このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】電子タバコにも害はある!? 育毛を促すために知っておきたい知識

生活ケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

“喫煙=薄毛や抜け毛に繋がる”というわけではありませんが、一般的に吸われている「紙巻きタバコ」にはニコチンをはじめとする有害物質が含まれているため、体に悪影響を及ぼす可能性があります。育毛には健康な体を維持することも大切です。しかし「薄毛対策はしたいけれど、禁煙は難しい」という方は「電子タバコ」を検討してみると良いかもしれません。

電子タバコには“ニコチンが含まれていないもの”があり、禁煙の第一歩として電子タバコを始める人や、タバコによる影響を考慮して電子タバコに切り替える人が多い傾向にあります。しかし種類によっては“ニコチンを含む電子タバコ”もあるので注意が必要です。そこで今回のAGAタイムスでは、紙巻きタバコが体や育毛にもたらす影響と、電子タバコについて解説します。

紙巻きタバコが与える体への悪影響と薄毛との関係性

一般的な紙巻きタバコの場合、直接火をつけて煙を吸いますが、この煙にはニコチンや一酸化炭素など様々な有害物質が含まれています。タバコによる体への悪影響や育毛を阻害する要因とは、どのようなものなのでしょうか。

●ニコチンによる発がん性物質の生成と血管収縮作用

タバコの葉に含まれるニコチンには強い依存性があり、その威力はコカインなどの薬物と同程度、もしくはそれ以上ともいわれています。またニコチンが代謝されて生成される「ニトロソアミン」には発がん性があるといわれています。さらに発がん性物質は主流煙よりも副流煙に多いという報告もあり、タバコが喫煙者だけでなくその周囲の人にも悪影響を与える可能性が考えられます。

ほかにもニコチンが持つ強い血管収縮作用は毛細血管を収縮させて血圧を上昇させるため、高血圧や動脈硬化などの生活習慣病や血行不良を招きかねません。育毛に必要な栄養分や酸素は血液とともに毛母細胞まで運搬されますが、血行不良に陥ると体の末梢まで栄養や酸素が十分に行きわたらず、育毛が阻害される可能性があります。

●一酸化炭素による血液中の酸素不足

タバコの煙に含まれる一酸化炭素は、酸素よりも200倍も血液中のヘモグロビンと結びやすい性質があります。一酸化炭素を体内に取り込むことで、本来酸素と結びつくはずだったヘモグロビンが一酸化炭素と結びついてしまい、血液中の酸素が不足してしまう恐れがあります。

タバコを日常的に吸っている方の場合、“慢性的な酸素不足”になる恐れがあります。酸素が不足すると酸素を多く運ぼうと赤血球が増加し、血液がドロドロになって循環が悪くなる恐れがあります。これにより血行不良や貧血、動脈硬化などを引き起こす可能性もあるため、注意が必要です。また先に述べたように血行不良は育毛を阻害する恐れがあります。

●活性酸素によるビタミンC不足

タバコを吸って有害物質が体内に取り込まれると、それらから身を守るために体内で活性酸素が発生します。活性酸素を生成する際には体内のビタミンCを消費するといわれているため、喫煙を繰り返すことでビタミンCが不足する可能性もあります。

ビタミンCはタンパク質の一種であるコラーゲンの生成に必要な栄養素で、皮膚や粘膜を健康的に維持する働きをもっています。ビタミンCが不足することで体内のコラーゲンが減少すると肌が乾燥してハリやツヤを失ってしまうほか、発毛に関わる毛包幹細胞を維持できなくなり、薄毛や抜け毛の原因にもなりかねません。

ニコチンの有無は? 電子タバコのしくみ

電子タバコとは「装置を用いて発生させた蒸気を楽しむ製品」のことですが、電子タバコには大きく分けて2種類のタイプがあります。種類により含まれる成分にも違いがあるため、電子タバコを吸う場合はその違いを知っておくと良いでしょう。

●VAPE(ベイプ)

VAPEと呼ばれる電子タバコは、カートリッジやタンクに入った液体(リキッド)を霧状にして使用します。日本国内で販売されているVAPE用リキッドにはタバコの葉やニコチンが含まれておらず「タバコ製品」とみなされません。そのためニコチンやタールなどの有害物質による体への悪影響の心配が少なく、禁煙の第一歩としてタバコの代わりにVAPEを用いる人が増加傾向にあります。

国内で販売されているVAPEおよびVAPE用リキッドは医薬品ではないためニコチンが含まれている製品はありませんが、海外で販売されている電子タバコの中にはニコチンを含む製品も存在します。また「ニコチンを含まない」と表記されているにも関わらず、実際にはニコチンが含まれてる製品もあるようですので、海外製のVAPEを購入する際には注意が必要です。

●加熱式タバコ

加熱式タバコとは、タバコの葉を“加熱”させて発生した蒸気を楽しむものです。加熱式タバコには「タバコの葉を直接加熱するタイプ」と「加熱させたリキッドを霧状にしてタバコの葉を通過させるタイプ」があります。どちらも熱を利用しており火を使わないため、煙や臭いは極少量で灰が出ないという特徴があります。またタバコの葉を燃やさないため煙に含まれるタールの量は少なく、肺がんなどのリスクが紙巻きタバコに比べて低いといわれています。

これらのことから周囲への影響を考慮して、紙巻きタバコから加熱式タバコに切り替える人が多くいるようです。しかし加熱式タバコにはタバコの葉が使用されているため、従来の紙巻きタバコ同様にニコチンを含みます。またタールの含有量が少ないとはいえゼロではなく、体への影響は紙巻きタバコ同様にあるといえるでしょう。

自分の使用している電子タバコがどのようなタイプのものなのかを知っておくことは、自分と周囲の人にとって大切なことです。特に妊婦のいる家庭などでは注意しましょう。

育毛には生活習慣の改善が大切

近年、VAPEや加熱式タバコなどの電子タバコを利用している人は増加傾向にありますが、ニコチンやタールが含まれているものを使用している場合には健康への悪影響が考えられます。また>良好な育毛環境のためにはタールやニコチンが含まれていない電子タバコに切り替えるか、できれば禁煙することをおすすめします。

日常生活の中で育毛を妨げる可能性のある行動は、喫煙以外にもあります。例えば食生活の偏りや運動不足、睡眠不足などによる生活習慣の乱れによっても育毛が阻害される可能性があります。「将来、薄毛にならないか不安」という方は禁煙を開始したり、生活習慣を見直して健康な体づくりからはじめてみてはいかがでしょうか。

薄毛の改善に取り組みたいなら治療が有効

禁煙をはじめ生活習慣の改善は育毛環境を整えるために大切なことですが、「もっと具体的な薄毛対策をしたい」という方は 薄毛治療を行なっている専門クリニックなどへ相談してみることをおすすめします。薄毛に悩む日本人男性に多いといわれているAGA(男性型脱毛症)は進行性の疾患です。早めに予防や治療を開始することが将来の薄毛予防に繋がります。

東京の秋葉原にあるAGAヘアクリニックでは、無料カウンセリングで薄毛のお悩みをしっかりと伺ってから、診察で一人ひとりに合った治療をご提案しています。カウンセリングから診察、お会計までプライバシーを守れる個室で対応しております。薄毛が不安という方はぜひお気軽にご相談ください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックTOPへ
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療薬について