このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

テストステロンが増える行動と減る行動

生活ケア

成人男性の薄毛の原因に多いとされるAGA(男性型脱毛症)。AGAの原因には男性ホルモンの一種「テストステロン」が関わっているとされています。性別を問わず分泌されているテストステロンですが、行動や心理によって増えたり減ったりするといわれています。そこで今回のAGAタイムスはテストステロンが増えるとき、減るときの行動などについて解説します。

テストステロンとは?

男性ホルモンの一種であるテストステロンはアンドロゲンに属するステロイドホルモンです。男性では睾丸や副腎で生成され、女性では卵巣や副腎で生成されます。また女性のテストステロン分泌量は男性のわずか5〜10%だとされています。

テストステロンには様々な生理作用がありますが、一次性徴では胎内での外性器形成、思春期における二次性徴では性衝動の発来や精子形成などに必須のホルモンであると考えられています。さらにテストステロンは性機能や筋肉、骨、造血、発毛、気分障害、認知機能、循環器疾患への影響性が多くの論文で発表されています。

雄性ホルモンの中でも最も強い作用を持つテストステロンは、男性に多く見られる薄毛の一種「AGA」の要因だとされています。AGAはテストステロンが体内の還元酵素「5αリダクターゼ」と結合し変換されることでDHT(ジヒドロテストステロン)が生成されます。このDHTが男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)と結合することによって薄毛や抜け毛を発症するのです。

テストステロンが増える行動

テストステロンを確実に増やす方法はまだ解明されていませんが、研究や臨床試験によりテストステロンが増える行動や心理現象は確認されています。

【テストステロンが増えるとされる行動や心理】

  • ・適度な運動
  • ・筋力トレーニング
  • ・食事(食材や食べ合わせなど)
  • ・パートナーの存在
  • ・成功体験
  • など

負荷の大きい運動ではテストステロンが増える傾向にあることが指摘されていますが、一過性であるため基本的なテストステロン量が増えるかどうかは明らかにされていません。しかしテストステロンは筋肉と密接な関係にあり、筋肉の運動によって筋肉内のテストステロンが増えることは研究で明らかになっているようです。

食材によるテストステロンへの影響は賛否両論あるといわれていますが、調理法によってテストステロンへの影響が変化すると考えられているのが「にんにく」です。生のにんにくを食す場合はテストステロンが減ったと報告され、パウダー状のにんにくではテストステロンが増加を認めたという研究論文もあります。さらに、にんにくはタンパク質が豊富な食事とともに摂取することでテストステロンの増加傾向が有意に上昇したという報告もあります。また、にんにくや玉ねぎに含まれるアリシンは熱に弱くビタミンB1と結合してアリチアミンとなりますが、そのアリチアミンがテストステロンを増やすと考えられています。

にんにく以外の食材では、牡蠣や豚肉に多く含まれている亜鉛が特に重要だと考えられている研究報告も存在します。韓国の研究では毛髪内の亜鉛濃度が高い男性のテストステロン値は高く、亜鉛の摂取がテストステロンの維持に重要な栄養素だとされています。

またテストステロンとアルコールの関係性を調べた研究では、3週間にわたり夕食時にグラス4杯のビールを飲んだ群とノンアルコールビールを飲んだ群でテストステロン値を比較したところ、ノンアルコールビールを飲んだ群のテストステロン値が有意に高かったことが証明されています。

テストステロンが増えると考えられている心理現象には性行動があるとされており、絵画や映画による性的刺激やマスターベーションによってテストステロンが増えることが示されている研究結果があるようです。

AGAの早期治療について

テストステロンが減る行動

テストステロンが減るタイミングとそのメカニズムの解明については、まだ明確な研究結果は報告されていません。しかしこれまでの研究・実験からどのようなタイミングでテストステロンが減ったかについては多くの報告があります。

【テストステロンが減るとされる行動や心理】

  • ・睡眠制限
  • ・食事制限
  • ・加齢
  • ・手術
  • ・飛行機の操縦
  • ・ストレス
  • ・アルコール摂取
  • ・薬剤の副作用
  • ・マラソンやプロレベルのハードなトレーニング
  • など

ある研究では、ヒトにおいては睡眠不足が低テストステロンに繋がるという報告があり、睡眠はテストステロンを維持していく上で非常に重要だと考えられています。ラットを4日間不眠状態にさせた実験では、1日目から明らかなテストステロン低下が確認されたといいます。さらにその後4日間において睡眠可能な休息をとっても、このテストステロン低下は復活しなかったとの結果が出ています。

アメリカでは大統領選挙で敗退した陣営の唾液テストステロンが有意に減少を示したという報告があります。また試合前のサッカー選手の唾液中テストステロンを測定すると、アウェイよりホームの試合の方がテストステロン値が高く、さらにライバル心を強く持つ対戦相手との試合の方がテストステロン値が高いという報告もされています。

テストステロンが増えたからといってAGAになるわけではない

テストステロンはAGAの要因になりかねないとされています。しかし、もともとテストステロン値が高かったり、様々な理由によりテストステロンが増えたからといって、AGAになる可能性が高くなるわけではありません。AGAはテストステロンがどれだけ5αリダクターゼと結合しDHTに変換されやすいか。DHTがアンドロゲンレセプターと結合しやすいかなどによって、症状の発現率が変わってくるとされています。

さらに5αリダクターゼの量やアンドロゲンレセプターの感受性の高さは遺伝すると考えられています。アンドロゲンレセプターの感受性を決定づける遺伝子は主にX染色体にあるとされているため、X染色体を持つ母方の遺伝が強く出る可能性が高いといわれています。ただし、必ずしも遺伝だけがAGAの原因であるとは限りません。AGAは遺伝の他にも生活習慣など様々な理由により発症するケースがあります。

薄毛の改善はAGAヘアクリニックへ

テストステロンに起因して発症するAGAですが、AGAによる薄毛や抜け毛は治療で改善が可能です。現在はAGA治療薬での治療が有用とされています。AGA治療薬は薄毛治療専門クリニックなどで処方されるため、薄毛や抜け毛が気になる場合は薄毛治療専門クリニックへ診察にいくことをお勧めします。

東京の秋葉原にあるAGAヘアクリニック(以下、当院)は薄毛治療専門の病院です。AGAはテストステロンの増減に限らず発症する可能性があります。当院は医師による診察や相談が無料で何度でも受けられるので、薄毛や抜け毛が気になる場合は、ぜひ一度当院へお越しください。

髪の毛でお悩みの方

記事の詳細を見る
AGAの早期治療について

髪の毛でお悩みの方

記事の詳細を見る
AGAの早期治療について