このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】フケ対策には育毛シャンプー!保湿成分がフケ改善に効果的なワケ

シャンプーケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

頭に強いかゆみを感じたり、髪や服に「フケ」が目立つようになったという経験はありませんか? 急なかゆみやフケの発生には、必ず原因があります。その原因を改善しないまま放置すれば、大量のフケが発生してしまう恐れもあるのです。さらに、かゆみやフケは抜け毛などのトラブルを引き起こす可能性もあるので、気づいたら早めに頭皮ケアを始めましょう。今回は、かゆみやフケが発生する原因を解説するとともに、予防・改善策についてご紹介します。

急にフケが出る原因とは?

フケの正体は、古くなった頭皮の角質が剥がれ落ちたものです。頭皮も皮膚の一部なので、古い角質が剥がれて新たな皮膚に生まれ変わること自体は、自然な現象といえます。しかし、一目でわかるほどのフケが発生している状態は、頭皮に何らかの”トラブル”が起きている可能性が高いと考えられます。

そのトラブルの原因は、意外なところに潜んでいます。生活習慣の変化もそのひとつ。例えば、体質に合わないシャンプーを使っていたり、食生活が偏ったりなど、些細なことが頭皮環境の悪化を招いているかもしれません。ダイエットを始めた、喫煙や飲酒の回数が増えたなども、トラブルの原因になる生活習慣の変化です。

また別の理由として、ストレスが影響している可能性もあります。仕事の悩み、人間関係の悩み、恋の悩みなど、ストレスの原因はいくらでもあるでしょう。そういったことでストレスが慢性化すると、頭皮環境に悪影響を及ぼす恐れがあります。

フケの種類と改善策

フケは、見た目や発生原因によって、大きくふたつに分けることができます。原因が異なるということは、予防策や改善策も当然変わるということです。下記の特徴をみて、改善の参考にしてください。

1. 乾性フケ
フケのひとつひとつが細かく、パラパラと乾燥している場合は、頭皮の乾燥などが原因で起こる「乾性フケ」です。このフケは、頭皮の保湿やビタミンAの摂取を心がけることで、改善が期待できます。また、フケが気になって必要以上にシャンプーをしてしまうことも、実は乾燥を招く恐れがあります。1日に何度もシャンプーしたり、洗浄力が強いシャンプーを使用すると、適度に必要な皮脂まで洗い流してしまい、頭皮の乾燥につながる可能性があります。シャンプーの回数は1日1回にとどめ、洗浄力がやさしい「アミノ酸系シャンプー」などを試してみましょう。
2. 脂性フケ
ベタベタと粘着性があるフケの場合は、頭皮の皮脂が過剰に分泌されることで発生する「脂性フケ」です。この脂性フケは、「皮脂の増加」と「マラセチア菌の増殖」が相互に影響しあって起こると考えられます。脂性フケを改善するためには、まず皮脂の過剰分泌を抑えることから始めましょう。そのコツも、実はシャンプーの習慣にあります。頭皮が乾燥すると、乾燥を防ぐために体の防衛本能が働き、皮脂を過剰分泌してしまうことがあるのです。つまり過度なシャンプーは、体質次第で乾性フケと脂性フケ、どちらも招く可能性があるということです。その他、脂っこい食事を控え、適度な運動を心がけることも、頭皮の皮脂を減らす効果が期待できます。

洗浄力が強いシャンプーとは、安価なシャンプーの多くに該当する「高級アルコール系」シャンプーのことです。高級アルコール系のシャンプーは、洗浄力が強く泡立ちも良い反面、乾燥肌や敏感肌の人が使用すると、頭皮トラブルを招く恐れがあるのです。そこでおすすめなのが、頭皮環境を改善するためにさまざまな有効成分が配合された「育毛シャンプー」です。

育毛シャンプーでフケ予防!

育毛シャンプーは、髪が生えやすいよう頭皮環境を整えることで、育毛を促す効果が期待できるシャンプーです。洗浄力がやさしいことはもちろん、保湿成分などが配合された商品もあるので、フケの改善に効果が期待できるのです。

またその他にも、血行を促進する成分や育毛に効果的な栄養などが配合された育毛シャンプーもあるため、そういった商品を使用することで薄毛・抜け毛を予防する効果も期待できます。今はフケが気にならないという方でも、普段から刺激がやさしい育毛シャンプーを使用し、髪や頭皮をケアしてみてはいかがでしょうか。

ただし、育毛シャンプーは一般的なシャンプーに比べて価格が高めなので、金銭的に無理がない範囲で購入を検討しましょう。もし継続的に育毛シャンプーを使用することが難しい場合は、アミノ酸系の比較的安価なシャンプーを使用することをおすすめします。

フケの改善に効果的な成分とは

まず、乾性フケに効果的な成分としては、「角質溶解成分」と「保湿成分」が挙げられます。フケは古くなった角質が剥がれ落ちたものなので、角質の状態を整える成分が配合されたシャンプーを使用するのが効果的です。加えて、保湿成分が配合されていれば、なお良いでしょう。

次に脂性フケですが、こちらは原因のひとつでもあるマラセチア(頭皮の常在菌)に対して殺菌効果を持つ「ケトコナゾール」配合シャンプーがおすすめです。ただし、ケトコナゾール配合シャンプーは国内で市販されていないので、医療機関で診察を受けたうえで、医師に処方してもらいましょう。個人輸入などで購入することもできますが、偽物や粗悪品のリスクがあるため推奨はできません。

フケを予防・改善する生活習慣

フケやかゆみの予防・改善に対して育毛シャンプーは一定の効果が期待できるものの、それだけでは不十分な場合もあります。なぜならフケを抑制するには、食事、睡眠、運動など、基本的な生活習慣を見直して、体内から改善を促すことも大切だからです。

1. 睡眠
睡眠は日中に受けた髪や頭皮のダメージを回復するうえでとても重要です。十分な睡眠時間がとれなかったり眠りが浅かったりすると、修復が不十分になりダメージが蓄積してしまいます。十分な睡眠時間を確保するのはもちろん、リラックスして眠ることを心がけましょう。
2. 食事
脂っこいものや味付けの濃いものばかり食べていると、脂(あぶら)性や血行不良を招く恐れがあります。ビタミンやミネラル、たんぱく質など、栄養バランスを考慮した食事が大切です。
3. 運動
体を動かすことは、血行促進にもつながるうえに、ストレス発散効果もあります。ウォーキングやランニングなど、軽めの有酸素運動を継続しておこないましょう。ただし、日差しが強い日中に屋外で運動する時は、紫外線などの刺激から頭皮を守るために、帽子を着用することをおすすめします。

髪や頭皮の健康は、規則正しい生活を送ることで保たれています。ご自身の生活習慣が乱れていると感じたら、早めに見直しましょう。

頭皮ケアを心がけよう

フケが発生する頭皮環境というのは、育毛にとっても良くない環境であるといえます。頭皮の乾燥や皮脂の過剰分泌によって起こる皮膚炎や脱毛症もあるため、早めに改善をおこないましょう。万が一頭皮環境を整えてもフケが治らない場合は、皮膚科で処置を受けることをおすすめします。日頃から正しい生活習慣やシャンプーの方法を意識して、髪や頭皮を健康に保つことを心がけましょう。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックTOPへ
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックTOPへ
女性専用の薄毛治療薬について