このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みタグ:

【医師が教える】ノンシリコンシャンプーvsスカルプシャンプー!育毛に効果的なのは?

東京秋葉原のAGAヘアクリニックへ
シャンプーケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

世の中には、さまざまな種類のシャンプーが存在します。「どれも似たようなもの」と思うのは早計で、シャンプーに配合される成分によって大きな違いがあるのです。汚れをきれいに落とすことに特化した製品もあれば、頭皮環境の改善を促して抜け毛や薄毛を予防するものまで、期待できる効果は多様にあります。

その中で今回は、髪に良いといわれている「ノンシリコンシャンプー」と「スカルプシャンプー」をクロースアップして、その特徴やデメリットなどについてご紹介します。育毛や薄毛予防の効果が期待できるといわれる2つのシャンプーには、実は大きな違いがあるのです。

スカルプシャンプーとは

スカルプシャンプーは、頭皮の健康改善を第一に考えて作られたシャンプーと言えます。ちなみにスカルプシャンプーの”スカルプ”とは、”頭皮”という意味を持っています。このシャンプーの大きな特徴は、洗浄力がやさしいことです。反対に、ドラッグストアなどで購入できる安価なシャンプーは、頭皮や髪に付着した汚れ・皮脂などをきれいに洗い流すために、洗浄力が強い製品が多いといわれています。

しっかりと皮脂を洗い落とした方が、髪や頭皮にとっていいのではないかと感じる方もいらっしゃるでしょう。しかし頭皮を健康に保つためには、適度な皮脂を残すことがとても重要なのです。なぜなら適度な皮脂のバリアが、紫外線や乾燥などの外的な刺激から頭皮を守ってくれるからです。つまり、皮脂をきれいさっぱり洗い流してしまうことは、頭皮を守るバリアを弱体化させてしまう恐れがあるのです。その点、スカルプシャンプーは頭皮の健康を考えて作られているので、刺激がやさしく皮脂を落とし過ぎること少ないといわれています。これによって理想的な頭皮環境が維持され、育毛効果が期待できるのです。

ノンシリコンシャンプーとは

ノンシリコンシャンプーも、髪や頭皮の健康に気を使う方々に人気のシャンプーです。ノンシリコンシャンプーは、その名の通り「シリコン」が含まれないシャンプーの総称です。シリコンの役割は、髪を”シリコンの膜で覆う”ことよって、手触りの滑らかさを生んだり摩擦で受ける髪のダメージを軽減する効果にあります。

しかしその一方で、シリコンに対しては批判的な意見もあります。それは、シャンプー液のすすぎ不足などでシリコンが頭皮に残ると、毛穴をふさいで育毛に悪影響を及ぼすというものです。この指摘に科学的根拠はないものの、シリコンに対する批判的な情報がインターネットや口コミにより広まったことで、ノンシリコンキャンプーに注目が集まったと考えられます。

しかし最近、一部の研究でシリコンの安全性が証明されました。これにより、シリコンに対する批判的な意見は、以前に比べて少なくなっています。

2つのシャンプーの違いは?

スカルプシャンプーとノンシリコンシャンプーの違いは、「シリコンに対する考え方」と「頭皮環境の改善に対する考え方」にあるといえます。始めに、シリコンに対する考え方で2つを比較してみましょう。まずスカルプシャンプーの定義に、シリコンの有無は関係ありません。シリコン含有の商品も中にはあります。一方ノンシリコンシャンプーは、シリコンを含まないシャンプーの総称です。そのため当然、シリコンは含んでいません。

次に、頭皮環境の改善に対する考え方はどうでしょうか。スカルプシャンプーの目的は頭皮環境を整えることにあるので、改善効果が期待できる成分を含んでいる傾向にあります。しかしノンシリコンシャンプーは、その点に特化しているわけではありません。頭皮環境を整える成分の有無はまちまちです。

ちなみに洗浄力に関しては、どちらのシャンプーが強い・弱いということはないようです。つまり商品次第ということになります。強いて選ぶとすれば、スカルプシャンプーの方が、洗浄力がやさしい傾向にあります。

以上を踏まえて、整理してみましょう。まず、シリコンに抵抗感がある方は、ノンシリコンシャンプーを選ぶことをおすすめします。ノンシリコンシャンプーも商品によって配合成分が違うので、ご自身の体質にあったものを使用してください。次に、頭皮環境の改善を目指す方は、スカルプシャンプーが良いでしょう。頭皮の乾燥や皮脂の過剰分泌を抑えるには、洗浄力がやさしく皮脂を落としすぎないこちらが有効といえます。薄毛や抜け毛を予防するという観点でも、頭皮環境の改善が期待できるスカルプシャンプーが効果的といえそうです。

それぞれのデメリットとは

良い面に続き、それぞれのデメリットについても解説しましょう。まずスカルプシャンプーは、商品によって差はあるものの、洗浄力が弱い傾向にあるといわれています。そのため脂性の方や、整髪料を多く使用する方は、一度のシャンプーで十分に汚れを落としきれない場合があります。また、使用後に爽快感を感じにくいという一部の意見もあります。こういったデメリットを解消した商品も販売されているため一概にはいえないものの、総合的にこの2つがデメリットとしてあげられるでしょう。

一方ノンシリコンシャンプーは、シリコンが配合されていないため、髪に滑らかさや光沢が出にくいことがデメリットといえます。これにより、髪のパサつきや手触りの悪さを感じる場合があるでしょう。また高額の商品が多い傾向にあり、ものによっては数千円以上する場合もあります。

用途や体質に合ったシャンプー選びを

どのようなシャンプーでも、メリットとデメリットは存在します。そのため一概に、どちらのシャンプーが優れているとはいえません。なぜなら、使用者の体質や好みなどによって、”最高のシャンプー”は異なるからです。また今回ご紹介したシャンプー以外にも、選択肢はあります。例えば洗浄力がやさしいシャンプーを希望するなら、「アミノ酸系シャンプー」も選択肢に入るでしょう。そのほか、育毛に効果的な成分を多く配合した「育毛シャンプー」などもあります。大切なのは、どのカテゴリの商品が何に対して効果的かを知ることです。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
治療用シャンプーの効果とは

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
治療用シャンプーの効果