このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】洗浄力が強いと逆に危険!? 頭皮の乾燥を招くとされるシャンプーの成分

シャンプーケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

みなさんは抜け毛や薄毛が起こる原因について、どれくらいご存知ですか? AGA(男性型脱毛症)や円形脱毛症などは知っていても、一部の頭皮疾患や生活習慣の乱れが薄毛や抜け毛を招く可能性があることは、あまり知られていません。

そういった原因のひとつに「シャンプーの成分による頭皮環境の悪化」も含まれています。なぜ頭皮をキレイにするはずのシャンプーに、そのような疑いの目が向けられているのでしょうか。

AGAタイムスでは、この意外ともいえるこの疑問を解消すべく、薄毛や抜け毛につながる可能性を持った成分の特徴について、詳しく説明していきます。

シャンプーの主要成分ってなに?

シャンプーのボトルには、そのシャンプーに配合されている成分が記載されています。この成分表は、含有量が多い順に上から記載されていることが一般的です。成分表を見れば、そのシャンプーにどんな成分が多く含有されているかがひと目でわかるのです。

ほどんどのシャンプーの場合、成分表の一番はじめに記載されているのは「水」です。次いで「界面活性剤」の成分や防腐剤、シリコンや香料などが後に続きます。それぞれの含有量は水が全体の70%、界面活性剤が20%と全体の9割を水と界面活性剤が占めており、その他成分が10%未満というのが一般的なシャンプーの配合率です。

さて、冒頭で述べた“薄毛や抜け毛を招くかもしれない成分”とはズバリ、界面活性剤のことです。界面活性剤はシャンプーの洗浄力を担っており、頭皮や髪を清潔に保つために欠かせない成分です。

もちろんすべての界面活性剤が悪者というわけではありません。どのような場合に薄毛や抜け毛の原因と関連してくるのか、その理由は次の項目で説明します。

界面活性剤の種類と特徴にはどんなものがあるの?

まずはじめに、シャンプーで使用される界面活性剤の種類をご紹介します。代表的な3つの成分と、その特徴をまとめました。

1. 高級アルコール系(石油系)
ドラッグストアなどで販売されている安価のシャンプーには、このタイプの界面活性剤が配合されている傾向にあります。非常に泡立ちが良く、また洗浄力も高いためさっぱりとした洗い上がりで爽快感を得ることができます。その反面、頭皮に与える刺激が強く、乾燥肌や敏感肌の方とは相性が悪い場合もあります。
2. アミノ酸系
洗浄力がやさしく、肌と同じ弱酸性であるため髪や頭皮に与える刺激が少ないという特徴を持っています。また髪のダメージを補修する効果が期待できるともいわれています。ただし、高級アルコール系の界面活性剤を使用したシャンプーに比べて、高額な商品が多いことはデメリットです。
3. 石けん系
自然由来の石けんは洗浄力が強く、脂性の方と相性が良い傾向にあります。一方で、石けんはアルカリ性なので、弱酸性の頭皮や髪に対して使用すると、髪がきしんだりパサついたりすることがあります。クエン酸リンスなどを用いて中和することで回避できるようですが、やや面倒に感じる方もいるでしょう。

当たり前ですが、どちらの成分も数回使用したからといってすぐに抜け毛につながるわけではありません。しかし、乾燥やかゆみなどによって頭皮環境を悪化させ、そのことが原因で薄毛や抜け毛を助長したり、育毛を妨げてしまう可能性は高くなるといえるでしょう。抜け毛を予防したい方は、なるべく刺激が少ないシャンプーを使用することをおすすめします。

薄毛を誘引する可能性がある成分とは?

ご紹介した中で、注意したい界面活性剤とは、“高級アルコール系”に分類される成分です。中でも、次に紹介する2つは頭皮への刺激が強いといわれており、頭皮に必要な皮脂まで洗い落としてしまう場合があります。

皮脂は、紫外線や外気の乾燥などから頭皮を守るバリアの役割を持っているため、必要以上に取り除くことは育毛にとってマイナスになるといわれています。肌が弱い人や乾燥しやすい人は、特に避けた方が良いでしょう。

1. ラウリル硫酸ナトリウム
洗浄力が非常に強い成分です。この成分は分子が小さく、すすぎがあまいと頭皮に残りやすい点も頭皮に良くない理由のひとつといわれています。最近ではあまり使われなくなっている成分でもあります。
2. ラウレス硫酸ナトリウム
市販されるシャンプーの多くに使用される界面活性剤です。ラウリル硫酸ナトリウムより刺激は少ないとされていますが、それでもアミノ酸系などとは比ぶべくもないようです。

当たり前ですが、どちらの成分も数回使用したからといってすぐに抜け毛につながるわけではありません。しかし、乾燥やかゆみなどによって頭皮環境を悪化させ、そのことが原因で薄毛や抜け毛を助長したり、育毛を妨げてしまう可能性は高くなるといえるでしょう。抜け毛を予防したい方は、なるべく刺激が少ないシャンプーを使用することをおすすめします。

似た成分名の界面活性剤も多い!

シャンプーボトルを見れば配合されている成分をみることはできますが、分かりやすく「アミノ酸系」や「高級アルコール系」と書いてあるわけではありません。前項のラウレス硫酸ナトリウムやラウリル硫酸ナトリウムのように混同しやすい名称の成分が多く、非常に紛らわしいといえますね。

一部ではありますが、シャンプーによく使用されている界面活性剤の名前を種類別にまとめました。シャンプーを選ぶ際の参考にしてみてくださいね。

1. 高級アルコール系
・ラウレス硫酸Na
・ラウリル硫酸Na
・ラウレス‐4カルボン酸Na。
ほか
2. アミノ酸系
・ココイルアラニンNa
・ココイルグルタミン酸TEA
・ラウロイルアスパラギン酸Na 地
ほか
3. 石けん系
・ラウリン酸K
・オレイン酸K
・カリ石鹸素
ほか

これ以外にも界面活性剤の種類はありますので、ご自身が使用されているシャンプーの成分が気になる場合、一度調べてみても良いでしょう。

悩んだら育毛シャンプーがおすすめ!

ここまで育毛に良くない成分について説明してきましたが、反対にぜひ試していただきたいシャンプーもあります。それは、アミノ酸系の育毛シャンプーです。

なぜ?と思われるかもしれませんが、育毛シャンプーは基本的に頭皮環境を整えることを目的に開発されていますので、刺激も少なく、頭皮を保湿したり血行を良くする成分などを配合している場合がほとんどです。そのため、薄毛や抜け毛の悩みを抱える方はもちろん、フケやかゆみ、湿疹などの頭皮トラブルの改善にも有効である場合が多いのです。

ご自身の体質にあったシャンプーがもっとも良いことは言うまでもありませんが、どんなシャンプーが合うのか分からないという方は、一度手にとってみてはいかがでしょうか。

自分にあったシャンプーを探そう

毎日使うシャンプーだからこそ、体質に合わない成分が配合されていると、積もり積もって髪や頭皮のトラブルを引き起こす可能性があります。だからこそこの機会に、ぜひ使用するシャンプーを見直してみることをおすすめします。

洗浄力はもちろん、洗い上がりの爽快感や髪に与えるツヤとハリ、香りなども商品によって様々です。ご自身にとって最高のシャンプーを探してみましょう。

頭皮に優しいシャンプーを使って頭皮環境を整えることが、育毛にも繋がっていきます。そういった細やかな配慮が、薄毛や抜け毛を予防することにもなるでしょう。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

長濱ねるの料金表へ
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

長濱ねるの料金表へ
女性専用の薄毛治療について