このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】原因は生活習慣? 女性ホルモンが減少するワケと薄毛になる理由とは

治療用シャンプーの効果とは
生活ケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

薄毛といえば男性が抱える悩みのイメージが強いですが、実は女性の発症事例も少なくありません。多くは壮年期に現れますが、中には20〜30代で薄毛に悩まされている人もいるのです。

ひとくちに薄毛といっても男性の薄毛とは症状や原因が異なり、女性が薄毛になる原因の多くはホルモンバランスの乱れにあるといわれています。今回のAGAタイムスは、女性の薄毛とホルモンバランスの関連性をまとめたうえで、予防策についてもご紹介します。

女性ホルモンってなに?その役割とは

薄毛とホルモンバランスの関連性を解説する前に、まずは「女性ホルモン」の役割について説明します。そもそもホルモンとは、体内の臓器を調節したり管理したりする物質のことです。

主な女性ホルモンは「卵胞ホルモン(エストロゲン)」と「黄体ホルモン(プロゲステロン)」で、これらは卵巣で作られています。この2つには月経周期や妊娠をコントロールするという、大切な役割があります。さらに、これらのホルモン分泌をコントロールしているのが、脳内の「視床下部」と「下垂体」という部分になります。ここから卵巣に指令が送られることで、ホルモンが分泌されるのです。

女性ホルモン減少で起こる体の変化

薄毛以外にも、女性ホルモンが減少することで、体に以下のような変化が起こります。

1. 生理周期の乱れ
規則正しかったはずの生理周期にバラつきが出て不規則になりやすくなります。
2. 自律神経の乱れ
急に火照ってのぼせたような状態になったり、動機や息切れを起こすなどの、更年期障害と似た症状を引き起こします。
3. 肌環境の悪化
コラーゲンの生成量が減ることで肌の弾力や保水力が低下し、シミ・しわ・くすみなどが増えます。
4. 脂質代謝の悪化
代謝が落ちることで、内臓脂肪がつきやすくなります。また、血管のしなやかさも失われるので動脈硬化のリスクも高まります。
5. 骨密度の低下
骨が脆くなり、骨粗しょう症などのリスクが高まります。

この他にも、倦怠感や鬱(うつ)などの精神的な症状、筋肉や関節の痛み、頻尿、残尿感など、女性ホルモンの乱れによって起こる体への悪影響は非常に多いといえます。

女性ホルモン減少を予防するためには

女性ホルモンはとてもデリケートなので、僅かな心身の変化によって分泌量が変化してしまいます。その中でも、深い関わりがあるといわれているのが生活習慣です。

例えば、過度なダイエットが女性ホルモンを減少させるという話を聞いたことがありませんか? きちんと食事を摂取しながらおこなう健康的なダイエットなら良いですが、栄養が不足するようでは問題があります。野菜や果物しか食べなかったり、炭水化物を抜くといった極端なダイエットは、女性ホルモンの減少を招く恐れがあるのです。

その他、体の「冷え」も女性ホルモンの分泌を妨げる要因です。体が冷えると卵巣など女性特有の機能が低下してしまうので、以下の項目を参考に冷え対策は万全におこないましょう。

1. 運動で代謝アップ
下半身を中心に鍛えると、体の代謝アップが期待できます。ただし鍛えるといっても、ウエイトトレーニングをおこなう必要はありません。例えばウォーキングなどでも、1日30分くらいを目標にして、背筋を伸ばし体幹を意識して歩けば、十分な効果が期待できます。
2. 薄着で起こる冷え対策
ファッション優先で薄着をしていると、体が冷えてしまうのは当然です。それでもファッションにこだわりたい時は、腰回りにカイロを貼るようにしましょう。血の巡りも良くなるので、腰だけでなく足先も暖かくなります。
3. 入浴で血行促進
シャワーだけで済ませるのではなく、1日の終わりにはしっかり湯船につかりましょう。入浴には体を芯から温めるだけでなく、自律神経のバランスを整える効果もあります。
4. 体の中から温める
臓器の働きが弱まり、消化や代謝が悪化している状態は、ホルモンの分泌を鈍らせてしまいます。白湯や温かいお茶を飲むなどして内側からじんわりと温め、静脈や毛細血管を広げることで血行を促しましょう。

ダイエットや冷え以外にも、睡眠不足や喫煙、過度な飲酒なども、女性ホルモンが減少する原因になります。普段から、規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

薄毛対策にも効果的! 女性ホルモンのバランスを整える食事

ここでは、ホルモンバランスを整えるために効果的といわれる食品をご紹介します。育毛効果も期待できるので、積極的に摂取しましょう。

1. 大豆食品全般
頭皮や納豆などに含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするとされ、ホルモンのバランスを整えてくれます。
2. マグロ・カツオ
マグロやカツオに多く含まれるビタミンB6は、エストロゲンの代謝に働きかけてホルモンバランスを整えます。
3. アーモンドなどナッツ類
脳下垂体や卵巣に働きかけて、ホルモンの分泌をコントロールしてくれます。
4. アボカド
アボカドには、ホルモンを維持する大切な成分(マグネシウム・ビタミンE、ビタミンB、葉酸、食物繊維、カリウムなど)が豊富に含まれています。
5. 卵黄
生殖器系、ホルモンバランス、肌の健康などを維持するビタミン類が、豊富に含まれています。
6. バター
ホルモンの構築に必要な脂溶性のビタミンが豊富に含まれています。

どれも特別な食材ではありませんので、普段の食事に取り入れるのは難しくなさそうですね。もちろん、これらの食品以外もバランス良く食べることが重要です。まずは普段の食卓に一品加えてみてはいかがでしょうか。

女性ホルモンのバランスを整えて薄毛を改善

ホルモンバランスを整えることで抜け毛が減り、髪の毛1本1本が太く健康な状態になることが期待できます。女性ホルモンには髪の成長期を長く持続する働きがあるので、ホルモンバランスが正常なら髪はしっかり育ちます。

ただし、生活習慣を見直してみても薄毛が改善しない場合は、専門の医療機関を受診することをおすすめします。ホルモンバランスの乱れから自律神経や精神的な部分に異常が及んでいる可能性がありますので、そのような時は悩まず医師に相談しましょう。

女性の薄毛もAGAヘアクリニックにご相談を

女性の薄毛は、ホルモンのバランスが崩れることが主な原因と考えられています。薄毛対策と聞くと、育毛シャンプーや育毛剤などを連想してしまいがちですが、まずは生活習慣を見直してホルモンバランスを整えることから意識してみましょう。過度な食事制限によるダイエットや睡眠不足、日々のストレスなど、薄毛のリスクは身近なところに潜んでいるので、原因を見逃さないことが大切です。

注意したいのは、ホルモンバランスの乱れ以外で起こる抜け毛や薄毛です。これらの薄毛は膠原病(こうげんびょう)や甲状腺機能低下症による合併症の恐れもありますので、薄毛になる原因が思い当たらない時は医療機関を受診して原因を明らかにすることをおすすめします。

東京 秋葉原にあるAGAヘアクリニックは女性の薄毛治療も行なっております。当院ではスマホでのオンライン診療も実施しているため、遠方の方も安心。医師による専門性の高い診療と豊富な治療事例で、患者さま一人ひとりの薄毛の悩みをサポートします。カウンセリングは無料で行なっているので、薄毛が気になる方はお気軽にご相談ください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について