このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】つむじが2つあるとハゲるってホント? 噂の真相を徹底解明!

生活ケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

日本人の約1〜2割程度は、頭につむじが2つ以上あるといわれています。つむじの数に関する俗説は多く、「つむじが2つある人は天才肌」だとか「つむじが2つあるとハゲる」なんてものまであります。もちろん、どちらも医学的根拠はありませんが、こういった噂が広まったことには理由があるのです。今回のAGAタイムスでは、こういった噂のもとになったと思われる「つむじハゲ」について解説します。

つむじの役割とは?

まず、つむじの持つ役割についてご紹介しましょう。人間の髪が一定の方向に流れるようになっていること、これはつむじのおかげです。つむじの存在により、ある程度の規則性を持った方向に髪が伸びるため、髪に流れが生まれるのです。

ちなみに、つむじがある場所は、必ずしも頭頂部だけとは限りません。かなり稀なケースですが、前頭部や後頭部に存在する場合もあります。また、つむじの数は両親から遺伝する可能性があるといわれていますが、その確率は決して高いものではありません。

つむじが2つあるとハゲやすい?

つむじを2つ以上持つ方々の中には、いくつかの悩みを抱えている方がいます。例えば、髪の流れがバラバラになりやすく、ヘアスタイルを整えるのが大変であることなどが挙げられます。他にも、つむじは他の場所と比べて髪が薄いので、つむじ同士の距離が近いと薄毛に見えてしまうなどの不安もあると聞きます。

また、つむじ周辺は薄毛の兆候が現れやすい場所です。ただでさえ他の場所に比べて髪が薄いつむじ周辺で薄毛が進行した場合、より薄く見えてしまう場合もあるでしょう。つむじの数は薄毛の発症率と関係ないものの、つむじが多ければ、それだけ薄毛になった時に目立ってしまう恐れがあるのです。つむじが2つ以上あるとハゲやすいという噂は、薄毛の部分が目立ちやすいことが理由で、広まったと考えることができます。

つむじハゲの原因とは

つむじ周辺が薄毛になりやすい理由はいくつかあります。つむじハゲを招きかねない原因を以下にまとめたので、参考にしてみてください。

1. AGA(男性型脱毛症)
つむじ周辺や前頭部の薄毛は、AGAの疑いがかなり強いと言えます。AGAとは、男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)が、頭髪のヘアサイクルに悪影響を及ぼすことで起こる脱毛症です。AGAの原因とも言えるDHTは、同じく男性ホルモンの一種であるテストステロンが、5αリダクターゼと呼ばれる酵素と結びついて変化した物質です。AGAがつむじ周辺や前頭部にあらわれやすい理由は、この2箇所が頭皮の中で、もっとも多く5αリダクターゼが存在する場所だからです。
ちなみに、5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型があり、特にAGAに影響を与えるといわれているのはⅡ型です。このⅡ型5αリダクターゼが、つむじ周辺や前頭部の毛乳頭(髪の成長に関与する部分)に多く存在しているのです。
2. 生活習慣の乱れ
睡眠不足や栄養バランスの偏りといった生活習慣の乱れは、頭皮の血行不良や自律神経の乱れなどを招くといわれています。どちらも直接薄毛につながるわけではないものの、不摂生によって起こる悪条件がいくつも重なれば、間接的に薄毛を誘因する恐れがあります。例えば、頭皮の血行が悪化すると毛根に十分な栄養が行き渡らず、育毛に悪影響を及ぼすことが考えられます。また自律神経の乱れは、細胞の活性化を抑制する可能性があるといわれています。
3. ストレス
ストレスも、間接的に薄毛を誘因する恐れがあります。人はストレスを感じると、ストレス関連ホルモンが産生されます。それによって、血管の収縮や自律神経の乱れなど、体への悪影響につながる場合があります。そのような負担が、頭皮環境を悪化させて育毛を妨げると考えられているのです。
ちなみに一昔前は、ストレスが円形脱毛症の原因だといわれていました。しかし昨今、それに対して否定的な見解を持った医師が増えています。今、もっとも有力な説は、自己免疫疾患によってリンパ球が毛包を破壊してしまい、それによって髪が抜けるというものです。発症メカニズムが解明されたわけではないものの、ストレスが円形脱毛症を招くことは、ほぼ考えられないといわれています。

つむじハゲの対処法

つむじ周辺の薄毛が気になり始めたら、早めに予防・対策をおこなうことが進行の抑制につながります。まずは、薄毛の原因を明らかにするためにも、AGA専門クリニックなどで頭皮の状態を診断してもらうのが良いでしょう。また専門的な治療以外でも、頭皮の健康状態を保つために以下のような予防策があります。

1. ストレス発散
ストレスを溜めないよう、こまめに発散することが大切です。アロマオイルを数滴たらしたバスタブでゆったりした時間を過ごすのも良いですし、温かいココアを飲みながら読書などもおすすめです。気持ちを落ち着かることは、質の良い睡眠にもつながります。リフレッシュの方法は人それぞれなので、自身にあったストレス解消法をお試しください。ただし、暴飲暴食などはNGです。
2. 良質な睡眠
寝不足が続くと、血行不良やホルモンバランスの乱れ、皮脂の過剰分泌などにつながる恐れがあります。そのような頭皮環境の悪化が、育毛を妨げてしまうことも考えられます。睡眠中に分泌される成長ホルモンには育毛を促す働きがあるので、睡眠時間はしっかりと確保するようにしましょう。
3. 栄養バランスのとれた食事
体の細胞を作るには、食事からの栄養摂取が必要不可欠です。これは、髪にも同様のことが言えます。髪の主成分であるたんぱく質はもちろん、たんぱく質の合成をサポートするビタミンやミネラルなどを、バランスよく摂取することが重要です。ただし、サプリメントなどで栄養を摂取するときは、過剰摂取に注意しましょう。逆に、体に負担をかけてしまう恐れがあります。
4. 帽子の着用
帽子は、紫外線や乾燥から頭皮を守るヘアケアアイテムにもなります。特に、日差しの強い時間帯に外出する時は、帽子をかぶって外的な刺激を予防しましょう。ただ、あまり長い時間帽子をかぶり続けていると、雑菌の繁殖などにつながる可能性があります。適度に帽子をとって風を通すなど、頭が蒸れないようにしましょう。帽子を清潔に保つことも忘れずに。
5. ヘアスタイルを変える
髪を引っ張るヘアスタイルを長期間続けたり、髪の分け目がいつまでも同じだと、牽引性脱毛症につながる恐れがあります。牽引性脱毛症の予防には、適度に髪型や分け目を変えることが効果的です。たまには気分転換もかねて、いつもと違う髪型にしてみましょう。

薄毛のお悩みはAGAヘアクリニックへ

「つむじが2つあるとハゲる」という噂に、医学的根拠はまったくありません。ですが、つむじ周辺はもともと髪が薄いこともあり、薄毛になってしまった場合に目立ちやすいことはあるかもしれません。つむじ周辺はAGAの影響を受けやすい場所です。つむじの数に関わらず薄毛が気になってきたら、早めに対策をおこないましょう。もしAGAの疑いがある場合はAGA専門クリニックで治療を受けることが予防・改善の近道です。

東京 秋葉原に位置するAGAヘアクリニックには経験豊富な医師が在籍しております。カウンセリングは無料で行なっているためAGAについて詳しく知りたい方、薄毛治療に興味がある方はぜひ一度当院までお越しください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
当院の特徴

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
当院の特徴