このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

『血液型ダイエット』が教える育毛にいい栄養素は? A/B/O/AB型に合う食材まとめ

生活ケア

皆さんは『血液型ダイエット』をご存じですか? 血液型によって違う体質に合う食材を取りれるダイエット方法で、効率よく摂取できる栄養素を知る参考にもなります。そこで今回は、血液型ダイエットが教える血液型別に合う食材を、育毛に有効とされる栄養素と合わせてご紹介していきます。

血液型ダイエットとは

血液型ダイエットとは、臨床に携わる医師であるアメリカのピーター・J・ダダモ博士が考案したダイエットメソッドで、“自分の血液型に合う食事を摂ることで健康的に痩せる”ことを目的としています。血液型ダイエットは広く注目を集め、現在では血液型に合うダイエットサプリメントも考案・販売されています。

このメソッドによると、血液型によって消化しやすい食材と消化しにくい食材があり、“自分の体質に合った食材を摂取することで、消化機能への負担を軽減させることができる”とされています。またこれによって免疫力が上昇すると、美肌・美髪にも繋がるといわれています。では血液型ダイエットのメソッドでいう所の「自分の体質に合う食材」とは、どのようなものなのでしょうか?

A型:農耕民族タイプ

血液型ダイエットでは、A型は計画的に作物を育てる農耕民族を先祖とするといわれています。このためA型は野菜や穀物、果物などを中心とした食事が合っており、植物性の食材を消化する酵素が多いのが特徴といいます。反面、肉類や乳製品などの動物性食材は消化しにくいといわれています。

【A型と相性が良いとされる食材】

  • 肉類:鶏肉
  • 魚介類:タラ、サバ、鮭、イワシ
  • 野菜類:ブロッコリー、ほうれん草、かぼちゃ、人参、玉ねぎ、にんにく、生姜
  • 穀類:米粉、玄米、蕎麦
  • 豆類:大豆製品、小豆
  • 乳製品:モッツァレラチーズ、ヨーグルト
  • 種実類:ピーナッツ
  • 果実類:レモン、グレープフルーツ、ぶどう、パイナップル、いちじく など

【A型と相性が良くないとされる食材】

  • 野菜類:キャベツ、ナス、しいたけ
  • 肉類:牛肉、豚肉
  • 魚介類:うなぎ、えび、いか
  • 穀類:小麦粉
  • 豆類:ひよこ豆
  • 乳製品:牛乳、バター
  • 果実類:バナナ、マンゴー、オレンジ など

【育毛におすすめの食材】

上記の中で育毛にオススメの栄養素を摂るなら、下記の食材がオススメです。

・ブロッコリー、人参、かぼちゃ、玉ねぎ、生姜など野菜類
これらの野菜にはビタミン類やβカロテンが多く含まれています。ビタミン類は髪の毛を育てる成分として欠かせない栄養素です。またβカロテンは新陳代謝を促す働きがあり、頭皮環境を整えることが期待できます。
・タラ
タラには髪の毛の主成分となるタンパク質が豊富に含まれています。白身魚のタラは、カロリーも低いので、ダイエットの食材としてもいいでしょう。
・ピーナッツ、イワシ
ピーナッツやイワシには亜鉛が多く含まれています。亜鉛は育毛に欠かせないミネラルであり、髪の毛や頭皮を健やかにする効果が期待できます。
・納豆などの大豆製品
大豆に含まれるビオチンには毛細血管を丈夫にする働きがあるといわれており、毛母細胞へ栄養を送るための血管を強くしてくれることが期待できます。また大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと同じような構造をもち、頭皮や髪の毛にツヤを与える働きが期待できます。
・オリーブオイル
オリーブオイルに多く含まれるビタミンEは、血液をサラサラにする効果があります。頭皮の血流を良くすることで、育毛環境の改善にも効果が期待できるでしょう。
・グレープフルーツ、レモン
ビタミンCやクエン酸が豊富なグレープフルーツやレモン。ビタミンCには頭皮に必要なコラーゲンの生成を助け、髪の毛の元となる毛母細胞を活性化させる働きが期待できます。免疫力アップの効果もあるので育毛環境を良くする働きも期待できます。またクエン酸は鉄や亜鉛、マグネシウムなど育毛に必要なミネラルの吸収を助ける働きがあります。

