このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】合わない枕は薄毛を招く? 睡眠不足や生活習慣による育毛への影響

生活ケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

睡眠は人間の健康にとって非常に重要な要素の一つです。この睡眠の質の違いによって人間の体のあらゆる部分の成長度合いが変わってきます。その睡眠の質には普段眠る時に使用している枕も関係していることをご存知でしょうか。また、睡眠は髪の毛の成長や発毛にも関わってくるため、良質な睡眠を招きやすい枕を選ぶことが大切です。今回のAGAタイムスでは睡眠と薄毛の関係性や良い睡眠をとるための枕の基準、さらに快眠するための方法についてご紹介します。

睡眠不足と薄毛との関係

睡眠不足は生活習慣の乱れやストレス、あるいは体に合わない枕やマットレスなど、様々な原因によって引き起こされます。場合によっては睡眠不足が間接的に薄毛や抜け毛を招くケースもあります。

髪の毛は毛乳頭の指示により毛母細胞が分裂してできるものです。髪の毛はある一定の期間を過ぎると自然に抜け落ち、そこからまた新しい髪の毛が生えるサイクルを繰り返しています。これをヘアサイクルと呼びます。

睡眠不足になると細胞が衰えていくためこのヘアサイクルが乱れ、結果的に抜け毛が増えてしまい薄毛に繋がる可能性があります。さらに睡眠不足は体や脳にとっても大きなストレスです。過剰なストレスがかかるとホルモンバランスが崩れます。それによって頭皮環境にも乱れが生じ、髪の毛の正常な発毛や成長を妨げてしまう恐れがあります。

睡眠をとる際に気をつけるポイントとは?

健康のみならず薄毛・抜け毛対策にも大きな影響を及ぼすとされている睡眠ですが、発毛や育毛のためには一体どんな睡眠が理想的なのでしょうか。

まず第一には睡眠時間をしっかり確保することが大事です。成長ホルモンは眠りに落ちてから30分〜3時間の間で最も多く分泌される傾向にあります。そのため睡眠時間は最低でも継続して3時間以上とることが理想的とされています。また、眠る前にシャワーを浴びる方が多いと思いますが、その際には必ず髪を乾かすようにしてください。頭皮や髪を濡れたままにしておくと、雑菌が繁殖しやすくなり、フケの増加や頭皮の健康状態を悪化させることになります。放っておくと最悪の場合には抜け毛や薄毛に繋がりますので、ベッドに入る前にきちんと髪を乾かしておきましょう。

快適な睡眠をサポートできる枕選びの基準

快適な睡眠を招くためには寝具選びにもこだわり、寝る環境を整えた方がよいでしょう。マットレスや布団など寝具にも様々な種類がありますが、睡眠の質を左右するものの一つが枕です。

枕は硬さや柔らかさ、大きさなど使う人によって心地よいと感じるポイントが異なるため、この基準が一番だと言い切ることはできませんが、基本的には「高さ」「素材」の2つの項目を意識して選ぶとよいでしょう。

特に気を付けたいのが「枕の高さ」です。自分の体に合わない高さの枕を使っていると、睡眠不足だけでなく腰痛や頭痛などの症状も引き起こしかねません。高さの目安は体格の差によってまちまちですが、男性なら2cm〜5cm程度、女性なら1cm〜3cm程度が目安とされています。

次に「素材」ですが、頭皮や髪の毛のためには吸水性や通気性に優れた枕がよいとされています。枕の通気性や吸水性が悪いものだと頭皮が蒸れやすく、雑菌が繁殖しやすくなる恐れがあります。頭皮の環境が悪化すると薄毛や抜け毛の原因に繋がってしまうので、夏の熱帯夜にも対応できるような通気性や吸水性に優れた枕を選ぶことで、このような脱毛リスクの軽減が期待できます。

睡眠の質をあげる方法とは?

髪の毛の正常な発毛や育毛のためには、よりよく成長ホルモンが分泌されるようにしっかりと質のよい睡眠をとることが重要です。睡眠の質をあげるためにはいくつか方法がありますが、眠る前に手軽に実践できる方法をご紹介します。

快適な眠りにつくために重要なのが自律神経です。この自律神経を上手にコントロールすることで、質のよい睡眠をとることができます。しかし自律神経は筋肉などと違って、自分の意思で自由にコントロールすることはできません。しかし眠る前に睡眠を誘う動作を習慣づけることで、自律神経に対し「これから眠るぞ!」というサインを送ることなら可能です。

たとえば夜眠る前に1杯の水を飲むことを習慣にしてみましょう。睡眠中は汗をかくので、体温を下げて深い眠りに入っていくことができます。しっかりと汗をかく前に水分補給することで、質のよい睡眠をとりやすくなります。毎日続けることで入眠前の習慣となり、自律神経が体を休ませる準備をしやすくなるでしょう。

また、眠る前にスマートフォンではなく読み終わった本に再度目を通してみるのも一つの方法です。眠る前にテレビやパソコン、スマートフォンの画面を見ると、脳が興奮し寝付きにくくなります。その代わりに、過去に読み終わった本に再び手を伸ばしましょう。脳にとって既視感のある文章を読むことはそれほど負担になりません。

入眠前にアロマの香りを楽しむことも効果的です。嗅覚は脳に深く結びついており、よい香りを嗅ぐことで頭のなかをリラックスさせることができます。寝付きの悪い方は眠る前に「早く眠らなくちゃ」と焦ることがあります。このような焦りはストレスになり、睡眠には逆効果です。眠れないときは深呼吸をしストレッチなどで気分を落ち着かせましょう。寝具をふわふわとした柔らかいものに変えるだけでも、心が落ち着きやすくなります。多角的なアプローチで安眠を手に入れましょう。

睡眠前の髪への注意点

睡眠前にお風呂やシャワーを浴びた際の髪の毛への注意点として、髪の毛はきちんとドライヤーで乾かした状態で眠るようにしましょう。先述したとおり、髪の毛をドライヤーで乾かさず、自然乾燥してしまうことは髪の毛へのダメージとなってしまうことや湿気となり菌が増加しやすくなってしまいます。睡眠前やそうでない場合でも自然乾燥は避け、髪の毛はドライヤーできちんと乾かし濡れたままで放置をしないようにすることが大切です。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックTOPへ
女性専用の薄毛治療について