このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

【医師が教える】市販の育毛シャンプーはクリニックのシャンプーと何が違う?

シャンプーケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

皆さまは「薄毛を予防・改善するヘアケアアイテム」と聞いて、どんな商品を連想しますか? 多くの方は、育毛シャンプーや育毛剤など、“育毛”と名のつく商品を思い浮かべるのではないでしょうか。特に育毛シャンプーは、ドラッグストアやインターネット通販でも購入できることから、かなり身近な存在になっています。

しかし育毛シャンプーは、商品によって効果や成分が大きく変わります。市販の商品だけでも結構な数になるうえに、薄毛治療専門クリニックが販売しているシャンプーなども含めれば、その種類はかなりのもの。正しい知識がないと、どのような商品が自身に合っているのか、迷ってしまいますよね。そこで今回は、市販の育毛シャンプーと、薄毛治療専門クリニックが販売するシャンプーの違いをまとめてみました。育毛シャンプーの基本的な効果もご紹介するので、ぜひ育毛シャンプーを選ぶ時の参考にしてください!

脱毛症の種類とメカニズム

育毛シャンプーの効果を知るうえで、脱毛症の種類やメカニズムを把握することはとても重要です。なぜなら、症状によって育毛シャンプーだけでは、効果を実感しづらいことがあるためです。まずは自分がどの症状に当てはまるのか、チェックしてみましょう。

1. AGA(男性型脱毛症)
AGAとは、男性ホルモンの作用により薄毛になってしまう疾患です。AGAは男性ホルモンの一種である「テストステロン」が抜け毛を誘発するホルモンに変化することにより、ヘアサイクルを短くしてしまいます。すると、成長した髪の毛がどんどん減っていき、薄毛となってしまうのです。20代〜30代で薄毛になる場合、このAGAを発症しているケースが多いといわれています。額の生え際やつむじ付近が徐々に薄毛になり、最終的に両側頭部と後頭部以外の髪が全て抜けてしまうという特徴があります。
2. 瘢痕性(はんこんせい)脱毛症
瘢痕性脱毛症には、後天性と先天性があります。まず後天性とは、怪我や火傷などによって頭皮が瘢痕化し、毛包が破壊されてしまうことで起こる脱毛です。一方、先天性は病気によって引き起こされるケースです。エリテマトーデスや扁平苔癬(へんぺいたいせん)、細菌や真菌感染症などに感染すると、高い確率で頭皮の瘢痕化を引き起こすといわれています。
3. トリコチロマニア
小児期の、特に女児に多い病気です。無意識のうちに自らの髪を引っ張り、抜いてしまうことで起こる脱毛症です。「抜毛症」ともいわれますが、医学的には脱毛症に分類されています。女性の象徴でもある髪を抜いてしまうこの病気は、女性という性別への拒絶やストレスなどが原因だといわれています。また小児だけではなく、大人にも症状がみられることがあります。
4. 円形脱毛症
一般的に“円形脱毛症はストレスが原因”というイメージが定着しています。しかし実際にストレスが起因するケースは少なく、ストレスが原因という説に対して否定的な見解も多くなっています。円形脱毛症の詳しい原因は明らかになっていませんが、もっとも有力なのは、自己免疫疾患の影響という説です。免疫機能の異常により毛包がリンパ球の攻撃を受け、破壊されてしまうことで髪が抜けるとされています。円形脱毛症の治療には、主にステロイド剤が使用されています。
5. 牽引性(けんいんせい)脱毛症
髪の毛を結んだりエクステを着用するなどして、髪を引っ張り続けることが原因で起こる脱毛症です。長時間、継続的に髪の毛が引っ張られ続けることで頭皮に負荷がかかり、結果として薄毛や抜け毛が起こります。別名「機械性脱毛症」ともいわれます。この症状を予防するためには、髪型を変えたりエクステの着用を一時的にやめるなどして、頭皮への負担を抑えることが有効です。
6. 脂漏性皮膚炎による脱毛
頭皮など、皮脂の分泌量が多い箇所で起こりやすい症状です。皮脂の分泌量が増えると、その皮脂をエサとする常在菌(マラセチア菌)が繁殖し、その代謝物によって皮膚に炎症が起こります。それがもとで頭皮環境が悪化すると、薄毛や抜け毛につながる恐れがあるのです。脂漏性皮膚炎を予防するには、頭皮を清潔にすることはもちろん、脂っこい食事を控えるなどして皮脂の分泌量を抑えることが大切です。
7. 粃糠(ひこう)性の脱毛
粃糠性の脱毛は、大量の“フケ”が悪影響を及ぼすことで起こります。大量に発生したフケが毛穴を詰まらせてしまうことで、雑菌が繁殖して頭皮に炎症が起こり、抜け毛を招く恐れがあるのです。乾燥肌やアレルギー体質の人に起こりやすい症状といわれています。乾燥を防ぐことが予防につながるので、頭皮の保湿や生活習慣の改善が効果的です。

