このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】寝癖は頭皮環境の悪化を招いている? 寝癖からわかる薄毛への影響

女性専用の薄毛治療について
生活ケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

朝起きて枕を見た時、抜け毛が多くて驚いたことはありませんか? 寝起きの枕はもちろん、顔を洗ったり髪をセットしたり、朝は髪の状態が気になる時間帯ですよね。また、一見あまり関係がなさそうに思える髪の寝癖も、実は頭皮環境の悪化を招きかねない生活習慣が原因かもしれません。そこで今回は寝癖や髪が抜ける理由、そして心配しなくてもよい抜け毛の本数、さらに薄毛の前兆のチェック項目なども紹介します。ぜひ抜け毛予防の参考にしてください。

100本ほどの抜け毛なら心配なし

発毛状態が正常でも、抜け毛は毎日あるのが普通です。なぜなら、毛根ごとのヘアサイクル(毛周期)で髪が抜け替わっているからです。ヘアサイクルとは、髪が生まれてから成長して抜け落ちるまでの周期のこと。成長期→退行期→休止期の順番で移り変わり、休止期を迎えた髪は新しく生まれた髪に押し出されるかたちで抜け落ちます。ヘアサイクルは1周が約2〜6年ほどで、ほとんどの期間が成長期にあります。そのため、どこかの毛根で休止期を迎えた髪が抜け落ちたとしても、髪は一定の本数を保っていられるのです。

しかし加齢や一部の脱毛症の影響で成長期が極端に短くなると、髪が成長しきる前に抜け落ちてしまうことがあります。すると新たに髪が生まれるスピードが抜け落ちるスピードに追いつかず、薄毛になってしまうのです。個人差はありますが、ヘアサイクルが正常な方でも、1日におよそ100本程度の髪が休止期を迎えて抜け落ちているといわれています。そのため多少抜け毛が枕に残っていたり、シャンプーの時に抜け落ちていたとしても、それほど心配する必要はないといえます。しかし明らかに抜け毛の本数が増えたり部分的に髪が著しく抜ける場合は、脱毛症や頭皮環境の悪化が疑われます。そのような時は、皮膚科や薄毛治療専門クリニックで診察を受けることをおすすめします。

その髪の寝癖、何が原因?

髪の寝癖が激しいということは、言い換えれば、髪にコシやハリがある状態といえます。そのため、一概に寝癖が悪いということではありません。しかし、ある生活習慣の影響で寝癖がつきやすくなっているとしたら、少し注意が必要です。その生活習慣とは、就寝前に髪を乾かさずに眠ること。寝癖がつきやすくなる理由のひとつは、髪の水分にあるといわれています。髪のなかで酸素と水分が結びついて水素結合を起こし、髪の形状が固定されることで寝癖がつくと考えられているからです。この場合の水分は、入浴後に髪をキチンと乾かさないことや、寝汗が原因となることが多くあります。

髪に水分が残った状態で眠ると、髪や頭皮に悪影響を及ぼす可能性があります。ひとつは、雑菌の繁殖を招く恐れがあること。もうひとつは、髪のキューティクルを傷めかねないことです。頭皮に雑菌が繁殖すると、炎症や湿疹を起こす場合があります。そのような頭皮環境の悪化は、育毛に悪い影響を及ぼすことが考えられます。また、キューティクルへのダメージも見逃せません。髪は水分を含むとわずかに膨張し、キューティクルが剥がれやすくなります。その状態で枕やシーツとのあいだに摩擦が起きると、キューティクルが傷んで、髪のパサつきや切れ毛の原因になる恐れがあります。このようなトラブルを避けるためにも、就寝前にはしっかりと髪を乾かしましょう。

寝癖なおしの朝シャンはよくない?

朝起きて寝癖がひどい場合、皆さんはどのように髪を整えますか? もし朝シャンで寝癖をリセットしているなら、少し注意が必要です。なぜなら1日のうちに何度もシャンプーをするのは、頭皮や髪にとってよいことばかりではないからです。

健康な頭皮は、適度に分泌された皮脂によって、紫外線や乾燥などの外的刺激から守られています。しかし、1日に何度もシャンプーして皮脂を洗い落とし過ぎると、そういった刺激に対して無防備になる恐れがあります。皮脂は時間経過とともに分泌されますが、シャンプーしてからすぐに外出してしまうと、皮脂に守られていない頭皮を紫外線などの刺激にさらす危険もあります。

そのようなリスクを避けるためにも、外出前に寝癖を直すときは、髪を水や寝癖直し用のスタイリング剤で少し濡らしてから、ブラシで形を整えつつドライヤーで乾かす方法がおすすめです。

薄毛の前兆をチェックしよう!

抜け毛の本数や寝癖以外にも、薄毛の前兆をチェックする方法があります。以下のような症状が気になり出したら、薄毛治療専門クリニックや皮膚科を受診して、医師に相談することをおすすめします。

・フケが大量に出る

・髪にコシやハリが無くなり、極端に細い毛や枝毛が目立つ

・頭皮にかゆみや赤みがある

・細く短い抜け毛が多い

必ずとはいえませんが、こういった症状は薄毛の前兆である可能性があります。例えば細く短い抜け毛が多いようなら、AGA(男性型脱毛症)の影響でヘアサイクルに乱れが生じているのかもしれません。薄毛に悩む成人男性の多くは、AGAの影響を受けているといわれています。心配な方は、お近くのAGA専門クリニックに相談してみましょう。頭皮の炎症やフケが気になる場合であれば、皮膚科を受診して適切な処置を受けるとよいでしょう。

生活習慣を改善して薄毛を予防しよう

寝癖を治すために何気なくおこなっている生活習慣のなかにも、頭皮環境に影響を与えかねないことがいくつかあります。髪を乾かさずに眠ることもそのひとつ。薄毛のリスクを少しでも減らせるよう、就寝前にはしっかりと髪を乾かしましょう。

また生活習慣やストレスが原因で起こる薄毛もあります。この機会に食事や睡眠、運動などの基本的な生活を見直してみると良いでしょう。

東京 秋葉原に位置するAGAヘアクリニックでは、患者さま一人ひとりのお悩みに沿った治療方針を提案しております。カウンセリングや診察料は無料のため「話をきくだけ」という利用も可能です。AGAは進行性の疾患なので早期治療が改善のカギとなります。薄毛にお悩みの方は、ぜひ一度当院までご相談ください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
治療用シャンプーの効果