このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】ストレスをためると危険? 薄毛との関係性とは

生活ケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

薄毛や抜け毛の症状を引き起こす要因として、日頃のストレスも多少の関連があるといわれています。特に近年は“ストレス社会”と呼ばれるほど、仕事や人間関係などに強いストレスを感じている人が多い傾向にあります。ストレスは人それぞれに感じ方や感じる強さが異なりますが、性格によってはよりストレスを感じやすい状態を自ら作り出してしまう人もいます。昔からよくある噂で怒りっぽい人はハゲやすいという言葉を聞きますが、果たして性格によって薄毛になる確率は上がるのでしょうか?

薄毛は性格と関係する?

抜け毛の原因は様々ありますが、AGA(男性型脱毛症)の場合は男性ホルモンが大きく関係しています。5αリダクターゼという酵素とテストステロンという男性ホルモンが結合した結果、強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)と化し、育毛サイクルを狂わせることで抜け毛を引き起こします。そのためAGAによる抜け毛や薄毛の場合には、直接性格に基づいて発症した薄毛という科学的根拠は成立しません。

しかしストレスを感じた時に分泌されるホルモンの一種である“コルチゾール”に、男性ホルモンの分泌を増やす作用があるといわれています。そのため常にイライラしたストレスの溜まりやすい性格や、怒りっぽい性格の人は薄毛になりやすいという説があるのです。

このストレスホルモンといわれるコルチゾールは、ストレスを感じた時に分泌されやすいことや、コルチゾールの分泌によって男性ホルモンが増加するという事実に関しては科学的根拠があります。したがって性格によってはストレスを感じやすく、コルチゾールも分泌されやすい体質の人も存在することが考えられ、間接的には薄毛に繋がる可能性が高くなるともいえるようです。

ストレスと育毛との関係は?

人にはそれぞれ生まれ持った性格があり、どうしてもストレスを感じやすい性格の人は少なくありません。しかしそのストレスがAGAの脱毛症状だけでなく、他の脱毛症を助長する要因に繋がることもあります。

ストレスを感じると育毛が妨げられる可能性が高くなることが考えられます。その理由の一つが血行不良です。健康的な髪の毛を生成するにはたんぱく質や亜鉛、ビタミン類などの栄養素が必要で、これらの栄養素は血液と一緒に運びこまれていきます。そのため血流が良好であることが重要ですが、ストレスを感じてしまうことで人は興奮状態となってしまい、血流も悪化しやすくなります。その結果、髪の毛に必要となる栄養素が正常に行き届かなくなり、育毛を妨げる可能性が高くなってしまうことがあるのです。

また、人には自律神経があり、交感神経と副交感神経といわれる2つの神経が作用しています。副交感神経は主にリラックス状態にある時に優位に働き、交感神経は緊張状態や興奮状態の場合に活発に働くようになっています。この2つの神経のうち、どちらか一方だけがよく働いている状態が自律神経の乱れです。自律神経の乱れが続くと自律神経障害となり、抜け毛を引き起こす原因となる可能性もでてきます。

このようにストレスを感じやすい性格の方は、普段から自律神経の“交感神経”が働きがちな状態でもあるため、円形脱毛症や薄毛、抜け毛などの症状が進行しやすいともいわれています。

ストレスをためやすい性格とは?

一概には言い切れませんが、次のような人はストレスをためやすいといわれています。何事についても几帳面で完璧主義の人や、マイナス思考で物事を悪く捉えてしまいやすい人は注意が必要です。日常の些細な出来事でもマイナスに捉えてストレスを感じやすくなります。また自分の思い通りにいかないことでストレスや不快感がたまり、それが怒りっぽい性格の元になることもあります。過度なストレスはうつ病や自律神経失調症を引き起こす原因になることもあり、うつ病にかかる患者さんの数も年々増加しています。

ストレスを軽減できる呼吸法

ストレスは健康によくないことはわかっていても、いきなりストレスを感じにくい性格にすることはなかなか難しいでしょう。これまでマイナス思考だった性格を今日から急にプラス思考に変えることは大変かもしれません。

そこで性格の変化ではなく呼吸法を意識することで、ストレスを少しでも軽減しやすい環境を作る方法をご紹介します。

日本人メジャーリーグ選手や世界的IT企業のトップなど、著名人が取り入れているという「マインドフルネス(瞑想を行う呼吸法)」があります。マインドフルネスはハーバード大学のアンドリュー・ウェイ教授が考えだした呼吸法です。まず口を閉じ、4つ数えながら鼻から息を吸い込みます。その後、息を止めた状態で7つ数えます。最後に8つ数えながら口から息を全て吐きます。こうした4、7、8という秒数を数えて行うことから「4-7-8呼吸法」とも呼ばれています。呼吸がゆっくり整うことで副交感神経が優位になり、自然とストレスが軽減されていく効果があるといわれています。

ストレスの影響はあなどれない

多少のストレスを日常的に感じるということは、気持ちの上下運動としても少しは必要な要素です。しかしストレスを過剰に感じてしまい、ため込むことは人間にとってよい影響を及ぼすものではありません。

薄毛や抜け毛だけでなく、精神面においてもストレスによって引き起こされる悪影響は大きいと考えられます。日頃から物事の捉え方をプラス思考にしたり、ご自身がリラックスできる呼吸法などを見つけて、なるべくストレスをためにくい環境を作っていきましょう。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について