こういった症状の中で、育毛シャンプーによって予防・改善が期待できるのは、「AGA(男性型脱毛症)」「脂漏性皮膚炎による脱毛」「粃糠性(ひこうせい)の脱毛」の3つです。

育毛シャンプーの効果とは

それでは、前述の抜け毛や薄毛に対する育毛シャンプーの効果について説明します。まずはじめに断っておきますが、市販されている育毛シャンプーで発毛を促すことはほとんど期待できません。ではなぜ”育毛”シャンプーなのかといえば、それは育毛に適した頭皮環境を整える成分が配合されているからです。

抜け毛や薄毛が起こる原因は、脱毛症以外にもたくさんあります。頭皮の血行不良や皮脂の過剰分泌などといった、頭皮環境の悪化もそのひとつです。育毛シャンプーには、一部の頭皮環境の悪化を予防・改善する効果が期待できるのです。

その効果として、まず挙げられるのは“洗浄力のやさしさ”です。含有成分は商品によって違いがあるものの、洗浄力のやさしさに関しては多くの商品に当てはまります。ただ、洗浄力のやさしさが、なぜ頭皮環境を改善するのか疑問に思う方もいるでしょう。その理由は、「乾燥」と人の体が持つ「自己防衛反応」にあります。

まず、頭皮の皮脂について考えてみましょう。皮脂が過剰に分泌されている状態はもちろん良くありませんが、一方で皮脂を洗い落としすぎてしまうことも問題です。なぜなら頭皮の皮脂は、紫外線や乾燥などから頭皮を守る、バリアの役割を担っているからです。つまり、適度な量の皮脂を残した状態が、育毛に適した頭皮環境と言えるのです。洗浄力が強いシャンプーは皮脂を洗い落としすぎてしまう可能性があるため、特に乾燥肌や敏感肌の人は注意が必要です。バリアを失った頭皮は乾燥しやすくなり、フケなどのトラブルを招く恐れがあります。

さらに、頭皮が乾燥すると紫外線などの外的ダメージを防ぐため、体が過剰に皮脂を分泌してしまうことがあります。これは、人の体が持つ自己防衛反応のひとつです。そうなれば今度は、脂漏性皮膚炎などのトラブルにつながります。

洗浄力のやさしい育毛シャンプーは、頭皮の皮脂量を安定させて乾燥を予防することで、育毛に適した頭皮環境を保ってくれるのです。このように、育毛シャンプーの役割は直接発毛に働きかけることではなく、髪が育ちやすい頭皮環境を整えることにあります。それにより、一部の脱毛症を予防できるのです。

洗浄剤にも種類がある?

洗浄力のやさしさは、配合されている界面活性剤の種類で決まります。この界面活性剤とは、分子の内に「水になじみやすい部分」と「油になじみやすい部分」を持つ物質です。シャンプーだけでなく、食器用洗剤や洗濯用洗剤など、油汚れを落とす洗浄剤に配合されています。

1. アミノ酸系育毛シャンプー
洗浄力がやさしいため、頭皮の乾燥を予防する効果が期待できます。保湿効果も高く、シャンプー後の髪がしっとり仕上がることも特徴です。近年では多方面でアミノ酸が注目されていることもあり、育毛シャンプー以外のシャンプーにもアミノ酸系の界面活性剤を使用した商品が増えているようです。
2. 石鹸系育毛シャンプー
アミノ酸系育毛シャンプーに比べてやや洗浄力が強いため、皮脂の分泌量が気になる方におすすめです。また自然由来の成分なので、安心感があることも特徴です。ただし、石鹸はアルカリ性なので、シャンプー後に髪がゴワついてしまう恐れがあります。そのような時は、弱酸性のコンディショナーやリンスを使用すると良いでしょう。

