も注目が集まっていたようです。

AGA治療薬であるフィナステリドとデュタステリドについては、現状のデータの中では重篤な副作用はありませんし、色々なフェーズでの試験をしている中でも「長期的な使用が大きな問題になる可能性は低い」と考えられています。

どちらの薬にも副作用として「肝機能障害」という表記がありますが、これはフィナステリドやデュタステリドだけが特に危険な薬というわけではありません。例えば私たちが比較的身近に感じている風邪薬や痛み止めにも同様の表記があるものは多く存在し、実際にこれらの薬で肝機能障害が起こることは稀です。ただ当院では「AGA治療薬は継続的に飲んでいくものなので、定期的に採血をして肝臓に問題ないかを検査しましょう」と考えています。

当院では、AGA治療専門クリニックだからこその豊富な知識で、内服薬や外用薬を用いた薄毛治療を行っています。AGAだけでなく女性の薄毛に関する知識や治療実績も豊富な医師が在籍しており、診察や相談は何度でも無料で受けることができるため、薄毛治療が初めての方でも安心して診察を受けていただけます。薄毛が気になる方は、ぜひお気軽に当院へお越しください。

髪の毛でお悩みの方

記事の詳細を見る
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

記事の詳細を見る
女性専用の薄毛治療薬について