このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】育毛効果に期待! シャンプーの成分と選び方

東京秋葉原のAGAヘアクリニックへ
シャンプーケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛が薄くなってくると、少なからず薄毛予防について考えはじめる方もいるでしょう。そのなかでも手軽に試せて、かつ効果も期待できるのがシャンプーです。育毛に適したシャンプーは薄毛の予防にも繋がるといわれています。ただし、自身の体質や薄毛の原因によって適したシャンプーは変わります。今回のAGAタイムスは、育毛効果が期待できるシャンプーの選び方と、その成分についてご紹介します。

育毛に良いシャンプーとは

育毛シャンプーと聞くと、発毛を促す成分や髪が成長するために必要な栄養が配合されたシャンプーを想像するのではないでしょうか。しかし、それには少し誤解があります。あくまでシャンプーは髪や頭皮をキレイにするものであって、発毛を目的としているわけではないのです。

育毛に効果的なシャンプーとは、頭皮にやさしいシャンプーのことです。シャンプーの種類によっては頭皮に対する刺激が強く、乾燥などのトラブルを招きかねません。頭皮にやさしいシャンプーには、そういった刺激を抑え頭皮環境を整える効果が期待できます。

シャンプーに含まれる成分

一般的なシャンプーには頭皮の皮脂や汚れを落としやすくするために、界面活性剤と呼ばれる洗浄剤が配合されています。体質によっては界面活性剤の種類次第で、頭皮環境が悪化してしまう恐れがあります。代表的な界面活性剤の種類は、大きく以下の3つに分けられます。

1. 高級アルコール系
ドラッグストアなどで購入できる安価なシャンプーに含まれることが多い界面活性剤です。ラウレス硫酸ナトリウムやラウリル硫酸ナトリウムなどの界面活性剤は、高級アルコール系に該当します。この界面活性剤は、洗浄力が強く泡立ちも良いことが特徴です。また価格も比較的安価です。ただし洗浄力の強さゆえに、頭皮の皮脂を洗い落とし過ぎてしまい、乾燥を招く場合があります。頭皮の乾燥は、フケや皮膚炎につながる恐れもあります。特に乾燥肌や敏感肌の方は少し注意した方がいいでしょう。
2. 石鹸系
自然由来の原料を使用していることからオーガニック志向の方に人気なのが、この石鹸シャンプーです。原料が自然由来の成分なので、環境にもやさしいといわれています。しかしこちらの界面活性剤も比較的洗浄力が強く、体質によっては向かない可能性があります。またアルカリ性なので、使用後に髪がゴワつくと感じる方もいるようです。
3. アミノ酸系
高級アルコール系や石鹸系の界面活性剤と比べて、洗浄力がやさしいのがアミノ酸系シャンプーです。皮脂を洗い落とし過ぎる心配が少なく、頭皮への刺激もやさしいと考えられています。一方で洗浄力の弱さや泡立ちの少なさから、シャンプー後の爽快感を感じられない方もいるようです。

シャンプーに含まれる成分は界面活性剤だけではありません。シリコンや保湿成分などが含まれる場合もあるでしょう。シャンプーを選ぶコツは、成分の役割と自身の体質を理解することにあるのです。

体質に適したシャンプーの選び方

シャンプー選びの主なポイントは、洗浄力の強弱、含有成分の2つに分けられます。

洗浄力の強弱は、頭皮の状態や体質をもとに考えてみましょう。乾燥肌や敏感肌の方は、洗浄力がやさしいシャンプーを使った方が良いといえます。反対に脂性の方には、しっかりと皮脂を洗い流せるシャンプーがおすすめです。

次に含有成分です。保湿成分や抗菌成分などが含まれるシャンプーもあります。また髪の毛をコーティングする作用のあるシリコンについて、気にする方もいるかもしれませんが頭皮に悪影響はないといわれています。しかし、どうしても気になるようならノンシリコンシャンプーを選択しましょう。

シャンプー選びの注意点

育毛に効果的なシャンプーを選ぶ場合の注意点をまとめました。購入するときの参考にしてみてください。

・シャンプーの洗浄力に注意
体質にもよりますが、皮脂を必要以上に洗い流してしまい、乾燥を招く恐れがあります。乾燥や湿疹などが起きている場合は、洗浄力のやさしいアミノ酸系シャンプーがおすすめです。
・石鹸シャンプーには慣れが必要
アルカリ性である石鹸シャンプーは、髪のキューティクルを開いて髪をゴワつかせてしまう場合があります。弱酸性のリンスで中和すればゴワつきは緩和されますが、そういった過程を面倒に感じる方もいるでしょう。また、比較的洗浄力が強い部類に入るので、乾燥肌の方には不向きともいえます。石鹸シャンプーは、メリットとデメリットをしっかり理解してから使用するようにしましょう。
・界面活性剤以外の成分にも注目
何か頭皮にトラブルが起きていて、それを改善するためのシャンプーを探している場合もあるでしょう。そんな時は、界面活性剤以外の成分にも注目してみてください。例えばフケに悩まされているようなら、抗菌・殺菌成分配合の薬用シャンプーがおすすめです。また、フケの異常発生は脂漏性皮膚炎が原因の可能性もあります。脂漏性皮膚炎は頭皮の常在菌が異常繁殖することで起こるとされています。このような場合は、すぐに病院へ行き適切な処置を受けましょう。

まとめ

体質や頭皮の状態に合わせてシャンプーを選ぶことは、育毛や頭皮環境の向上を考えるうえで大切です。まずはどのような種類のシャンプーがあるのか、知ることからはじめてみてはいかがでしょうか。シャンプーによって少しずつ特徴が違うので、調べてみると新しい発見があるかもしれません。正しいシャンプーの選び方を身につけて、薄毛予防に役立てましょう!

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
治療用シャンプーの効果