このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】秋の抜け毛の原因や薄毛対策を解説

生活ケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

朝起きると枕元には大量の抜け毛。シャンプー後の排水口にもやはり抜け毛が。さらにブラッシングしたらまた抜け毛が……。肌寒い秋の風を感じるとともに抜け毛も増えて「ひょっとしたらこのままハゲてしまうのか?」と、不安を感じる方は少なくないと思います。

秋は、一年を通してもっとも抜け毛が増える季節といわれています。なぜ季節によって抜け毛の量が増減するのか。今回のAGAタイムスでは抜け毛の原因とその対策をご紹介します。

冬に備えるための抜け毛なら心配は無用

まず前提として、頭皮や髪に問題を抱えていない方でも、毎日50〜100本程度の髪が抜けるといわれています。しかし秋の場合は、多い方では1日に200本以上の髪が抜けることも珍しくありません。では秋に抜け毛が増える原因はどこにあるのでしょうか?

ペットと一緒に暮らしている方なら、犬の「換毛期」をご存じの方もおられるでしょう。夏の終わり頃から秋口にかけて体毛が抜け始め、寒い冬に備えて厚い毛並みに生え替わります。犬ほど顕著ではありませんが、同じ哺乳類の人間にも同様の現象が起こっていると考えられます。秋には髪が他の時期よりも多く抜けて、冬の寒さから頭皮を守る丈夫で強い髪に生え替わろうとしている説があります。

そのため1か月程度で抜け毛が落ち着くようなら、それは冬に向けた自然な抜け毛である可能性が高いため、それほど心配はないといえるでしょう。

夏のツケがまわってきた抜け毛にはご注意

秋に抜け毛が増えるもうひとつの原因があります。それは夏に受けたダメージの蓄積によるものです。夏は強い紫外線や、大量の汗による頭皮の蒸れ、皮脂のバランスの崩れなど、頭皮環境や髪にとって大変過酷な季節です。

さらに海水浴など夏のレジャーで、潮風や海水によるダメージを受けている可能性もあります。たとえ室内であってもエアコンの過度な使用で頭皮の乾燥を招いている場合もあり、インドア派の方でも油断はできません。

さらに夏は夏季休暇取得のために残業したり、あるいはハメを外して遊び過ぎたりなど、いわゆる“夏バテ”で体調に支障をきたすこともしばしば。そのためホルモンバランスが崩れがちになり、それがいっそう頭皮や髪に悪影響を及ぼす可能性があります。

このような悪条件が重なり頭皮や髪のダメージがピークに達し、さらに気候の変化も著しい季節の変わり目ですから、抜け毛が増えてしまう原因はたくさん考えられます。秋になって顕在化したダメージは、早めに回復しないと常態化するおそれもあります。一過性であったはずの抜け毛がその後の育毛状態に大きな影響を与える前に、しっかりとケアをおこないましょう。

無視できない秋“以外”の抜け毛

秋は抜け毛が増えるシーズンですが、だからといって“無視できない抜け毛”の状態もあります。例を挙げると、次のような抜け毛は季節による一過性のものではなく、進行性の抜け毛や病気の可能性があるので注意が必要です。

  • 1. 1日100本程度では収まらず、抜け毛の量が明らかに多い
  • 2. つむじやはえぎわなど限られた一箇所、あるいは数箇所だけ髪が抜ける
  • 3. 抜け毛の中に短い髪や細い髪が多い

上記に当てはまる場合はAGA(男性型脱毛症)や円形脱毛症などの疑いがありますから、専門クリニックを受診することをおすすめします。

秋の抜け毛のケア方法

夏のダメージを受けた頭皮や髪をケアするために、まず次の3つの方法を試してみてください。

1.正しいシャンプーの方法を心がける
とりわけ過度な洗浄で皮脂を取り除くことは避けましょう。皮脂は紫外線などの外的刺激から頭皮を守る役割を持ち、過剰に取り除いてしまうと育毛に悪影響を及ぼす可能性があります。適度に皮脂を残したやさしい洗髪が、良い頭皮環境を保つことにつながります。洗浄力がやさしい「アミノ酸系」などのシャンプーを選ぶと効果的でしょう。また育毛に良いとされる成分が配合された「育毛シャンプー」もおすすめです
2.頭皮の血行を改善させる
疲労の蓄積で頭皮の血行が悪化している可能性もあるので、頭皮マッサージでほぐしてみましょう。ヘッドスパも有効ですが、シャンプー時に指の腹を使ってやさしく揉みほぐすと、入浴時のリラックス効果も相まって血行促進の効果が期待できます。
3.食生活を見直す
髪を構成するたんぱく質を生成するには種々のアミノ酸が必要なため、アミノ酸の摂取を心がけた食事を摂ることがおすすめです。9種類の必須アミノ酸を含む、20種類のアミノ酸をバランスよく摂取できるとベストですが、難しい場合はサプリメントで補うのも良いでしょう。またアミノ酸だけでなく、ビタミンやミネラルが含まれた食材も摂取するなどバランスの良い食生活を心がけることも大切です。

このように、夏に受けたダメージをケアするためには、身体の内側と外側の両面から回復を促すことが大切です。抜け毛の増加がすぐに落ち着くようであれば、今回ご紹介したように一過性のものと考えられます。しかし、明らかに抜け毛が多い状態が続いたり、額の生え際や頭頂部の髪が薄くなっているようなら、それは脱毛症の疑いがあります。抜け毛を気にしてストレスを溜めることは育毛に悪影響を及ぼすことも。薄毛や抜け毛が心配な方は、東京の秋葉原にあるAGAヘアクリニックまでご相談ください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療について