このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】シリコンが毛穴をふさぐ?ノンシリコンは育毛できる?シリコンのメリット・デメリット

女性専用の薄毛治療について
シャンプーケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

数年前に一大ブームを巻き起こした「ノンシリコンシャンプー」。今では定番化し、シャンプーを選ぶときは必ずノンシリコン!という人も多いのではないでしょうか。

しかしシリコンが一体何なのか、シリコンが髪や育毛にどんな影響を及ぼすのか、正しく理解した上でノンシリコンシャンプーを使っているでしょうか?

今回は、そんなシリコンの性質を詳しく解説すると共に、ノンシリコンシャンプーの効果についてもご紹介します。ノンシリコンシャンプーのメリットをきちんと知り、有効なシャンプー選びを始めましょう!

ノンシリコンシャンプーってどんなもの?

シリコンとはシロキサン結合による主骨格を持つ耐油性・耐酸化性・耐熱性の高い合成化合物で、ゴムや樹脂、オイルなど様々な製品に用いられています。

シャンプーに含まれるシリコンは、髪同士の摩擦を防いだり、傷んだ髪の表面を滑らかにして手触りを良くしてくれるコーティング剤の働きをします。つまりノンシリコンシャンプーとは、このコーティング剤の役割を持つシリコンが入っていない商品のことなのです。そのため商品によっては、洗い上がりに髪のきしみや指通りの悪さなどを感じる場合もあります。しかし、ノンシリコンシャンプーは髪本来の美しさを取り戻すため使い続けることに意味があり、継続することで使用感にも慣れて髪に自然なハリやツヤが生まれると考えられているのです。

一方シリコン入りシャンプーは使用後の手触りやツヤはバツグンですが、これはあくまで髪の表面に施しているコーティングの効果によるものです。髪自体のダメージが回復しているわけではないものの、手軽に艶やかな髪を手に入れたい方にとってはメリットがあるといえそうですね。

シリコンで薄毛になるってほんと?

シリコンの悪い影響については、「頭皮の毛穴をシリコンがふさいでしまう」という内容が多いと言えます。しかしシリコンが毛穴を塞ぐという事象はあまり考えられず、その事実を示す根拠もないためはっきりとわかっていません。

ただしシャンプー後のすすぎ不足で、シャンプーなどが髪や頭皮に残っていると育毛に悪影響を及ぼす可能性は否定できませんので、安心、安全にこだわる場合はノンシリコンシャンプーを選ぶ方が良いでしょう。また、稀にシリコンに対してアレルギー反応を持つ人もいらっしゃいますので、もしシャンプーを使っていて頭皮にかゆみや湿疹などが出るようなら、お試しでノンシリコンシャンプーに切り替えるのも選択肢のひとつです。

どんなシャンプーを選べばいいの?

シリコンの有無とあわせてシャンプーを選ぶポイントとなるのは、シャンプーの洗浄成分「界面活性剤」です。

一般的に安価なシャンプーに配合されている界面活性剤は、ラウレス硫酸Naやラウリル硫酸Naなどの高級アルコール系とよばれる成分です。この成分は、洗浄力が強く泡立ちが良いという特徴を持っていますが、その洗浄力の強さゆえに皮脂を必要以上に洗い流し過ぎてしまい、頭皮のバリアがなくなって外的な刺激に対して無防備な状態となる可能性があります。頭皮が弱い方や肌が乾燥している方が使い続けていると頭皮にダメージを負う恐れもあるので注意が必要です。

そこでおすすめしたいのが、アミノ酸系の界面活性剤を配合した「アミノ酸系シャンプー」です。このシャンプーの特徴は、洗浄力がやさしい点にあります。アミノ酸は肌と同じ弱酸性なので、敏感肌の方でも安心して使用できるというメリットがあります。ココイルグルタミン酸、ヤシ油脂肪酸などの成分名で配合されていますので、アミノ酸系シャンプーを探す際は、成分表を確認してみましょう。

シリコン以外の対策はあるの?

ここまでシリコンが髪や頭皮にもたらすメリット・デメリットについて紹介してきました。シリコンは巷でささやかれるほど育毛に悪い影響を及ぼす成分ではないことがわかりましたね。シリコンが含まれるシャンプーを使用したからといって、薄毛や抜け毛を招く可能性は限りなく低いと考えて良いでしょう。

しかしドラッグストアの商品棚を見渡せば、「オーガニック」や「天然由来」などの言葉がたくさん見られますし、添加物や人工の成分より自然由来の安心感への関心が高まっているといえます。そういったことから、人工物であるシリコンに対して悪いイメージがついてしまったのではないでしょうか。ただしシリコンは良くないという意見も完全に否定することはできませんので、少しでも気になるようでしたらノンシリコンシャンプーを使用することをおすすめします。

また薄毛や抜け毛を予防する手段はシャンプーなどのヘアケア商品だけではありません。食事や睡眠、運動などの基本的な生活習慣を見直すことも、薄毛や抜け毛の予防・改善につながります。

もしも薄毛になってしまった場合、原因がAGA(男性型脱毛症)である可能性も考えられます。AGAはホルモンの影響で発症する病気ですので、シャンプーや生活習慣の見直しだけでは改善が見込めない場合があります。AGAかもしれないと思った時は、AGA専門のクリニックなどを受診してみるのも良いでしょう。

育毛にはシャンプー以外にも生活習慣の改善も図ることが大切

シリコン以外にも界面活性剤やそれ以外の添加物など、髪や頭皮に良くないとされる要因はいくつもあることがわかりました。しかし、どれもが一概に悪いといえないのが実情です。シリコンだから、オーガニックではないからという表面上の理由だけではなく、自分にあったシャンプー選びが一番といえます。

日々の生活習慣とシャンプーに気をつけて、しっかり育毛していくことが大切です。まずは日々の見直しからはじめてみましょう

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
治療用シャンプーの効果とは

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
治療用シャンプーの効果