このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】朝シャンが薄毛の原因に?外出前のシャンプーが良くない理由とは

東京秋葉原のAGAヘアクリニックへ
シャンプーケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

仕事で帰宅が遅い、朝が弱いから目を覚ましたい、不潔にして将来ハゲたくない、などの理由から外出前にシャワーやシャンプーをおこなう「朝シャン派」である方も多いのではないでしょうか? 確かに朝シャンをするとスッキリと爽快な気分になれたり、寝癖も直せるので髪のセットが容易になったりと、朝シャンのメリットは多いですよね。

しかし朝のシャンプーは、育毛にとってあまり良いことばかりとはいえないのです。そこで今回のAGAタイムスでは、朝シャンが及ぼす可能性のある育毛への悪影響と、それが薄毛を招きかねないとされる理由について解説します。

見落とさないで! 朝シャンに隠れたキケン

朝にシャンプーをする目的のひとつは、外出前に頭皮を清潔にすることではないでしょうか? 実はここにポイントがあります。

健康な頭皮は睡眠中に適度な皮脂を分泌しており、この皮脂が膜になることで、外部の刺激から頭皮を守るバリアの役目を果たしています。ところが外出前のシャンプーでその皮脂を洗い流してしまうと、頭皮は紫外線などの刺激を直接受けやすくなってしまいます。

頭皮がダメージを受けるということは、髪が成長する基幹である毛根も、相応のダメージを受けることになります。しかも適度な皮脂が残っていない頭皮は乾燥しやすく、乾燥を防ぐために皮脂を過剰分泌してしまうこともあります。これにより頭皮表面のべたつきがおこり、皮脂にホコリなどが付着して汚れが増悪したり、細菌感染の温床となる場合があるのです。

汚れた皮脂が毛穴に詰まってしまうと、育毛の妨げになり薄毛を招く恐れがあることは用意に想像できます。

シャンプーするならこの時間がベスト!

髪の成長を促す「成長ホルモン」が多く分泌されるのは、主に就寝時です。時間帯でいえば、入眠から約3時間がもっとも盛んに分泌されるといわれています。そのため、この時間に頭皮の汚れや過度な皮脂が残っていたり、毛穴が詰まっていたりすると、育毛にとって良くありません。また、既に生えている髪の成長が妨げられる恐れもあるため、このような状態が続くと薄毛のリスクが高まるといえるでしょう。

そうならないためにも、成長ホルモンが分泌される前にシャンプーをして、頭皮を清潔な状態にしておくことが大切です。つまり髪や頭皮を清潔にするタイミングは、一日の活動を終えたその日の夜が良い、というワケです。就寝前にシャンプーしておけば睡眠中に適度な皮脂を分泌してくれるため、朝には程よい庇護膜(バリア)が完成し、育毛に適した状態ができあがります。

それでも朝シャンが必要な時には

朝シャンが薄毛につながる可能性があると分かっていても、寝汗を大量にかいてしまった時など場合によっては朝シャンが必要なこともあるでしょう。そんな時は、次の3つのポイントに気をつけてください。

<しっかりすすぐ>
時間に追われてシャンプーやリンスのすすぎが不十分だと、毛穴詰まりや細菌の繁殖を招き、育毛に悪影響を及ぼします。アレルギーや皮膚炎を引き起こす原因にもなりかねませんから、必ず丁寧に洗い流すことを心がけましょう。また、夜きちんとシャンプーしたにも関わらず起床時にべたつきを感じ、どうしても頭を洗いたいという時は、シャンプーを使わずにお湯だけで髪を洗うこともおすすめです。もしくは、洗浄力のやさしいアミノ酸シャンプーなどを用いても良いでしょう。
<きちんと乾かす>
頭皮や髪を生乾きのままにしておくと、汚れが付着するうえに、抜け毛や切れ毛を招きやすくなります。また体温と湿度により細菌が繁殖しやすい環境を作ってしまうことで臭いや炎症のもとになり、育毛に悪影響を及ぼす場合もあります。そのため入浴後は、低温で風量を強くしたドライヤーで丁寧に乾かしましょう。
<頭皮と髪の毛をケアする>
シャンプーは洗浄力の強い製品を使わないようにする、二度洗いは極力避けるなど、頭皮を保護している皮脂を適度に残すことが重要です。合わせて、シャンプー後に自分の肌に合うヘアクリームなどでケアをして乾燥を防ぎ、皮脂の過剰分泌を防ぐことも、育毛するうえで有効な手段です。

これらのことからも、「朝シャンするなら、時間に余裕をもって」が鉄則なのです。シャンプーをした後に外出するときは、紫外線などの刺激を避けるため帽子を活用するなどして、頭皮を守ってあげましょう。特につむじ付近はもともと髪が薄いこともあり、紫外線の影響を受けやすいので注意が必要です。

頭皮の健康が育毛への第一歩

長年の習慣になっている人も多いと思われる朝シャンですが、髪にとってはデメリットも少なくないことが分かっていただけたでしょうか。育毛に気を使っている方であれば、シャンプーはなるべく就寝前におこなうことをおすすめします。

やむを得ず朝シャンする場合も、できるだけダメージを与えない方法で髪を労りましょう。朝、シャンプーを数回したからといってすぐにハゲてしまうようなことはありませんが、そういったダメージの蓄積を防ぐことが育毛につながるのです。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
治療用シャンプーの効果とは

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について