B型:遊牧民族タイプ

血液型ダイエットでは、B型は様々な環境に柔軟に対応できる遊牧民族を祖先にもつとされています。消化器や免疫力が強く、消化酵素の分泌も活発といわれています。B型は比較的幅広い食物に適応できるとされていますが、油脂が苦手な傾向にあるため肉類を摂取する際には、脂身の多い部分を避けましょう。

【B型と相性が良いとされる食材】

  • 野菜類:ブロッコリー、ピーマン、人参、白菜、キャベツ、さつまいも、生姜、しいたけ
  • 肉類:赤身肉(ラム、マトン、牛肉)
  • 魚介類:タラ、カレイ、鮭、イワシ、サバ、サンマ
  • 穀類:米、玄米、オート麦、きび
  • 豆類:インゲン豆
  • 乳製品:カッテージチーズ、全乳
  • 種実類:くるみ
  • 果実類:バナナ、ぶどう、パイナップル、プラム など

【B型と相性が良くないとされる食材】

  • 野菜類:トマト、とうもろこし、かぼちゃ、緑豆もやし、カイワレ
  • 肉類:鶏肉、豚肉、うずら
  • 魚介類:カマス、ブリ、ハマグリ、えび、かに、たこ
  • 穀類:うどんなどの強力粉製品、パスタ、小麦粉、蕎麦
  • 豆類:豆腐、小豆
  • 乳製品:ブルーチーズ、アイスクリーム
  • 種実類:ピーナッツ、ごま
  • 果実類:アボカド、ココナッツ、ざくろ、柿 など

【育毛におすすめの食材】

B型に合う食材の中で、育毛に良い食材をピックアップしました。

・ブロッコリー、人参
緑黄色野菜にはビタミン類やβカロテンが多く含まれています。βカロテンは頭皮の皮脂分泌を整え、細胞分裂を助ける働きがあります。またビタミンによる抗酸化作用は、加齢などの原因とされる活性酸素を抑制する働きもあるため、薄毛・老化対策にも有効といえるでしょう。
・タラ、モッツァレラチーズ、ヨーグルト
B型は他の血液型と比べて乳製品を消化する働きが特に強いとされており、乳製品から髪の毛の元となるタンパク質を摂取するのが良いでしょう。
・くるみ、いわし、ほうれん草
前述の通り亜鉛や鉄分などのミネラルは、髪の毛の生成に欠かせない栄養素です。また育毛環境を間接的にサポートしてくれる健康な体を維持するためにも必須の成分となるため、積極的に摂取をすると良いでしょう。

O型:狩猟民族タイプ

血液型ダイエットでは、O型は肉類を中心に食事をしてきた狩猟民族を祖先にもつといわれています。消化器や免疫は強いですが、環境の変化には対応しにくく、胃酸の分泌も活発な傾向にあるとされています。狩猟をしていたことから動物性タンパク質を消化するのが得意である反面、穀類などを消化するのは苦手といわれています。

【O型と相性が良いとされる食材】

  • 野菜類:ブロッコリー、オクラ、ほうれん草、かぼちゃ、カブ、さつまいも
  • 肉類:牛肉、レバー、マトン、ラム
  • 魚介類:タラ、ブリ、鮭、ニシン、サバ、青魚、海藻類
  • 穀類:米、ライ麦
  • 豆類:小豆
  • 乳製品:バター
  • 種実類:かぼちゃの種、くるみ
  • 果実類:バナナ、いちじく、プラム など

【O型と相性が良くないとされる食材】

  • 野菜類:ナス、白菜、キャベツ、じゃがいも、しいたけ
  • 肉類:豚肉
  • 魚介類:カマス、巻貝、たこ
  • 穀類:小麦製品全般、パスタ、蕎麦
  • 豆類:インゲン豆
  • 乳製品:ヨーグルト、チーズ、全乳、アイスクリーム
  • 種実類:ピーナッツ、カシューナッツ
  • 果実類:オレンジ、リンゴ、いちご、みかん、アボカド など

