このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【院長に訊く】<第8回> 女性の薄毛について訊く〜女性の薄毛の原因とは?

院長に訊く

AGA治療においてよく寄せられる疑問をAGAヘアクリニック院長の水島先生に訊くシリーズ。第8回は「女性の薄毛」について、その特徴や原因などをお伝えします。

Q1: 女性でも「AGA(男性型脱毛症)」になりますか?

先生:

女性のAGA(男性型脱毛症)という考え方は昔からありました。男性のAGAが頭頂部と生え際から進行するのに対し、女性の脱毛症の場合は全体に脱毛が生じます。そのような症状の中でも頭頂部の毛量が低下している場合に、男性型脱毛症の頭頂部のみ進行している場合と視診上似ていることからAGAと同様の機序が考えられていました。そのためAGAに女性を意味する「Female」のFをつけた「FAGA」と呼ばれていましたが、最近ではAGAとFAGAは発症のメカニズムや症状が異なると考えられており「FPHL(Female pattern hair loss)」と呼ばれるようになっています。

男性型脱毛症の定義は「頭頂部および生え際にかけて脱毛を起こす」というものです。一方で女性の薄毛の場合は「びまん性脱毛」といって、頭髪全体に細くコシのない髪の毛が目立つようになるパターンの脱毛が多い傾向にあります。このように女性の場合は男性のような抜け毛の症状が起こるわけではないため、簡単に「あなたは女性の男性型脱毛症です」と判断することは難しいです。

女性の薄毛の診断では、まず脱毛パターンが「びまん性」「非びまん性」のどちらなのかを、頭皮や髪の毛の状態から判断します。びまん性の場合には、内臓の病気などが隠れていることもあるため様々な検査を行います。問診では「ダイエットをしているか?(栄養に偏りはないか?)」「最近飲み始めた薬はないか?」などをお伺いします。それらの情報をもとに、いくつか浮上する様々な原因に対して“除外診断”を行っていくことになります。さらに言えば「検査で男性ホルモンの数値が高く出たので、すなわち女性の男性型脱毛症です」と単純にわかるものではないということです。一般的な脱毛症の可能性を全てルールアウトした結果、その女性の薄毛の症状がそのいずれにもあてはまらない場合に「女性型脱毛症」と診断していくことが多いですね。

Q2: 女性の薄毛を引き起こす主な原因は?

先生:

女性に多いびまん性の薄毛の原因は複数考えられます。まず女性は40〜50代になると女性ホルモンが減少していきますので、その影響でびまん性の脱毛が起こることは多いです。その他にも、過剰なダイエットによる栄養不足や貧血に関連して脱毛が起こる場合もありますし、甲状腺機能や膠原病などの疾患に付随して脱毛が起こることもあるので、びまん性の脱毛が起こり得る原因は様々あるといえますね。

また女性型脱毛症である可能性が高い場合でも、「男性ホルモン」が関与している方もいれば、関与していない方もいらっしゃいます。ガイドライン(『男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版』)には、男性型脱毛症の治療薬であるフィナステリドやデュタステリドを女性に投与した際に、偽薬を投与したグループとの有意差が出なかったという研究結果があります。しかしながらフィナステリドやデュタステリドが全ての女性に効かないというわけではありません。あくまでも研究では有意差がなかったため医学的根拠として確立できる治療に及ばなかったというだけで、女性でもフィナステリドやデュタステリドの効果が出る方はいます。

今後、女性の男性型脱毛症についての研究がさらに進み、詳細が解明されて診断が細分化されていけば、フィナステリドやデュタステリドで効果が出る患者様を見つけられるようになる可能性があります。そうなれば女性へのフィナステリドやデュタステリドの使用も検討されていく可能性はあると思います。現段階では女性の薄毛治療については「ミノキシジル」という発毛剤や「パントガール」という育毛に良い成分の入った治療薬を使用していくことが多いです。

AGAの治療費用・料金を見る

Q3: 女性に多い疾患性の脱毛とは?

先生:

基本的には甲状腺疾患や膠原病に罹患される人は女性の方が多いです。膠原病の場合には、例えばSLE(全身性エリテマトーデス)やDLE(慢性円板状エリテマトーデス)などの疾患に脱毛症状がみられることがあります。この場合はびまん性で広がるというよりも、かさぶたのようになったり、ある程度の範囲を持った脱毛斑になることが多いです。そこから瘢痕性の脱毛症になることもあるので、早めに治療をしておいた方がよいでしょう。これらの脱毛の場合はまずは現疾患の治療が必要で、治療によって頭皮に現れている症状などは落ち着いてくることが期待できます。

先ほどもお伝えしましたが、男性の場合には視覚的に「あなたは男性型脱毛症です」と診断できるケースが多いのですが、女性の方はびまん性の脱毛が多く、問診や採血で確認を行なっているものの、びまん性の脱毛の裏側に他の疾患が隠れている可能性があります。そのため女性の薄毛の経過に関しては、より注意をしながら確認をしていかなければいけないと考えています。

当院でも女性の患者様は増加傾向にありますので、薄毛に関して気になる方は、お気軽にご相談に来ていただければと思います。

次回は、「女性の薄毛治療」について訊く

今回は「女性の薄毛について訊く」ということで、よく寄せられる質問にお答えしました。女性の薄毛の原因は特定が難しく、使用を推奨されていない治療薬などもあるため、医師に相談しながら薄毛の改善を目指すことをおすすめします。また他の疾患も隠れていることがあるため漫然と治療を行わずに、定期的に体調の確認などを行う必要があります。

次回は、女性の薄毛もクリニックで治療できるのか。さらに女性の薄毛治療についての治療内容や効果が実感できるまでの期間などを詳しくお伝えします。

髪の毛でお悩みの方

記事の詳細を見る
AGAの早期治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
AGAの早期治療について