このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】あなたは大丈夫?誤ったシャンプー・ドライヤー方法は抜け毛を増やす恐れも

女性専用の薄毛治療について
シャンプーケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

毎日シャンプーをして髪の毛や頭皮を清潔にしているはずなのに、それでも抜け毛が気になることはありませんか? ドライヤーは頭皮が乾燥するから使わない!というかたも男性には多いかもしれません。シャンプーやドライヤーは頭皮や髪に付着した汚れを落とすことだけではなく、抜け毛予防や育毛に対しても重要な役割を持っています。しかし洗い方を誤ると、育毛に悪影響を及ぼす恐れもあるのです。

今回は、抜け毛を増やさない正しいシャンプーとドライヤーの方法をご紹介します。ヘアケア商品を使った育毛も大切ですが、日々の生活にも育毛効果が期待できる改善ポイントがあるので、ぜひ抜け毛予防に役立ててください!

自然に抜ける髪と、そうではない髪がある?

髪の毛が抜ける原因としては、髪が生え変わる仕組みによって自然に抜けるものと、外からの刺激や生活習慣、脱毛症などに関連して抜けるものが考えられます。人の髪は、おおよそ2〜6年で自然に抜け落ち、新たな髪が生えてくる構造になっています。この仕組みを、ヘアサイクル(毛周期)といいます。

ヘアサイクルは、髪が生まれ成長する「成長期」、成長が止まる「退行期」、新しい髪が生える準備をする「休止期」の3段階に分けることができます。休止期をむかえた髪は、次の成長期に生えてきた新しい髪に押し出されるようにして抜け落ちます。こうしてヘアサイクルは繰り返されていくのです。つまり体になんの異常もなければ、シャンプー時や就寝時に抜け落ちている数十本程度の髪は、休止期をむかえた自然な抜け毛と考えることができるでしょう。

しかし、抜け毛の量が増えたり、特定の箇所だけ薄くなっていく状態が進行するようなら、AGA(男性型脱毛症)や円形脱毛症をはじめとした病気や、生活習慣の乱れが影響を与えている可能性があります。そしてその要因となっているのは、普段使っているシャンプーの種類や誤った洗い方の可能性があるのです。

ダメなシャンプー&髪の乾かし方をチェック!

毎日の頭髪ケアには欠かせないシャンプーとドライヤー。しかし誤った方法をつづけてしまうと、反対に髪や頭皮にダメージが蓄積してしまう可能性があります。シャンプーの方法やシャンプー後の行動など、もしかすると良くないことをしているかもしれません。下の項目をみて、セルフチェックしてみましょう。

  • 1. シャンプー前は特になにもしない
  • 2. シャンプーするときに髪の毛は濡らさない
  • 3. 熱めのお湯でシャンプーするのが気持ちいい
  • 4. 頭皮は爪で掻きながらゴシゴシ洗っている
  • 5. トリートメントは髪の毛の根元までしっかりつけている
  • 6. トリートメント成分を浸透させたいから軽くすすぐ程度にしている
  • 7. シャンプー後は、タオルでゴシゴシと拭いている
  • 8. 髪の毛を乾かさずに濡れたまま寝ることが多い

該当する項目が多い人ほど、髪や頭皮にダメージを与えている可能性があります。これを機に、今までのシャンプーの方法や髪の乾かし方を見直してみてはいかがでしょうか。それだけでも、抜け毛予防に期待できますよ!

シャンプー前にやるべきこと

抜け毛を抑えるシャンプーの方法には、髪を洗う前にもやることがあります。セルフチェックで1〜2に当てはまる方は要チェックです!

