このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

【医師が教える】「運動」がもたらす「育毛」への影響とは

生活ケア

「運動不足で薄毛になる」という噂を耳にしたことがある方も少なくないかもしれませんが、運動不足が直接的に関与して薄毛を発症するということはありません。

それでも運動がもたらす様々な効果は、育毛にとって良い影響を与えると考えられています。そこで今回のAGAタイムスでは、身体の健康維持にも有用とされている運動がもたらす「育毛への影響」について詳しく解説します。

育毛とは

健康な髪の毛を育てることを「育毛」といいます。育毛には血液循環や頭皮環境、栄養や睡眠など、様々な環境要因が関わっているとされています。そのため、それらの環境要因が整っていれば育毛が促進され、太く丈夫な髪の毛が育っていくことが考えられます。育毛は既に生えている毛に対して成長を促すことを指すため、毛が生えていない部分に新しい毛を生やす「発毛」とは異なります。

運動が身体に与える影響

運動には様々な種類がありますが、どのような運動も基本的には血行促進や体力向上など身体に良い影響があります。

【運動で得られる身体への影響】

  • ・血行促進
  • ・体内機能の活性化
  • ・老化予防
  • ・ストレスの緩和
  • ・筋力や体力の向上
  • ・脂肪の燃焼 など

日本では厚生労働省により「健康づくりのための身体活動基準・指針」が定められているほど健康に対する運動の重要さが示されており、身体活動量が多い人や運動を頻繁に行う人は様々な病気の罹患率が低いことなどが認められています。

記事の詳細を見る

運動から得られる育毛効果とは?

育毛を促進させ丈夫な髪の毛を育てるには、身体の健康状態が万全であることが大切だといわれています。

まず育毛に必要とされる栄養や酸素は血液とともに体内を巡り、頭皮の毛細血管まで届いています。そのため血行不良になると栄養や酸素が頭皮の毛細血管にまで十分に届かず、正常な育毛が行われない可能性もあります。

さらに運動にはストレス解消効果も期待できます。過度のストレスは血行不良や内臓機能の低下、ホルモンバランスの乱れなどの体調不良を引き起こし、正常な育毛を妨げる要因になりかねません。適度な運動には、神経伝達物質の「セロトニン」を活性化させ、精神状態を平常に保つ効果があると考えられています。

また運動による脂肪燃焼効果によって肥満度を低下させることは「AGA(男性型脱毛症)」の予防になることが期待できます。これは「早期発症のAGA患者は肥満率が高い」という報告が存在し、重症のAGA患者はBMI(肥満度)が有意に高値になることがある、と考えられているからです。

これらのことから、運動によって得られる様々な効果は、健康な身体を維持するために重要であるため、運動は間接的に育毛に良い影響を与えると言えるでしょう

気になる薄毛はAGAかもしれない!?

育毛を望む人の中には、薄毛を気にしている人も少なくないかもしれません。薄毛に悩む成人男性のほとんどはAGAだとされており、AGAによる薄毛は額の生え際や頭頂部から抜け毛が進行していきます。AGAかもしれないと不安な方は、早めに医師の診察を受けることをお勧めします。

運動で得られる血行促進効果は確かに育毛に良い影響が期待できます。しかしAGAを既に発症している場合、育毛の促進だけでは抜け毛の進行を防ぐことは難しいと考えられます。AGAは主に男性ホルモンが原因となって発症するため、根本から抜け毛を抑制する治療を施さない限り、抜け毛は進行してしまうのです。

AGAは薄毛治療で改善を

AGAを発症していた場合でも治療で改善が可能です。現在、推奨されているAGA治療は内服薬や外用薬を用いる方法です。AGAの改善を望む場合は、AGA治療専門クリニックなどで医師の診察を受け、進行状況などを診断してもらった上で適切な治療を受けると良いでしょう。

東京の秋葉原にあるAGAヘアクリニック(以下、当院)は薄毛治療専門の病院です。内服薬や外用薬をはじめ、育毛効果が期待できるサプリメントやシャンプーなども扱っております。医師による診察や相談は無料で行なっておりますので、薄毛にお悩みの方はぜひ一度、当院へお越しください。

※本記事は過去に掲載された複数の医師監修記事の情報を元に再構成されています。

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
AGAの早期治療について