このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】薄毛に有効な成分はコレ!配合成分で育毛シャンプーの効果を見極める

女性専用の薄毛治療について
シャンプーケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

薄毛を予防・改善する方法と聞いて、まず思い浮かぶものといえば、「育毛剤」や「育毛シャンプー」ではないでしょうか。なかでも育毛シャンプーは、比較的安価で手に入る身近な商品といえます。毎日使っているシャンプーから切り替えるだけなので、生活に取り入れやすことも利点のひとつでしょう。

しかし、いざ商品を求めて店舗の陳列棚を目の前にすると、商品の多さに目移りしたり効果が分からず迷ってしまったりすることがあると思います。そこで今回は、育毛シャンプーに含まれる有効成分と特徴について解説します。なぜ育毛シャンプーが薄毛の予防・改善に対して効果を期待できるのか、詳しく知ることができますよ!

育毛に良い成分の代表格「アミノ酸」

シャンプーに含まれる主な成分は、「水」「界面活性剤」「防腐剤」の3種類が基本です。そこにシリコンや着色料、香料といった成分が追加で含まれている場合があります。主な成分のひとつである界面活性剤は、皮脂を落としやすくするための洗浄成分です。このおかげで、髪や頭皮の汚れをきれいに落とすことが出来るというわけです。

界面活性剤にはいくつかの種類がありますが、大きな違いは洗浄力の強さや肌との相性です。一般的なシャンプーに含まれている界面活性剤の中に「高級アルコール系」と分類されるものがあります。洗浄力が強く泡立ちが良い反面、肌が弱い人には刺激が強すぎてしまうのが特徴です。育毛の場合、頭皮への刺激はなるべく抑えて労ってあげることが大切です。育毛シャンプーを選ぶのなら「アミノ酸系」の界面活性剤を使用した商品がおすすめです。アミノ酸系の界面活性剤は弱酸性で、肌との相性もよく洗浄力がやさしいことが特徴です。つまり、それは皮脂を落とす力が比較的弱いということでもあります。

ひと昔前は、皮脂が毛穴に詰まることが薄毛や抜け毛の主な原因と噂されていました。しかし現在では、よほど不潔にしていない限りそういったことが原因で薄毛になる可能性は低いと考えられています。頭皮も皮膚の一部なので、適度に皮脂や水分を保った状態こそ育毛にベストな環境なのです。

アミノ酸系シャンプーを選ぶポイント

配合されている界面活性剤の種類は、ボトルの裏面を見れば一目でわかります。成分表示に「グリシン」「メチルアラニン」「グルタミン酸」「メチルタウリン」「サルコシン」などのキーワードを含んだ成分名が表記されていれば、アミノ酸系の界面活性剤を配合したシャンプーです。ぜひ育毛シャンプーを購入するときの参考にしてくださいね。

なお成分名を確認するときに、ひとつ注意して欲しいことがあります。それは、アミノ酸系以外の界面活性剤の有無です。成分表を見て、もし「ラウリル硫酸ナトリウム(Na)」や「ラウレス硫酸ナトリウム(Na)」などの表記があれば、それは高級アルコール系の界面活性剤が含まれている商品です。だからといって悪い商品というわけではありませんが、純粋なアミノ酸系シャンプーよりも洗浄力は強いと考えられます。

成分表は上から含有量の多い順番で表記されているので、どちらの界面活性剤が多く配合されているかは容易判別できす。中にはアミノ酸系シャンプーを謳っているにもかかわらず、含有量が少ない商品もあります。パッケージの表面だけで判断しないよう気を付けましょう。

グリチルリチン酸で雑菌の繁殖を予防

ここからは、育毛に良いとされる成分をいくつかご紹介します。ただし、こういった成分はすべての育毛シャンプーに含まれているわけでありません。シャンプーを選ぶ際に、あらかじめ成分表で確認しましょう。

はじめに、グリチルリチン酸の作用について解説します。グリチルリチン酸とは、いわゆる「甘草エキス」のことを指します。商品によっては「グリチルリチン酸2kジカリウム」と表記されることもあります。このグリチルリチン酸は、鎮痛作用や鎮痙作用、解毒作用のほか抗アレルギー作用などがある漢方薬として、古くから親しまれてきました。育毛シャンプーにおける作用は、炎症抑制効果や抗菌・殺菌効果などが期待できます。

