このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】1日100本の抜け毛は普通? その理由と抜け毛予防策

生活ケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

毎日100本ほどの髪の毛が抜けると聞けば、「多い」と感じる方もいるかもしれません。しかし1日100本の抜け毛は、それほどめずらしいことではありません。なぜなら正常な発毛サイクルを維持していれば、抜け毛とおなじく新たな髪も生えてくるからです。

しかし発毛サイクルに異常が起こると、抜け毛の増加とともに新たな髪も生えなくなり、薄毛になってしまいます。そこで今回のAGAタイムスは、髪の発毛サイクルに悪影響を及ぼすいくつかの原因と、抜け毛予防・対策をご紹介します。

ヘアサイクル(毛周期)とは

髪は発毛サイクルに異常がなくても、ある程度の期間で抜け落ちます。新たな髪が生まれてから成長し、抜け落ちるまでの周期をヘアサイクル(毛周期)と呼びます。ヘアサイクルの期間には個人差がありますが、成人の場合でおおよそ2〜6年ほどといわれています。この期間は成長期→退行期→休止期の順番でステージが進行します。最後の休止期をむかえた髪は、同じ毛根から生まれた新たな髪に、押し出されるかたちで抜け落ちます。

ヘアサイクルのうち、大部分を占めるのは髪が成長を続ける成長期です。頭部の毛根全体で、約90%の髪が成長期にあるといわれています。ヘアサイクルが正常である限り、このバランスが大きく崩れることはありません。1日に100本前後の抜け毛であれば、休止期をむかえた髪が、自然に抜け落ちたと考えることができます。また抜け毛の本数は季節や体調によって増減することもあります。

ヘアサイクルの回数には限界がある?

個人差はあるもののヘアサイクルには上限回数があり、それ以上は新たな髪が生えないといわれています。正常なヘアサイクルであれば、生涯で約15回ほど繰り返されるといわれています。しかし脱毛症のひとつであるAGA(男性型脱毛症)などによってヘアサイクルが乱れると、成長期が短くなることでサイクル全体が著しく早く進み、ヘアサイクルの限界をむかえてしまう恐れがあるのです。

AGAの悪影響はそれだけではありません。成長期が短くなるということは、髪が十分に育たないまま、退行期や休止期に移行してしまうということです。髪が成長しづらい一方で、抜け毛は増え続けていきます。AGAは進行性の脱毛症なので、治療により抑制しない限り、ヘアサイクルが正常に戻ることはありません。そのため月日を重ねるごとに薄毛になってしまうのです。抜け毛が極端に増えたり、成長前の柔らかい髪が目立つようになってきたらAGAの疑いがあります。その場合は放置せずAGA専門クリニックや皮膚科に相談しましょう。

気をつけるべき生活習慣とは

抜け毛や軟毛の増加がすべてAGAによるものとは限りません。しかし成人男性の薄毛は、多くのケースでAGAが影響しているといわれています。まずは原因を特定するためにも、病院で診察を受けることが望ましいでしょう。それとあわせて、生活習慣を改善することも大切です。なぜなら生活習慣の乱れは、間接的に薄毛を招く可能性があるからです。以下のような生活習慣を見直すことは、薄毛予防に効果が期待できます。

1. 栄養バランスの偏った食事
髪のもとになる細胞も、他の細胞と同じく栄養素や酸素を取り込んで成長します。栄養素が偏ったり不足したりすると、育毛に悪影響を及ぼす恐れがあります。また亜鉛のように、不足すると抜け毛につながるといわれる栄養素もあります。たんぱく質、ミネラル、ビタミンなど、複数の栄養素をバランスよく摂取しましょう。栄養バランスが偏っていると感じたら、一時的に栄養サプリメントで補うという選択肢もあります。
2. 睡眠不足
睡眠中には、体の成長や回復を促す成長ホルモンが分泌されます。とりわけ入眠後に訪れる最初の深い睡眠時間(ノンレム睡眠)は、1日のなかでもっとも多く成長ホルモンが分泌されるといわれています。睡眠が不足すると成長ホルモンの分泌量が減少し、ダメージの蓄積や新陳代謝の低下といった、悪影響につながる恐れがあります。このような影響が頭皮環境の悪化を招くことで、育毛を阻害してしまうことが考えられます。十分な睡眠時間を確保することはもちろん、睡眠の質をあげるためにも、入眠前にリラックスできる工夫をおこないましょう。
3. 運動不足
運動が不足すると肥満や血行不良を招く場合があります。血行が悪くなると、髪の成長に必要な栄養素が毛根まで十分に届かず、育毛に悪影響を及ぼす恐れがあります。また新陳代謝の低下につながることも考えられます。体を動かすとストレス発散にもなるので、定期的に運動をおこないましょう。ジョギングやウォーキングなどの、負荷が軽い有酸素運動がおすすめです。
4. 慢性的なストレス
慢性的なストレスは血行不良、自律神経の失調、ホルモンバランスの乱れなどにつながると考えられています。特に女性に起こる一部の薄毛は、ホルモンバランスの乱れが抜け毛や軟毛化を招くことで発症するといわれています。こういった症状を予防するためにも、リラックスできる時間や趣味の時間を意識的につくってこまめにストレス発散してみましょう。

今日からできる薄毛対策

薄毛の予防・改善をするとき、最初から育毛剤や育毛シャンプーなどの製品に頼るのはあまりおすすめできません。なぜなら高価な育毛商品を使っていても、生活習慣が乱れていては十分な効果を得ることが難しいからです。まずは前項のような生活習慣を見直して、体調や頭皮環境を整えていきましょう。そうすることで育毛剤や薄毛治療薬の有効成分が行き届きやすくなります。

また自身の薄毛にAGAの疑いがあるようなら、AGA専門クリニックや皮膚科に相談することをおすすめします。AGAの特徴として、前頭部やつむじ周辺から薄毛になることが挙げられます。さらに細く弱々しい軟毛が増えることも特徴のひとつです。このような症状がみられる方は、AGA治療専門クリニックで一度相談してみることをおすすめします。

東京 秋葉原にあるAGAヘアクリニックではAGAの原因を抑制する内服薬や患部に直接塗布する外用薬など、専門クリニックならではの豊富な治療薬をご用意しております。本格的な薄毛治療を開始したい方はぜひ一度当院までご相談ください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について