クリニックで処方されるシャンプーに含まれる成分「ケトコナゾール」とは

次はいよいよ、市販の育毛シャンプーと、薄毛治療専門クリニックが販売するシャンプーの違いを解説します。もっとも大きな違いとしては、「ケトコナゾール」と呼ばれる成分が配合されていることにあります。ケトコナゾール含有シャンプーは、性格には育毛シャンプーではありません。ケトコナゾールは、真菌(いわゆるカビ)に対する殺菌作用を持った抗真菌薬です。しかし薄毛に対して有用に作用する成分でもあるため、市販の育毛シャンプーと合わせて説明します。

人の頭皮には、マラセチアという真菌が誰にでも存在しています。とはいえ、普段であれば特に悪影響はありません。しかしこのマラセチアは、フケや皮脂をエサとして増える性質を持っているため、皮脂の過剰分泌が起こると異常増殖する恐れがあるのです。その結果、マラセチアの代謝物によって頭皮に炎症が生じ、脂漏性皮膚炎を発症してしまうのです。こういった症状の予防に、抗真菌薬であるケトコナゾールを配合したシャンプーが有効なのです。

市販の育毛シャンプーや薬用シャンプーの中には、殺菌・抗菌作用を持った商品も存在します。しかし、医薬品であるケトコナゾールを配合したシャンプーは、国内では市販されていません。そのため入手するには、薄毛治療専門クリニックなどで処方してもらう必要があるのです。さらにケトコナゾールには、薄毛の悩みを抱える成人男性の多くが影響を受けているといわれるAGAを、抑制する作用も期待できます。ケトコナゾール配合シャンプーと一般的なシャンプーの比較試験により、5αリダクターゼの抑制に対する有用性が示されているのです。

薄毛や抜け毛にはいくつかの原因があるうえに、育毛シャンプーにもさまざまな種類が存在します。そのため、薄毛や抜け毛の原因によっては、効果が期待できない育毛シャンプーもあるのです。薄毛治療専門クリニックでは、原因を特定することはもちろん、その症状に対して適切なシャンプーをすすめてくれます。これによって、どのシャンプーが良いか迷ったり、症状の予防・改善に適さない育毛シャンプーを購入してしまうなどのデメリットを、高い確率で回避できるのです。

市販の育毛シャンプーとクリニックで処方されるシャンプーの違い

市販の育毛シャンプーと薄毛治療専門クリニックで販売しているシャンプーの違いは、配合成分にあります。クリニックで処方されるシャンプーには医薬成分が配合されていますが、このようなシャンプーや治療薬を入手するためには医療機関で処方してもらわなければなりません。海外から個人輸入するという手段もありますが、偽物や粗悪品などのリスクを考えると、避けたほうが良いでしょう。ただし、薄毛治療専門クリニックで販売されているすべてのシャンプーにケトコナゾールが配合されているわけでありません。もし購入を勧められた場合はクリニックに成分の確認をしたほうがよいでしょう。

市販の育毛シャンプーにも、洗浄力のやさしさはもちろん、頭皮の保湿や血行促進など、薄毛予防にさまざまな効果が期待できます。しかしそれも、薄毛の原因に対して適切な商品でなければ、効果が半減してしまいます。だからこそ、パッケージやメーカーで選ぶのではなく、しっかりと育毛シャンプーの効果を把握してから、購入することが大切なのです。

        

本気で薄毛治療を考えるなら AGAヘアクリニックへ

成人男性の薄毛は、AGAが原因であるケースが大半を占めるといわれています。AGAは進行性の脱毛症なので、放置しても自然治癒することはありません。さらに、AGAは症状が初期であるほど治療の効果が高いといわれているので、「もしかして薄毛?」と感じたら、まずは薄毛治療専門クリニックに相談することが大切です。

東京秋葉原にあるAGAヘアクリニックでは、ケトコナゾールを配合したシャンプーや髪の毛を生やす治療薬など、専門クリニックならではの豊富な治療薬をご用意しております。カウンセリング・診察料は無料なので薄毛にお悩みの方、少しでも髪の毛を生やしたい方はぜひ一度当院までご相談ください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックTOPへ
AGAヘアクリニックの特徴へ

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックTOPへ
女性専用の薄毛治療について