このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

夏本番!【日差しvs汗】髪により悪いのはどっち!?

生活ケア

暖かい春が過ぎるといよいよ日照りが強くなる夏本番がやってきます。夏ならではの強い日差しや溢れ出す汗が気持ちいいと感じる方もいれば、暑い夏はちょっと苦手…という方もいるでしょう。

刺激が強い真夏の日差しや大量にかく汗は髪や頭皮の大敵にもなりかねません。この日差しと汗、「夏場はしっかりと対策を!」とよくいわれますが、より髪や頭皮に悪影響を与えるのはどちらなのでしょうか。今回のAGAタイムスは夏の日差しと汗が及ぼす髪や頭皮への悪影響と、その解決策をご紹介します!

日差しによる髪や頭皮への影響

夏の日差しが及ぼす髪や頭皮へのダメージは主に日差しに含まれる紫外線の影響によるものだといわれています。紫外線が頭皮などの「皮膚」に及ぼす影響はとても大きいもの。頭皮や顔、体が日焼けをして赤くなったり黒くなったりするのも紫外線の強い影響によるものです。

紫外線は波長の長さによってUV-A、UV-B、UV-Cの3つに分類されています。この中でも最も皮膚に影響を及ぼすと考えられているのが長い波長のUV-Aです。UV-Aは皮膚の奥にある真皮にまで届き、毛母細胞や毛包幹細胞などを損傷する恐れがあるため抜け毛や薄毛の原因にもなりうるといわれています。

一方でUV-BはUV-Aより波長が短く真皮にまでは届かないものの生体に与える影響は大きいとされており、表皮細胞やDNAを損傷させ皮膚炎などの皮膚トラブルを引き起こすことも。またUV-Cは波長が最も短く地表にまで到達しないため今のところ生体には何の影響もないといわれています。

また紫外線はUV-Aが真皮にまで届くことで髪の淡色化にも繋がるといわれています。紫外線によって毛包幹細胞がダメージを受けると髪に色をつける色素幹細胞にも影響が及ぶため髪が淡色化し白髪などの原因にもなりうると考えられているのです。

汗による髪や頭皮への影響

頭皮にかく汗は頭皮環境の悪化に繋がる恐れがあるといわれています。汗をかくこと自体は健康的で良いことですが、汗をかいたまま放置することで頭皮トラブルを起こす可能性があるのです。

頭部には髪があるため汗をかいたまま放置していると蒸れて菌が繁殖しやすくなることがあります。また汗とともに出た皮脂が酸化すると刺激の強い「過酸化脂質」に変化し、かゆみや炎症に発展する恐れがあるともいわれています。頭皮にかゆみや炎症が起こって悪化すると抜け毛の原因にもなりかねません。汗が髪自体に影響を与えることはほとんどないといえますが、頭皮には影響をおよぼすことが考えられるのです。

また30代以降の“ミドル層”は頭部にかく汗とともに出る皮脂でニオイを放つ恐れがあるといわれています。ミドル層に多い頭部のニオイの原因は「ジアセチル」というニオイ成分で、このニオイは通称「ミドル脂臭」と呼ばれています。このジアセチルのニオイを予防するためにも汗や皮脂に対する対処が必要といえるでしょう。

【結論】日差しと汗はどちらも髪には良くない

夏の日差しと汗、それぞれが異なる理由により髪や髪を育てる基盤の頭皮に悪影響をもたらす恐れがあるといえます。日差しは抜け毛や髪の淡色化に繋がり、汗はかゆみや湿疹など頭皮環境の悪化に繋がる可能性があります。そのため髪を守るには日差しと汗のどちらの対策もしっかりと行なったほうが良いといえるでしょう。

日差しによる髪や頭皮への影響を防ぐには

日差しによる髪や頭皮への影響を防ぐには、まず紫外線から頭部を守ることが大切です。紫外線から頭皮を守るには、季節を問わず帽子を被ることが有効であるといえます。帽子は夏でも冬でもきちんと頭部の汗を拭き頭皮が蒸れないようにしておくことで頭皮環境の悪化や抜け毛の予防に有効的な紫外線防止アイテムになります。

夏場の紫外線には紫外線予防のUVカット付き日焼け止めスプレーなども有効であるといえます。ただし日焼け止めには紫外線を防ぐための刺激の強い成分が含まれていることが多いため髪や頭皮にも使用可能なタイプのものを選びましょう。

また夏の強い日差しを浴びないためには日差しが強い時間帯の外出を避けるなどの対策も有効です。すでに外出中でも日差しの強い日中の時間帯だけは室内に入るなど、強く降り注ぐ紫外線から身を守ることが最も大切なのです。

汗による影響を防ぐには

汗による頭皮への影響を防ぐには意識的にケアをすることが大切です。まず汗をこまめに拭き取る習慣をつけましょう。特に夏の暑い時期には大量の汗や皮脂が頭皮から溢れ出ます。汗や皮脂を拭き取り常に清潔な状態を保つことで汗による菌の繁殖や皮脂による頭皮トラブルを未然に防ぐことができるのです。

また毎日きちんとシャンプーをすることやシャンプーの洗い残しがないよう念入りにすすぐことも大切です。シャンプーの洗い残しは頭皮トラブルの原因にもなりやすいためしっかりとすすぎを行なうことが重要です。ただしシャンプーのしすぎは皮脂の過剰分泌を招き頭皮環境の悪化に繋がりやすいため、1日1回に留めるなどして注意しましょう。

もし頭皮環境が悪化してしまったら

もし夏場に頭皮環境が悪化したり抜け毛が増えたりしたら、強い日差しに含まれる紫外線や大量にかく汗による影響かもしれません。しかし頭皮環境の悪化や抜け毛には様々な原因があるため決して日差しや汗のせいだけとは言い切れません。自分自身で頭皮のかゆみや湿疹に気付いたり抜け毛が増えていることに気付いたりした場合には、すでに何らかの症状が進行している可能性があります。

乾燥によるかゆみなのか菌の繁殖によるかゆみなのか、紫外線による抜け毛なのかAGA(男性型脱毛症)などの抜け毛の症状なのかなど、髪や頭皮のトラブルに関する様々な要因は素人の判断では見分けがつきません。そのため何かしら頭部に異変を感じたら、すぐに医療機関で診察を受けることをお勧めします。

特に抜け毛に関することは、頭皮や抜け毛に詳しい医師が在籍しているAGA治療専門のクリニックへ行くと良いでしょう。現在のかゆみや抜け毛の症状が何によるものなのか、原因を診断してもらうことで治療薬や治療用シャンプーなどを用いた改善も可能になります。

東京・秋葉原にあるAGAヘアクリニック(以下、当院)には頭皮や抜け毛に関する知識や治療実績が豊富な医師が在籍しています。診察は無料で行なっておりますので、頭皮トラブルや抜け毛のお悩みがある場合には季節に関わらず一度当院へ診察にいらしてみてください。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックTOPへ
AGAヘアクリニックの特徴へ

髪の毛でお悩みの方

長濱ねるの料金表へ
女性専用の薄毛治療について