このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【院長に訊く】<第9回> 女性の薄毛について訊く〜女性の薄毛治療とは〜

院長に訊く

AGA治療においてよく寄せられる疑問をAGAヘアクリニック(以下、当院)院長の水島先生に訊くシリーズの第9回は「女性の薄毛治療」。治療方法や治療薬の副作用、治療の効果などについてお伝えします。

Q1: 女性の薄毛治療はどのようなことをするのですか?

先生:

前回、診断について少しお話ししましたが、女性の場合はまず採血と問診を行い、薄毛に他の疾患が影響している可能性がないかどうかをチェックしてから薄毛治療を行なっていきます。

女性も男性と同様に、薄毛の治療方法は原因によって異なります。女性の薄毛は栄養不足が関与している場合が多くありますので、髪の毛に良いといわれているビタミン類などの栄養素を含む薬剤を処方したり、発毛効果のあるミノキシジルの外用薬や内服薬を使った治療を行うことが一番多いかと思います。

ミノキシジル外用薬は、世界的にも女性の薄毛に対して優先的に使用されている治療薬です。現在、国内で認可されているミノキシジル外用薬の濃度は男性が5%であるのに対し、女性は1%です。しかし海外では臨床試験を経て、5%のミノキシジルに対する女性への有効性も認められています。ですので、もし1%以上のミノキシジル外用薬をご希望の場合は、当院のような薄毛治療専門クリニックにご来院いただければ、医師の診察を受けた上で処方することも可能です。

ミノキシジルの内服薬に関しては、まだ男女ともに国内で認可はおりていませんので、特に濃度の制限というものは定められていません。そのため医師が一人ひとりの患者様を診て、その方に適した濃度で処方していきます。

Q2: ミノキシジルに副作用はありますか?

先生:

ミノキシジルには、へアサイクルの成長期を延長して休止期を短縮させる作用があります。この作用により発毛を促進させるのですが、新しい髪の毛によって古い髪の毛が押し出される「初期脱毛」が起こると考えられています。初期脱毛には個人差があるため、その症状を全く感じない方もいますが、特に女性で髪の毛が長い方だと抜け毛が目立つので、初期脱毛で抜ける髪の毛の量が多いと感じられる方もいらっしゃるようです。

またミノキシジルでは「多毛症」という副作用が起こることもあります。これは頭髪以外の体毛が増えるという症状です。女性の場合は「体毛が増えるならやめておこう」という方もいらっしゃいますが、多毛症のリスクをご説明した上でミノキシジルの処方を希望される場合には、頭皮に塗布して使用するタイプのミノキシジル外用薬を処方することが多いです。

エステや美容皮膚科などで脱毛を受けられていて、体毛の毛根が完全に消滅している場合は、その箇所に毛が生えてくる心配はありません。ただし、脱毛をしていても毛根が残っていた場合は、多毛症が現れる可能性はあります。

ミノキシジル以外に、広く使用されている薄毛治療薬にはフィナステリドとデュタステリドがあります。発生頻度は稀ですが、これらの副作用には肝機能障害があるとされています。また女性で男児を妊娠されている場合、胎児の生殖器の発育に悪影響を及ぼす可能性があるといわれているため、当院では原則、フィナステリドやデュタステリドを女性には処方していません。しかし、これまでに行われている世界的な臨床試験の中には、フィナステリドやデュタステリドの女性への使用が有効であるという症例も存在しています。そのため、女性でミノキシジルをベースとした治療を行っても改善が見られなかった患者様に関しては、閉経後かどうかや挙児希望かどうかなどを踏まえた上で、フィナステリド、デュタステリドの処方をすることもあります。

その他にも様々な副作用が発生する可能性はゼロではありません。服用していて気になることがあれば、些細なことでも結構ですのでご相談いただければと思います。

女性専用の薄毛治療について

Q3: 女性の薄毛治療はどのくらいで効果が期待できますか?

先生:

どの治療薬を使用するかによって効果は異なりますが、ミノキシジルに関しては男女ともに作用機序が同じで、特にホルモンなども影響していないため、外用薬でも内服薬でも3カ月〜半年ほどで発毛の効果が現れることが多いですね。また、もしフィナステリドやデュタステリドを使用した際には、半年から1年かけて増毛することが多く、フィナステリドの場合は1年を超えても増毛することがあるといわれています。

薄毛の治療薬は基本的に継続投与していくものですが、ライフスタイルの変化や費用面など、ご都合に合わせて“無理なく続けていくこと”が大切だと考えています。様々なご事情で一度、治療薬の服用をお休みしても、余裕ができた時に再開していただければよいと思っています。

ミノキシジルはヘアサイクルの成長期を延長し休止期を短縮する作用を持っているため、服用を中止すれば再びヘアサイクルに異常を来し、抜け毛が増加することが予想されます。服用を中止しても、しばらくは体内に残留しますので、抜け毛が一気に増えることなどはなく、毛量が徐々に低下していきます。

お休みしている治療薬の服用を再開しようと考える際には、効果が出るまでに3カ月から半年はかかることを考慮しておくとよいでしょう。ライフスタイルや費用面のことなど、どんなことでもお気軽にご相談いただければ、その都度、最適な治療方法をご提案させていただきます。

次回は、「女性と薄毛治療クリニック」について訊く

今回は「女性の薄毛治療とは」をテーマに、よく寄せられる質問を取り上げました。女性の薄毛治療は診断が難しく、治療薬の服用には十分な注意が必要なため、医師の診断のもと適切な治療を行うことが大切です。

次回は、女性の薄毛について訊くシリーズの最終回。「女性と薄毛治療クリニック」に関する質問を訊いていきます。

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
AGAの早期治療について