頭皮は髪に覆われているため蒸れやすく、雑菌が繁殖しやすい環境といえます。雑菌が繁殖すると、悪臭や化膿性の吹き出物が発生する原因になる恐れがあります。それに加えて、皮脂の過剰分泌などの悪条件が重なれば、フケ症などを引き起こすことも考えられます。グリチルリチン酸を含む育毛シャンプーには、こういった症状を予防・改善する効果が期待できるのです。なお、グリチルリチン酸は漢方薬として用いる成分なので、副作用の心配が少ないことも特徴です。

ホホバオイルで頭皮の乾燥を予防

続いて、ホホバオイルの効果を解説します。ホホバオイルは植物から抽出した天然オイルであり、安全性が高いうえに肌になじみやすいという利点も持っています。

このホホバオイルを配合した育毛シャンプーには、保湿効果やアンチエイジング(抗老化)効果があるといわれています。また角質をやわらかくする働きもあるので、毛穴に詰まった皮脂や汚れを浮かせる作用も期待できます。頭皮の乾燥やフケを予防・改善したいという方には、有効な成分といえるでしょう。なお、ホホバオイル単体で髪や頭皮をケアする商品もあります。

ノコギリヤシはAGAの改善に効果的?

一度でも育毛関連の商品を調べたことがある方なら、ノコギリヤシの名は聞いたことがあるかもしれませんね。この成分は、AGA(男性型脱毛症)の原因である「5αリダクターゼ」を抑制する効果が期待できるとして、一部の育毛剤や育毛シャンプーに配合されています。

AGAは成人男性に起こりやすい脱毛症のひとつです。ノコギリヤシの効果を解説する前に、まずはAGAのおおまかな発症メカニズムをご説明しましょう。

AGAの原因は、男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)が髪の生え変わる周期に悪影響を及ぼすことだといわれています。そしてそのDHTは、同じく男性ホルモンのテストステロンが、5αリダクターゼと呼ばれる酵素と結びついて変化したものなのです。

ただし、ノコギリヤシの効果に関しては研究で証明されているものの、まだ医学的根拠としてレベルは高くありません。そのため、日本のAGA治療ガイドラインによると評価でも、高く評価するまでには至っていないのが現状です。ノコギリヤシを配合した育毛シャンプーのAGA抑制効果には、個人差があるといわざるをえません。

その他の育毛に効果的な成分

ご紹介した成分以外にも、頭皮環境の改善や血行促進など、育毛効果が期待できる成分はいくつもあります。一例として、3つの成分について簡単に解説します。

● オタネニンジン根エキス
チョウセンニンジンやコウライニンジンとも呼ばれ、滋養強壮に効果があるといわれています。効果の”もと”となる成分のジンセノサイドには、抗酸化作用、血行促進作用などの他に、自律神経を整える作用も期待できます。
● セイヨウアカマツ珠果エキス
血行促進作用、収れん作用、充血緩和作用などがあるといわれています。これらの作用によって、頭皮をひきしめたり、炎症や吹き出物を抑える効果が期待できます。
● ローズマリーエキス/精油
抗菌作用、抗酸化作用、消炎作用などにより、かゆみやフケといった育毛の妨げになりうる諸症状の改善が期待できます。

なお、この他にも馬油やオリーブオイル、アロエエキスなどといった、保湿効果が期待できる成分も育毛シャンプーに含まれている場合があります。ご自身の頭皮環境を踏まえたうえで、効果的な育毛シャンプーを選びましょう!

本気で薄毛を治療したいならAGAヘアクリニックへ

育毛シャンプーには、頭皮改善や育毛に良い効果をもたらす成分がたくさん含まれています。しかし薄毛や抜け毛を予防する効果が期待できる一方で、すでに抜けてしまった髪を生やすことには大きな期待はできないでしょう。また育毛シャンプーは医薬品ではないことも忘れてはいけません。薄毛や抜け毛の治療が目的であれば、薄毛治療の専門クリニックを受診してみることをおすすめします。

東京 秋葉原にあるAGAヘアクリニックでは、薄毛治療用のシャンプーをはじめ豊富な治療薬をご用意しております。お一人おひとりのプランに沿った治療が可能なので、必要最小限の治療費での治療が可能です。カウンセリング・診察料は無料なので薄毛治療をはじめたい方はぜひ一度当院までお越しください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
治療用シャンプーの効果