このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】ふんわり髪を取り戻そう! ボリュームアップに効果的なシャンプー&ブロー

シャンプーケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

薄毛になり髪のボリュームが失われてくると、思い通りの髪型にならなかったり、実年齢より老けて見える場合もあります。育毛に対する意識がいかに高くても、髪も年齢とともに老けていきます。また髪質次第では、若くても髪のボリュームが少なく見える方もいるでしょう。今回は、ボリュームアップに効果的なシャンプーや洗い方、ブローの方法などをまとめました。「髪のボリュームを取り戻したい!」「ふわっとした髪型に憧れる!」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

シャンプーの適切な選び方

シャンプーの選び方は、体質や目的によって異なります。“髪のボリュームアップ”を目指すアプローチ法はいくつかありますが、まずは太くて健康な髪が生えやすいよう、頭皮環境を整えるシャンプーがおすすめです。

一般的なシャンプーには、ほとんどの場合「界面活性剤」と呼ばれる成分が含まれています。界面活性剤にはいくつか種類がありますが、中でも「高級アルコール系」に分類される界面活性剤は、比較的洗浄力が強いといわれています。これは一見よいことのように思えますが、実はそうとも言い切れません。なぜなら、その強力な洗浄力によって頭皮の皮脂を落としすぎてしまうと、育毛に悪い影響を及ぼす可能性があるからです。皮脂は、紫外線などの外的刺激から頭皮を守る“バリア”の役割を担っています。そのためシャンプーで皮脂を洗い落としすぎてしまうと、頭皮のバリアが弱くなって刺激を受けやすくなってしまうのです。

頭皮に適度な皮脂が残ったよい頭皮環境を保つためには、洗浄力がやさしいシャンプーを使用しましょう。「アミノ酸系」の界面活性剤は洗浄力がやさしいといわれています。乾燥肌や敏感肌の方はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

髪や頭皮にやさしいシャンプーの方法

続いては、髪や頭皮にやさしいシャンプーの方法です。「気を付けることって、こんなにあるの?」と感じるかもしれませんが、一つひとつはそんなに大きな手間ではありません。あまり身構えず、楽な気持ちで実践してみましょう。

1. ブラッシング
髪に付着した汚れやホコリを、入浴前にブラッシングである程度取り除くと、シャンプーの泡立ちがよくなります。使用するシャンプー量も少なく済むので、頭皮への刺激を抑える効果も期待できます。
2. ぬるま湯で洗う
乾いた頭皮に、いきなりシャンプーをつけるのはよくありません。まずお湯でしっかり洗うことでシャンプーがなじみやすくなり、残った汚れやホコリを取り除きやすくなります。湯温が高いと頭皮の乾燥や炎症を招く場合があるので、少しぬるいと感じるくらいの湯温に設定しましょう。
3. シャンプーは泡立てて使用する
手のひらに500円玉くらいの量を取り、軽く泡立ててから、髪になじませるようにシャンプーしてください。汚れを落とす界面活性剤は泡立たせることで洗浄効果を発揮します。
4. 髪全体を泡立てる
髪全体にシャンプーの泡が行き渡るように洗います。生え際から頭頂部に向けて、指の腹で頭皮をマッサージするように洗うと血行促進効果も期待できます。
5. しっかり洗い流す
シャンプーの洗い残しは、痒みや炎症につながる可能性があります。しっかりと時間をかけて、丁寧に洗い流しましょう。

髪と頭皮にダメージを与えにくいブローの仕方

続いてブローの方法です。ドライヤーで乾かすのが一般的ですが、中には自然乾燥やタオルドライで済ませたほうが髪によいと考える方もいるでしょう。確かに至近距離でドライヤーの熱風を髪や頭皮にあて続けることは、乾燥などのダメージを与えてしまう可能性があります。しかし生乾きのまま放置すると、頭皮に雑菌が繁殖して炎症の原因になる可能性もあります。きちんと乾かすためのブローの方法をまとめましたので、今までの自分のやり方と比べてみてください。

1. タオルドライ
濡れた髪をタオルで乾かします。ゴシゴシと髪を擦るのではなく、タオルでやさしく挟んで水気を押し出すようにしましょう。
2. 頭皮とドライヤーの距離
髪をかき分けて、頭皮に直接風をあてるようにして乾かしていきます。この時、頭皮とドライヤーの距離は20cm以上をキープしましょう。ドライヤーを揺らすように均等に風をあてていけば、頭皮の乾燥を軽減できます。またドライヤーの風量は強めに設定し、その分温度を低めにしましょう。
3. ドライヤーをかける方向は根元から毛先へ
髪を覆うキューティクルは、根元から毛先に向かってうろこ状になっています。その流れに逆らわず、ドライヤーも根元から毛先に向かってあてていくのがよいでしょう。
4. 冷風でしっとりまとめる
体感で8割ほど乾いたら、冷風に切り替えて髪全体を冷まし、キューティクルを引き締めれば完成です。完全に熱風で乾かしてしまうと髪がパサついてしまうので、冷風でしっとり仕上げましょう。
5. ブラッシングは最後に
髪を乾かし終わったら、最後にヘアブラシで整えましょう。髪は水分を含んだ状態だと膨張してキューティクルが剥がれやすいので、乾かす前のブラッシングは髪にダメージを与える可能性があります。

ドライヤーの方法に少し配慮するだけで、翌朝の髪の状態がよくなりボリュームアップ効果が期待できます。

スタイリング時に気を付けること

お出かけ前のスタイリングも、髪のボリュームアップには欠かせません。スタイリングの際に気を付けることは、ワックスなどの整髪剤をむやみにつけ過ぎないこと。整髪料をつけ過ぎてしまうとベタつきの原因になったり、重みによって髪全体がボリュームダウンしてしまいます。

まず全体的な髪型を整える程度に整髪剤を少量だけつけ、もしそれだけではスタイリングが維持できないのなら、整髪スプレーで内側から髪を持ち上げるように全体を整えましょう。そうすることでスタイリングも維持され、ボリュームアップ効果が期待できます。

整髪料を過剰に使用すると空気中のホコリやゴミが付着しやすくなり、毛穴が詰まる要因にもなります。スタイリングが決まらないからといって、必要以上に使用するのは避けましょう。

髪の毛のお悩みはAGAヘアクリニックへ

髪のボリュームを取り戻すカギは、日々のヘアケアにあります。その他にも、栄養バランスのとれた食生活や、良質な睡眠も育毛につながりますので、この機会に生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか。またAGA(男性型脱毛症)などの影響で薄毛になり、ボリュームが失われている場合は、薄毛治療専門のクリニックで治療を受けることをおすすめします。

東京の秋葉原にあるAGAヘアクリニックでは患者様一人ひとりの希望に沿った治療プランのもと、安心・安全の薄毛治療を実施しております。カウンセリングや診察、お薬の処方、お会計といったサービスは全て個室で行なっているため、プライベートへの配慮も万全。クリニックはJR秋葉原駅より徒歩およそ4分と、アクセスも良好です。薄毛治療に興味のある方、話だけ聞いて見たい方もぜひ一度当院までご相談ください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療について