このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】育毛シャンプーで髪の毛は生えない? 配合成分でわかる薄毛への効果

女性専用の薄毛治療について
シャンプーケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

抜け毛や薄毛が気になり出した場合、まず最初にシャンプーを見直すという方は多いのではないでしょうか? そんな時、一般的なシャンプーよりも”育毛”と名のつく商品の方が、改善に効果がありそうな気がしますよね。

育毛関連のシャンプーはその配合成分によって様々な商品がありますが、お値段は一般的なものよりやや高め。そのため本当に値段に見合った育毛効果があるのかと、懐疑的になって購入をためらう場合もあるでしょう。

そこで今回は、育毛シャンプーをテーマにその効果や配合成分について解説させていただきます。今現在、育毛シャンプーを使用している方はもちろん、購入を悩んでいる方もぜひご一読ください!

育毛シャンプーの目的は?

育毛剤やヘアケアについて、結論からいうと育毛シャンプーに”髪を生やす成分”は配合されていません。

そもそも育毛シャンプーの目的というのは、髪が生えやすいように頭皮の環境を整えることにあります。例えば、頭皮に皮脂がべったりとこびりついていたり、逆にカサカサに乾燥しているような状態では頭皮環境が良いとはいえず、これによって発毛に悪影響を与えることがあるのです。そういった状態を改善してくれる成分が配合されているのが、育毛シャンプーという商品です。また頭皮環境が悪いと、育毛剤や内服薬などで治療しても効果が半減してしまう場合もあります。

つまり、育毛シャンプーとはそれ自体で発毛を促すものではなく、頭皮の状態を整えることで発毛を阻害する要素を取り除く役割を持っているのです。

育毛シャンプーの選び方 〈その1〉

育毛シャンプーにも成分や価格帯によって様々な種類があると述べましたが、共通していえるのは一般的なシャンプーと比べて”洗浄力”がやさしい商品が多いという点でしょう。

ここで、あれ?と思った方もいるのではないでしょうか。頭皮の環境を整えるのだから、よりキレイに洗い上げるために洗浄力も強い方が良いと考えるのが普通ですよね。しかし、これには大きな理由があるのです。

シャンプーに含まれる洗浄成分のことを「界面活性剤」といいます。なかでも「高級アルコール系」と呼ばれる界面活性剤は、一般的なシャンプーに使用されることの多い界面活性剤です。洗浄力が強く泡立ちが良いのが特徴ですが、実は洗浄力が強いシャンプーというのは、頭皮を紫外線などの外的ダメージや乾燥から守るために必要な皮脂まで洗い流してしまうというデメリットもあるのです。

皮脂がなくなり無防備となった頭皮は外的ダメージを受けやすくなったり、体の防衛反応が働いて過剰な皮脂を分泌させることで頭皮がベタベタになってしまったりするのです。これでは発毛にとって逆効果となってしまいます。

一方、育毛シャンプーに使用される界面活性剤は「アミノ酸系」などの洗浄力がやさしいものが多く、ある程度の皮脂を残した状態で洗い上げてくれるため、バリアが保たれて頭皮への負担も減るというわけなのです。

育毛シャンプーの選び方 〈その2〉

女性がしっとりとしたツヤのある髪を求めてシャンプーを購入するように、シャンプーを選ぶ基準は、なにも頭皮環境の改善だけではないと思います。例えば、薄毛を気にする方であれば髪にボリュームが出るシャンプーを求めることもあるのではないでしょうか。

もっともカンタンにボリュームを出す方法は、髪に残る皮脂を可能な限り除去することです。そうすることでドライヤーで乾かした時にボリュームが出て、あたかも髪が増えたように感じることでしょう。これは前項と相反する内容ですが、特に脂性の方は頭皮の皮脂で髪がペッタリしてしまい余計に薄毛が目立つケースもありますから、皮脂をしっかり取り除くシャンプーが合うこともあります。そういった自身の体質や状態を鑑みて、どのようなシャンプーを選択するかが大切なのです。ただその中でも、キシキシした洗いあがりの育毛シャンプーは髪や頭皮に良くない場合があるので注意が必要です。

その他にも「抗真菌薬」が含有されているシャンプーというものも存在します。頭皮には様々な常在菌が存在していますが、その中でも「マラセチア菌」と呼ばれる真菌は脂漏性皮膚炎を引き起こす場合があることが報告されています。脂漏性皮膚炎は発毛に悪影響を及ぼす可能性が指摘されているので、その原因菌を抑制する抗真菌薬含有シャンプーは、他のシャンプーと一線を画した治療薬に準ずるシャンプーであるといえるでしょう。

シャンプーの方法も改善の余地あり

さて、自分にあった育毛シャンプーが見つかった後は、シャンプーのやり方についても見直しましょう。といっても難しい工程はありませんので、今日からでも実践できますよ!

