このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【薄毛は老けて見える?】老けた印象を変える改善法

生活ケア

自分が「老けたな」と思うシチュエーションは人によってさまざま。その中でも「薄毛になってきた」「白髪が増えた」など目に見えて分かる変化は周りからも「老けた」という印象がつきやすい傾向にあるため、髪の毛は見た目の年齢を操作するといっても過言ではありません。そこで今回のAGAタイムスでは、薄毛や老化予防のために実践しておきたい髪の毛のケア方法などをご紹介します。

薄毛は「老けた」と思われやすい?

薄毛の男性の中には「家族に老けたといわれた」「同年代と比べると自分は老けて見える」という人もいるようです。確かに「白髪が増えた」「髪の毛にコシがなくなってきた」「毛量が減った」などの変化は見た目から分かりやすいため、髪の毛は見た目の年齢を操作しやすいといえるでしょう。

髪の毛は頭皮にある毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことで生成されますが、年齢を重ねるごとに細胞分裂がスムーズに行われなくなってしまいます。そうなると髪の毛の生え変わりの周期(ヘアサイクル)が乱れ、ハリやコシのない髪の毛が生えたり、髪の毛が十分に成長しないまま抜け落ちてしまったりするのです。

また薄毛の成人男性のほとんどが該当するとされるAGA(男性型脱毛症)は、壮年期の男性だけでなく20代や30代の若年者も発症するといわれています。AGAは悪玉男性ホルモンがヘアサイクルに悪影響を及ぼし、髪の毛が十分に成長しないまま抜け落ちたりすることで発症します。AGAは進行性の疾患のため、薄毛を予防するためには早いうちからケアをすることが大切なのです。

食生活を改善して育毛に適した体づくりを

薄毛の種類はさまざまですが、その発症原因として食生活の偏りや運動不足などによる生活習慣の乱れやストレスも要因の一つ。食生活が偏り栄養不足に陥ると、頭皮にまで栄養が十分に行き渡らず育毛に悪影響を及ぼす可能性があります。また栄養不足は白髪の原因の一つとして考えられているため、栄養バランスの整った食事を摂取することで薄毛や白髪の予防に期待できるでしょう。

食生活の改善は肥満傾向にある方にもおすすめです。若いうちからAGAを発症した男性は肥満の傾向にあるとされるほか、AGAの症状が深刻である患者はBMI数値が高い場合が多いともいわれています。つまり肥満度が高いとAGAの進行リスクが高まる可能性があるのです。肥満傾向にある場合は脂っこい食事を避け、ビタミンが豊富な野菜やたんぱく質を多く含む大豆や卵などをバランスよく摂取するようにしましょう。

頭皮ケアで育毛促進!

太くコシのある髪の毛を育てるには、健康な頭皮を維持することも大切です。頭皮の毛穴詰まりや頭皮の血行不良などをそのままにしておくと、頭皮環境が悪化して薄毛や抜け毛といった症状を招く可能性があります。毛穴詰まりを防ぐためにシャンプーの際は頭皮をマッサージするようにやさしく洗い、しっかりとお湯ですすぐようにしましょう。また美容室で頭皮マッサージや頭皮洗浄といった施術を受けるのも良いかもしれません。

また、髪の毛の乾かし方にもこだわりましょう。特に男性の場合「髪の毛を乾かすのが面倒でタオルドライなどで適当に乾かしている」という人は少なくないはず。しかし、たかが髪の毛を乾かすだけと侮ってはいけません。実は乾かし方一つで髪の毛をふんわりとしたボリュームのある髪の毛に演出することができるのです。髪の毛を乾かす際はまずタオルドライで濡れた髪を優しく乾かし、ドライヤーを用いて根元から毛先に向かって乾かしていきましょう。

抜け毛や薄毛にお困りの方は「AGAヘアクリニック」へ

東京の秋葉原にあるAGAヘアクリニック(以下、当院)では、AGA治療薬をはじめ女性の薄毛にも効果が期待できるお薬やオリジナルの栄養補助剤など、専門クリニックならではの治療薬を多数ご用意しております。カウンセリングや診察は無料で実施しているため、費用はなるべく抑えたいという方も安心。「髪の毛の量を増やしたい」「若々しさを取り戻したい」そんな方は、当院で薄毛の根本治療を開始しませんか?

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療について