このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】かゆみの原因はひとつじゃない。まずはシャンプーのやり方を改善しよう!

東京秋葉原のAGAヘアクリニックへ
シャンプーケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

毎日シャンプーしているのにずっと頭がかゆい、そう感じることはありませんか? もしかすると、その原因は頭皮環境の悪化かもしれません。頭皮環境が乱れるとフケが発生したり、逆に皮脂が過剰に分泌されて髪や頭皮がベタベタになってしまうことがあります。

頭皮にかゆみをもたらす原因はさまざまです。生活習慣が影響するものからシャンプーの方法、さらには体質に合わないシャンプーやストレスまで多岐にわたります。そこで今回のAGAタイムスでは、かゆみの原因とその理由を解説するとともに、予防・改善の方法をご紹介します。頭皮に起こるかゆみの原因は、進行すると育毛に悪影響を及ぼす恐れもあります。そうなる前に、かゆみでお悩みの方は是非ご一読ください。

原因1:自律神経の乱れによるもの

人は過度なストレスや睡眠不足が続くと自律神経が乱れ、皮脂が過剰に分泌されることがあります。すると細菌叢(さいきんそう)が破壊されてしまい、皮脂が頭皮の毛穴に詰まり育毛に悪影響を及ぼしかねません。また、同じ原因が血行不良をもたらすこともあります。血行が悪くなると栄養や酸素が頭皮に行き渡らず頭皮環境が悪化してしまうことも。原因を解消することはもちろんですが、適度な有酸素運動や頭皮マッサージなどで血行不良は改善に向かうこともありますので、体のコリやだるさを感じる方はぜひ試してみてください。

仕事や学業、プライベートで多忙な日々を送っていると、どうしてもストレスや睡眠不足の問題が付きまといます。どちらも心身に負担をかけて育毛を妨げる原因になりえますので、なるべく早く改善を試みましょう。

原因2:季節による乾燥によるもの

秋から冬にかけての季節は乾燥しやすく、お肌のケアは欠かせないですよね。それと同様に、頭皮も乾燥しやすいといえます。頭皮が乾燥すると、パサパサとした細かい「乾性フケ」が発生しやすい状態になります。また乾燥を防ごうと体の防衛反応が働き、皮脂を過剰に分泌してしまうケースもあります。そうなると雑菌の繁殖や毛穴詰まりの原因になりますので、こちらも注意が必要です。どちらの状態も頭皮にとってよい環境とはいい難く、育毛や発毛環境としてもよくない状態といえます。かゆみやフケが出てきたと感じたら、お肌と同じく頭皮の保湿ケアも念入りにおこないましょう。

原因3:シャンプーの成分によるもの

毎日の習慣ともいえるシャンプーが、頭皮のかゆみを引き起こしている可能性も考えられます。ドラッグストアなどで購入できる安価なシャンプーの多くには、ラウレス硫酸Naやラウリル硫酸Naといった洗浄成分が配合されています。どちらも洗浄力が強く泡立ちがよいシャンプー成分ですが、体質によっては頭皮の乾燥やかゆみをもたらす場合があります。これは洗浄力の強さゆえに頭皮の皮脂を落としすぎてしまう可能性があるためで、乾燥体質や頭皮が敏感で刺激に弱い方は避けたほうがよいかもしれませんね。そのような人には、洗浄力がやさしいことで知られるアミノ酸シャンプーがおすすめです。ドラッグストアなどでも購入できますので、頭皮のかゆみにお悩みの方は一度試してみてもよいでしょう。

正しいシャンプーのやり方

実はシャンプーの方法も、頭皮のかゆみやフケの予防に効果的です。おすすめの方法をご紹介しますので、参考にしてみてくださいね!

1. 髪をまんべんなくブラッシング
予め髪の絡みを取っておくと、シャンプーした時の抜け毛予防につながります。また事前にブラッシングをすることで、髪についた汚れや整髪料が流れ落ちやすくなります。
2. 38度くらいのぬるま湯で予洗い
「軽く頭を濡らしたら即シャンプー」という方が多いと思いますが、その前にお湯だけで2分間ほど予洗いすることで、汚れの70%ほどを洗い流すことができるという報告もあります。シャンプーの泡立ちがよくなるので、使用量も少なくできます。さらに湯温も重要です。あまりにも熱すぎるお湯は頭皮を乾燥させたり、頭皮や髪を傷めてしまう原因になるので注意してくださいね。温度は40度ほどがよいとされています。
3. シャンプーは十分に泡立ててから使う
シャンプーを泡立てず頭皮にそのまま乗せるのは、頭皮に刺激を強く与えてしまうのであまりよくありません。よく泡立てた方が頭皮への刺激も少なく済みますし、また汚れを落としやすくするためにも泡立てることがおすすめです。
4. 頭皮をマッサージするように洗う
指の腹を使って、揉むように洗いましょう。爪を立ててガシガシ洗うことはもちろんNGですが、擦るようにして洗うのも摩擦によって髪が傷む原因になるのでよくありません。
5. すすぎは入念におこなう
シャンプーやコンディショナーが頭皮に残っていると、雑菌の繁殖や炎症のほか、フケやかゆみを引き起こす原因にもなります。特に髪が長い方はシャンプーにかけた倍の時間をすすぎに使ってもよいくらいともいわれています。すすぎ残しがないよう丁寧に洗い流しましょう。

かゆみはひどくなる前にケアを

頭皮のかゆみ全てが抜け毛や薄毛に直結するわけではありませんが、頭皮環境の乱れに気付くきっかけになることは確かです。特に食事や睡眠、運動などの生活習慣は頭皮環境に大きな影響を与えます。食事の栄養が偏ったり睡眠が不足している方は注意したほうがよいでしょう。

また、頭のかゆさに耐えきれず掻きむしってしまうと、頭皮にキズを付けてしまうこともありますのでやめましょう。かゆみがひどい場合には、皮膚科などを受診してかゆみ止めを処方してもらうことも検討してください。健康的な生活習慣と正しいシャンプーで、かゆみとは無縁の頭皮環境を目指しましょう!

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について