1. シャンプーはぬるま湯で
熱いお湯で頭を洗うと、それだけで頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまいます。少しぬるいかな?くらいのお湯で洗うと良いでしょう。
2. 毛髪や頭皮の汚れを落とす
ボトルからシャンプーを手に取った後に、直接髪に持っていくのは避けましょう。手のひらで充分に泡立ててから使用することで泡がやさしく髪や頭皮を包み込み、汚れや皮脂を浮き上がらせてくれます。
3. マッサージの要領で頭皮を揉むように
ガシガシと頭皮を掻くように洗うのは、爪が頭皮を傷つける可能性があるためNGです。指の腹を使ってやさしくマッサージするように洗えば頭皮を傷つけることもなく、また血行を促進する効果も見込めます。
4. すすぎは入念にすべし
シャンプー剤が残らないよう丁寧に洗い流しましょう。トリートメントやリンスを使用した場合も同様にしっかり流します。すすぎ過ぎるとトリートメントやリンスの有効成分まで流れてしまうのでは?と思われる方もいらっしゃると思いますが、髪に浸透した成分は落ちませんし、すすぎ残しはかえって頭皮環境に良くありませんので、きちんとすすぎましょう。
5. ドライヤーは入念に
髪や頭皮が濡れたまま放置すると、雑菌が繁殖する原因になります。またそのまま寝てしまった場合、キューティクルが枕や布団との摩擦で傷つく恐れもありますので、入浴後はしっかりと髪や頭皮を乾かすよう心がけましょう。ただし、ドライヤーを髪に近づけすぎたり、髪がパサつくほど熱風を当て続けるのは逆効果なのでやめましょう。ドライヤーを1か所に集中して当てず、低温で風量を強くして約20cm程度離して使用するのが、一般的に良いとされています。

基本は「優しく」「丁寧に」です。薄毛が気になるとついつい力を入れて洗ったり、1日に何度もシャンプーすると言う方も中にはいるかもしれませんが、これらは育毛に取って良いこととは言い難いので注意してください。

育毛に有効な条件とは

健康的な髪が育つためには多くの条件があります。育毛シャンプーはそのうちいくつかの改善に有効ですので、頭皮環境を整えるためにも効果を知ったうえで使いこなしましょう。育毛シャンプーが頭皮環境の改善に与える好条件は、以下のようなものがあります。

1. 汗や皮脂をしっかりと取り除く
基本中の基本ですが、頭皮の毛穴に汚れや皮脂が詰まった状態では発毛に良い影響を及ぼすはずもありません。仕事や学業、プライベートなどで帰りが遅くなってしまった時でも、その日の汚れはその日のうちに落とすとことを心がけましょう。ただし、いくら育毛シャンプーの洗浄力がやさしいとはいえ1日に何回もシャンプーするのはNGです。
2. 頭皮の血行を良くする
髪は細胞が毛細血管から栄養や酸素を吸収することで成長しますが、血行が悪くなることでそれら必要な成分が十分に行き渡らなくなってしまいます。育毛シャンプーの中には血行を促進する成分を配合したものもありますし、シャンプー時に頭皮をマッサージすることでも血行不良の改善に効果があるといえるでしょう。その際、ブラシなどを使うと頭皮を傷つける場合があるので、指の腹や手の平を使っておこなうことをおすすめします。
3. 薄毛治療用の外用液が浸透しやすい環境を作る
ドラッグストアなどで購入できる育毛剤や病院で処方される外用液には、育毛に効果的な成分が多く含まれています。これらの成分が頭皮から吸収されやすい環境を作るのも、育毛シャンプーの役割といえます。

正常な頭皮環境は生活習慣の改善から

前述のとおり、育毛シャンプーのみで発毛効果を得ることは難しいといえます。しかし、いくら豊富な栄養を与えても土が悪ければ作物が育たないように、髪も土壌となる頭皮の環境が悪ければ効果的に栄養を得ることができないのです。

育毛シャンプーで外から頭皮を整えつつ、食事や睡眠、運動などの生活習慣を見直すことで体内からもアプローチすれば、おのずと髪が生えやすい環境ができてくるでしょう。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
治療用シャンプーの効果とは

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について