このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

【医師が教える】こんな10代、20代はハゲる? 原因を作る5つのダメ習慣

治療用シャンプーの効果とは
生活ケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

10〜20代でも、薄毛や抜け毛に悩む方は少なくありません。しかし「遺伝だから……」「子供の頃から髪の毛が薄かったから……」と、諦めるのは待ってください。もしかすると、若ハゲを誘引する”ダメな生活習慣”が原因かもしれません。生活習慣が薄毛や抜け毛の原因であれば、今からでも見直すことで予防効果や改善が期待できます。

薄毛や抜け毛が起こるメカニズムとともに、これらを助長するダメな生活習慣と対策をAGAタイムスが紹介します。薄毛や抜け毛を克服する手がかりになるかもしれませんので、ぜひご覧になってください!

これってもしかして薄毛? 若ハゲの基準とは

「まだ若いのに薄毛や抜け毛が気になる」「もしかして若ハゲなのでは…」と、お悩みの方にとって、どの程度の薄毛であれば若ハゲなのか、その判断基準は難しいですよね。気にしすぎているだけで、実は生まれつきおでこが広いだけだったり、髪が細いだけかもしれません。まずはご自身の髪の状態が若ハゲに当てはまるか、下の項目でチェックしてみましょう。

  • 1. おでこが広くなった
  • 2. 頭皮が透けて見える範囲が広くなった
  • 3. 抜け毛が急に増えた
  • 4. 髪の毛が細くなった

生まれつきおでこが広かったり髪が細い場合などは、遺伝による個性なので薄毛ではありません。またヘアサイクルが健全であっても1日に100本程度の髪が抜け落ちますので、以前と比べて急に抜け毛が増えたのでなければ、これも心配する必要はあまりないでしょう。しかし月日を重ねるごとにこれらの症状が進行しているようであれば、若ハゲの兆候かもしれません。

薄毛を招くダメな習慣とは

薄毛の原因はいろいろありますが、大きな原因のひとつに「生活習慣の乱れ」があります。まだ若いからといって節度のない生活を送っていると、それが薄毛や抜け毛を招く可能性があります。下の項目に当てはまる行動を取っていないか、こちらもチェックしてみてくださいね。

1. 睡眠不足
髪や頭皮は、知らず知らずの内に紫外線や乾燥によってダメージを受けています。そういったダメージは、睡眠中に分泌される成長因子によって回復が促されます。そのため睡眠不足が続くと成長因子の分泌量が低下してしまい、髪の成長や回復に悪影響を及ぼします。
2. ファストフードやお菓子ばかり食べている
健康な髪が育つためには、栄養バランスの取れた食事が必要不可欠です。ファストフードやコンビニのお菓子だけで空腹を満たしていると栄養バランスが偏ってしまい、髪に必要な栄養が不足してしまうなどの悪影響を与えることになります。
3. 慢性的なストレスを抱えている
人はストレスを受けると交感神経神経や副交感神経(いわゆる自律神経)のバランスが崩れます。ストレスがあるとホルモンバランスが崩れ、その結果髪の成長に必要な栄養素が毛根に行き届かなくなってしまい、髪の発育不良につながることが考えられます。
4. 運動不足
長いあいだ筋肉を動かさずにいると、筋肉も衰え、新陳代謝や血流が低下します。これも、髪の発育を阻害することにつながるといえます。
5. 過度な飲酒や喫煙
タバコの直接的な薄毛との関連は現時点では証明されていませんが、血行不良や生活習慣の乱れ、栄養素の不足に繋がります。また、過度な飲酒も厳禁といわれています。アルコールを分解するために消費されるアミノ酸は髪を構成するケラチンの成分でもあるので、アルコールの過剰摂取によって体内のアミノ酸が不足すると、髪の発育不良につながる可能性があります。
6. 1日に何度もシャンプーする
これは、上の5つと比べて意外な原因かもしれません。頭皮の衛生状態を気にするあまり1日に何度もシャンプーする方がたまにいらっしゃいますが、過度なシャンプーは頭皮を守るバリアの役割を持った必要な皮脂まで洗い流してしまう可能性があります。シャンプーは1日1回で十分です。睡眠中に分泌される成長ホルモンのことを考えれば、寝る前にシャンプーした方がいいとえるでしょう。

今すぐできる薄毛対策

チェックの結果はいかがでしたでしょうか。「若いから多少の無茶は問題ない」と思われる方もいるかもしれませんが、当てはまる項目が多いほど、薄毛や抜け毛を招きやすいと考えられます。若ハゲが深刻化する前にダメな習慣を見直し、薄毛予防を心がけましょう。

食事、睡眠、運動は健康管理の基本です。いつもの食事に野菜サラダを一品加えたり、いつもより1時間早く寝てみたりと、少しずつでも意識を変えていくことが重要です。また、ストレスも薄毛を誘引する原因のひとつと考えられています。軽い運動や趣味の時間を持つなど、こまめに発散できる環境を自ら作ることが大切といえます。

薄毛治療はAGAヘアクリニックへ

若いうちから薄毛の悩みを抱えることは、精神的にもかなりの負担になるでしょう。その悩み自体がストレスを生み、負のスパイラルに陥ってしまうことも少なくありません。まずは生活習慣を見直し、それでも改善の兆しが見えない場合は薄毛治療専門クリニックや皮膚科で原因を明らかにすることをおすすめします。

東京 秋葉原にあるAGAヘアクリニックでは、AGA(男性型脱毛症)の治療に特化した専門性の高い診療を実施しています。AGAは進行性の疾患ですが、早期に発見・治療を開始すれば改善が見込めます。カウンセリングは無料なので、薄毛にお悩みの方は気軽にご相談ください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
治療用シャンプーの効果