● しっかりと湯船につかる
体を温めることで毛穴が開き、奥の皮脂や汚れが落ちやすくなります。
● 髪を濡らす前にブラッシングする
髪に付着した皮脂やホコリ、整髪料などを落とす効果があります。また汚れを一度浮かすことで、この後の工程で汚れが落ちやすくなります。
● 入念に予洗い
シャンプー前に、ぬるめのお湯でしっかり予洗いしましょう。実はお湯だけでも、髪や頭皮の汚れは7割前後が落ちるといわれています。この段階で汚れを落としておくことで使用するシャンプー液の量が少なくすみ、シャンプーに含まれる洗浄剤の刺激を抑えることができます。

少し手間に感じるかもしれませんが、これらの工程は頭皮や髪の負担を少なくする効果が期待できます。こういったことの積み重ねが育毛につながり、抜け毛予防となるのです。

抜け毛を増やさない髪の洗い方

ここからは、シャンプーの正しい方法をご紹介します。一回に使う量や、洗うコツなどをみていきましょう。

● 少しの量で泡立てる
ブラッシングと予洗いを済ませたら、10円玉くらいの量のシャンプーを手にとり、少しのお湯を馴染ませて十分に泡立てましょう。汚れを落としやすくすることはもちろん、髪や頭皮に与える刺激を抑えるためにも、しっかりと泡立ててから髪につけることは重要です。
● 下から上へマッサージするように洗う
洗う順番は、血行に沿って下から上が基本です。襟足、後頭部、耳の後ろときて、その後にもみあげ、側頭部を洗ったら、最後は頭頂部と前頭部です。洗うときはゴシゴシとこするのではなく、指の腹を使ってやさしくマッサージするようにしましょう。そうすることで頭皮や髪を傷つけることも少なくなるうえに、血行促進効果も期待できます。
● すすぎ残しがないようにしっかりと洗い流す
しっかりと洗ったら、あとはシャンプーを洗い流すだけです。シャンプー液が頭皮に残っていると雑菌の繁殖や炎症につながる恐れがあるため、すすぎ残しがないよう丁寧に洗い流しましょう。
● トリートメントは根元より上に付ける
トリートメントやコンディショナーは、傷んだ髪の毛のダメージを補ったりコーティングしたりする役割を担っています。そのため根元につけてもあまり意味がないばかりか、すすぎ残しの原因にもなるため根元より上につけるようにしましょう。またコンディショナーの場合は、トリートメントのように髪の毛に浸透させるものではないため、つけたらスグに洗い流しましょう。

頭皮マッサージで育毛促進

ここまでシャンプーからドライまでのオススメな方法を紹介しました。いつものやり方に一手間加えるだけでも、髪や頭皮に与えるダメージは軽減されるのではないでしょうか。

さらに育毛効果を高めたいという方は、お風呂上がりの頭皮マッサージを習慣化してみてはいかがでしょうか。マッサージの方法はとっても簡単で、頭皮全体を指の腹でやさしく揉みほぐすようにおこなうだけでOKです。頭皮の血行を促進することは育毛効果が期待できますので、気軽に実践してみましょう。

髪も他の細胞と同じく栄養素や酸素を吸収して成長するので、それらを運ぶ血液の流れが悪くては成長に悪影響を及ぼす可能性があります。お風呂上がりは体が温まり血液が流れやすい状態なので、マッサージには絶好のタイミングといえますね。

薄毛にはシャンプーよりも治療が効果的

薄毛や抜け毛は原因が多岐にわたるため、シャンプーの方法を見直しても劇的に改善されないかもしれません。しかし、こういった生活習慣の改善を積み重ねることが、結果として育毛を促して抜け毛予防につながるのです。シャンプー以外にも、食事や睡眠、運動など見直すべき生活習慣は多くあります。不摂生だと感じる習慣があれば、徐々にでも改善できるよう努めましょう。

ただし抜け毛の原因がAGAや円形脱毛症などの病気であれば、シャンプーや育毛マッサージでは改善できません。特にAGAは進行性の疾患のため、まずは医師による適切な診療と早期治療が改善への近道となります。

東京にある秋葉原駅から徒歩およそ4分のAGAヘアクリニックでは、医療用シャンプーをはじめ豊富なAGA治療薬をご用意。カウンセリング・診療は無料で実施しているため「まずは話を聞くだけ」という利用方法も可能です。薄毛の根本治療を開始したい方は、生活習慣の改善とともに当院での治療もご検討ください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
治療用シャンプーの効果