【育毛におすすめの食材】

O型に合う食材の中で、育毛が期待できる食材を紹介していきます。

・牛肉の赤身
動物性タンパク質を消化するのが得意とされるO型は、肉類から髪の毛の元となるタンパク質を摂取すると良いでしょう。ただし、豚肉との相性は良くないとされているため、その他の肉類を中心に摂取するのが良いでしょう。
・海藻類、いちじく
海藻類やいちじくには、育毛に良いとされるミネラルが多く含まれています。海藻類のもずくや昆布にはフコダインという育毛剤にも使われている栄養素が含まれています。また、いちじくには抗炎症作用があるので、頭皮トラブルの解消に期待がもてます。
・ブロッコリー、ほうれん草
ブロッコリーやほうれん草に含まれるビタミン類やβカロテンは、髪の毛を健康的に育てるために必要な栄養素です。

AB型:農耕民族+遊牧民族タイプ

AB型は諸説によると千年前に登場した新しい血液型といわれており、血液型ダイエットでは A型とB型の両性質を併せ持ち、適応能力が高いタイプとされています。合う食材に関してもA型とB型の相性の良い食材が適しており、野菜類や魚介類、豆類との相性が良いため、バランスよく摂取することが大切です。ただしA型と同様に胃酸の分泌が比較的少ないため、肉類の消化は苦手な傾向にあるといわれています。

【AB型と相性が良いとされる食材】

  • 野菜類:ブロッコリー、カリフラワー、セロリ、ナス、きゅうり、さつまいも、にんにく
  • 肉類:ラム、マトン、七面鳥
  • 魚介類:タラ、鮭、イワシ、マグロ
  • 穀類:米、玄米、オート麦、ライ麦
  • 豆類:大豆、白いんげん豆
  • 乳製品:ヨーグルト、カッテージチーズ
  • 種実類:くるみ
  • 果実類:レモン、グレープフルーツ、パイナップル、ぶどう、キウイ、さくらんぼ など

【AB型と相性が良くないとされる食材】

  • 野菜類:とうもろこし、ピーマン、しいたけ
  • 肉類:鶏肉、豚肉、牛肉
  • 魚介類:うなぎ、えび、かに、ハマグリ、ロブスター、タコ、カキ、巻貝
  • 穀類:蕎麦
  • 豆類:小豆、黒インゲン、赤インゲン
  • 乳製品:バター、全乳
  • 種実類:ヘーゼルナッツ、ごま
  • 果実類:バナナ、マンゴー、オレンジ、アボカド など

【育毛におすすめの食材】

AB型に合う食材の中で、育毛に期待がもてる栄養素を紹介していきます。

・タラ、まぐろ、カッテージチーズ、ヨーグルト
A型とB型の特性を併せ持つAB型は、魚介類や乳製品の両方からタンパク質を摂取すると良いでしょう。しかし肉類を消化するのが苦手な傾向があるため、肉類の摂取は控え目に。
・大豆製品
大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと同じような作用を持ち、美肌・美髪効果が期待できるため、男性はもちろん、女性にオススメの食材です。
・オリーブオイル、キウイ、ブロッコリー
オリーブオイルには多く含まれるビタミンEは強い抗酸化作用を持つことから、血流を改善させ育毛環境を整えたり、老化を予防する効果が期待できます。

血液型ダイエットが教えてくれること

血液型ダイエットによる相性の良い/良くないとされる食材は、あくまで“基準の一つ”であり、このメソッドが万人に当てはまるという根拠はありません。ですから「絶対に相性の良くない食材を控えなければならない」というわけではありません。しかし“栄養バランスを意識しながら食事を摂取する”ことは、健康維持や生活習慣病予防にも繋がり、育毛環境の改善に良い影響を与えることが期待できます。

しかし、食事の改善のみで発毛するというということは難しいでしょう。程よく運動をしたり、質の良い睡眠をとったり、ストレスを発散するなど、食事の改善と合わせて取り組めるとより効果が期待できます。また本格的に「発毛したい」と考えている方や抜け毛でお悩みの方は、早めに専門家に相談して根本的な改善を目指すことをオススメします。東京の秋葉原にある「AGAヘアクリニック」では、プライベートが守られた個室で無料でカウンセリングを受けることができます。まずはご自身の髪や頭皮にあった改善方法を詳しく知ることが大切です。ご相談のみでもお気軽にカウンセリングへお越しください。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックTOPへ
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療薬について