このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】シャンプーのやり方で変わる! 薄毛予防に効果的な方法をわかりやすく解説

シャンプーケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

毎日なんとなくしているシャンプー。実は正しいシャンプーの仕方をマスターすれば、抜け毛を減らして髪の寿命を伸ばすことができるのをご存知でしたか? 今回のAGAタイムスはシャンプーと薄毛の関係性をもとに、正しいシャンプーの方法や選び方についてご紹介します。気軽に薄毛対策をしたい方は必見です!

薄毛とシャンプーの関係

シャンプーと薄毛の関係性を解説する前に、男性によく見られる薄毛、いわゆる「AGA(男性型脱毛症)」のメカニズムについて簡単にご説明しましょう。

AGAは、男性ホルモンの一種である「ジヒドロテストステロン(DHT)」の過剰分泌が原因といわれています。DHTには毛乳頭に影響を及ぼし、ヘアサイクルを短くしてしまう作用があり、過剰に分泌されると髪の毛が十分育つ前に抜けてしまい、いつしか薄毛へと発展してしまうのです。薄毛の人と薄毛にならない人の違いは、このDHTが生成されやすい体質かどうかにあります。DHTが生成されやすい体質かどうかというのは「遺伝」も一つの要因です。しかし、遺伝されるのはあくまで「薄毛になりやすい体質」ですので、必ず薄毛になるとは限りません。実は、ストレス、食生活、睡眠不足といった何気ない生活習慣も薄毛を引き起こす要因となっているといわれています。

ではシャンプーと薄毛にはどんな関係があるのでしょうか。それは「シャンプーの成分」と「シャンプーの仕方」にあります。自分の肌に合わない成分のシャンプーや間違ったシャンプーの仕方を続けていると、抜け毛や薄毛を悪化させる原因のひとつになりうるのです。

シャンプーの成分を知る

ドラッグストアなどで量販されているシャンプーは洗浄力が強いものが多く、本来必要な皮脂さえも洗い流してしまうことがあります。そうすると、頭皮が乾燥してバリア機能が低下し、髪の毛が育ちづらい環境を作り上げてしまっていることがあります。

頭皮をバリアして育毛を促すには、できるだけ低刺激で洗浄力がやさしいシャンプーが好ましいといえます。特におすすめなのは「アミノ酸シャンプー」と呼ばれるものです。洗浄力が穏やかで頭皮にも比較的やさしく、髪の毛を構成するたんぱく質もアミノ酸なので痛んで弱々しくなった髪の毛を補修してくれる効果もあります。量販されているシャンプーよりも少し高価ですが、薄毛を気にされる方はぜひ試してみてください。

シャンプーのやり方次第でどう変わる?

シャンプーの仕方が間違っていると、なぜ薄毛に繋がってしまうのでしょうか?

例えば前述のような洗浄力の強いシャンプーを使っていない場合でも、シャンプーの回数が多すぎるとその分皮脂を洗い落としてしまう恐れがあります。育毛環境を整え維持していくには、シャンプーは一日一回程度が望ましいでしょう。

またシャンプー後の「すすぎ」が足りないとシャンプー成分が毛穴に残ってしまう場合があります。毛穴が詰まったからといって薄毛になるわけではありませんが、残った細菌が繁殖してしまう恐れもあり育毛にはよくありません。正しいシャンプーの仕方を学び、薄毛の原因になりうるリスクを取り除いていきましょう。

今日から実践するシャンプーの正しいやり方

それでは早速、正しいシャンプーの仕方を実践していきましょう。

1. シャンプーをつける前に、しっかり髪を塗らす
髪を洗う前に、よくブラッシングしましょう。これによって髪のもつれが解け、お湯が届きやすくなります。その際のブラッシングは、毛先、髪の中頃、髪の付け根の順番でおこなうと、途中で髪が切れることが少なくすみます。その後、熱すぎないお湯で髪をしっかりぬらしましょう。髪の毛の汚れを流すことにもなりますが、水分を頭皮に浸透させることで、シャンプー液の泡立ちをよくする効果もあります。
また、ブラッシングは1日に20回程おこなうことが理想とされています。ブラッシングには髪をとかす以外にも余計な皮脂や汚れを落とす作用がありますから、女性はもちろん比較的髪が短い男性もやったほうが良いでしょう。ただし、乾燥した髪に対してブラッシングすることは切れ毛の原因になりますので、オイルなどを使用してからおこなうことをおすすめいたします。
2. シャンプー液を手のひらで泡立てる
シャンプー液は、必ず手のひらの上でしっかりと泡立ててから使用しましょう。汚れを落とすのは界面活性剤といわれる成分で、泡立たせることで汚れが落ちやすくなるのです。
3. 泡立てたシャンプー液を全体になじませる
泡立てたシャンプー液は、全体になじませるようにしましょう。また泡立てたシャンプー液であっても一ヶ所に偏ってつけるのは良くありません。
もしうまく泡立たないようであれば、1回目でさっと表面の汚れと過剰な皮脂を洗い流した後に2度洗いするようにしましょう。
4. ゴシゴシは絶対にダメ
ゴシゴシと爪を立てて洗うのは良くありません。爪によって頭皮が傷ついたり、頭皮の皮脂を取り過ぎてしまう可能性があります。本来必要な皮脂まで洗い流してしまうと、頭皮にうるおいがなくなり、乾燥肌やフケを生み出す可能性があります。なるべく指の腹でマッサージをするように、やさしく洗いましょう。
5. すすぎも念入りに
シャンプーが頭皮に残らないよう、しっかりすすぎましょう。しかし、ここでもゴシゴシ洗うのは厳禁です。ゆっくり丁寧に洗い流してください。

シャンプー方法を改善して頭皮環境を整えよう

シャンプーは毎日何気なくしている習慣ですが、正しい仕方を知って実践すれば抜け毛を防いだり、育毛を促進することができます。これを機にシャンプーの仕方やシャンプーの成分を見直し、身近なところから薄毛対策に取り組んでいきましょう。

シャンプーを改善しても薄毛や抜け毛が気になる方は薄毛治療という選択肢もあります。東京秋葉原にあるAGAヘアクリニック(以下、当院)は薄毛の初期のお悩みから将来の薄毛が心配というご不安にも真摯に向き合い、一人ひとりに合った治療プランやアドバイスを行ないます。もちろん治療の必要がない方には、治療もおすすめしません。ご相談、診察は何度でも無料ですので当院へお気軽にご相談ください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックTOPへ
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックTOPへ
女性専用の薄毛治療薬について