このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】育毛との関係は? ノンシリコンシャンプーと一般的なシャンプーの違い

シャンプーケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

一時期テレビなどで話題になった「ノンシリコンシャンプー」という商品をご存知でしょうか。ノンシリコンシャンプーとは、その名の通り「シリコン」が入っていないシャンプーの総称です。皆さまの中には、シャンプーを選ぶときはノンシリコンと、決めている方もいるでしょう。しかし一方で、シリコンの有無が髪や頭皮にどのような効果をもたらすのかについては、意外と知られていません。

シリコンが入っていないことで髪が美しくなると考えている方もいれば、育毛や薄毛予防に対する効果を期待している方もいらっしゃると思います。そこで今回は、ノンシリコンシャンプーの特徴や一般的なシャンプーとの違いをまとめてみました。すでにノンシリコンシャンプーを使用中の方はもちろん、これから使ってみたいという方も、ぜひ参考にしてください。

シリコンとは何か

そもそも、シャンプーにシリコンが入っていることには理由があります。シリコンが髪をコーティングすることによって、髪を乾かした時に、サラサラと手触りの良い髪に仕上がるのです。また、傷んだ髪を一時的に補修する効果も期待できます。

シャンプーの成分表示には、シリコンではなく「シロキサン」「シクロメチコン」「ジメチコン」などの名称で記載されています。つまり、シリコンはシャンプーにとって無用な成分ではないのです。ではなぜシリコンが入っていないノンシリコンシャンプーが、髪に良いとされているのでしょうか。その理由は次の項目で説明します。

シリコンは髪に本当に良くないの?

シリコンが良くないといわれる理由には、本来シャンプーの役割において必要のない成分だからという説があります。髪や頭皮に付着した汚れを洗い流すシャンプーに、コーティング作用とはいえ髪に残るような成分を配合するのは、なんらかの悪影響を及ぼしかねないといわれているのです。また、シリコンの成分が頭皮の毛穴につまることで、薄毛や抜け毛を招くという説もあります。こういった噂が広まったことで、シリコンを配合していないノンシリコンシャンプーに注目が集まったと考えられます。

しかし実のところ、シリコンが髪や頭皮に良くないという噂については、否定的な意見が多くあります。なぜなら上記のような噂には、科学的根拠がないからです。ただシリコンに限った話ではないものの、シャンプーやリンスの液体がすすぎ不足で頭皮に残っていると、頭皮環境を悪化させて育毛に影響を及ぼす恐れはあります。また稀に、シリコンに対してアレルギーを持つ方がいるので、そういった場合にはノンシリコンシャンプーが有効でしょう。

ノンシリコンシャンプー=オーガニックシャンプーではない

ノンシリコンシャンプーと混同されがちな製品のひとつに「オーガニックシャンプー」というものがあります。ちなみにオーガニックは「有機」という意味で、農薬や化学肥料に頼らず自然の恵みを生かした栽培法や加工方法のことをさします。自然のものならば無添加なのでは?とも思われがちですが、無添加をあらわす言葉ではないので注意してください。

オーガニック製品について、オーガニック先進国である欧米では「石油由来の化学成分の排除」「植物由来成分のうち70〜90%をオーガニック原材料」「動物由来成分の排除」というような、明確な基準が設けられています。一方、日本ではまだ欧米のような基準が設けられていません。そのため、すこしでも有機栽培の原材料が含まれていれば、オーガニックシャンプーを名乗れてしまいます。

オーガニックシャンプーと同様に、ノンシリコンシャンプーにも「天然成分配合」や「無添加」というイメージがありますが、どちらも誤りなので気をつけましょう。製品によって多少異なるものの、オーガニックシャンプーは有機栽培の原材料が含まれた製品、ノンシリコンシャンプーはシリコンが含まれていない製品の総称です。

界面活性剤の種類が育毛に影響する?

ここまでの説明で、シリコンの有無が育毛に対して大きな影響を及ぼさないことがわかりました。ノンシリコンだからといって、髪や頭皮にやさしいシャンプーとは限りません。では育毛に効果的なシャンプーとは、一体どのようなものなのでしょうか。その答えのひとつに「界面活性剤」という成分があります。

界面活性剤とはシャンプーに配合されている洗浄剤のことです。界面活性剤にはいくつかの種類がありますが、とりわけ多くのシャンプーに使用されているのは、高級アルコール系に分類される界面活性剤です。高級アルコール系界面活性剤の特徴は、洗浄力と脱脂力が強いことです。一見良いことのように思えますが、頭皮の皮脂を洗い落としすぎてしまった場合など、時として悪い方向に作用してしまうことがあるのです。

頭皮の皮脂は、紫外線や乾燥から頭皮を守るバリアの役割を持っています。洗浄力の強いシャンプーで皮脂を洗い落としすぎてしまうと、バリアが弱まり頭皮トラブルを招く恐れがあるのです。これはすべての方に当てはまるわけではないものの、乾燥肌や敏感肌の方は高級アルコール系シャンプーを避けたほうが良いでしょう。高級アルコール系に分類される界面活性剤には、「ラウリル硫酸Na」や「ラウレス硫酸Na」といった種類があります。シャンプーを選ぶ際は、参考にしてみてくださいね。

反対に、洗浄力がやさしい界面活性剤もあり、アミノ酸系界面活性剤がそれに該当します。育毛シャンプーなどにも用いられているアミノ酸系界面活性剤ですが、皮脂を洗い落としすぎないため乾燥などの頭皮トラブルを起こしにくいと考えられます。ノンシリコンシャンプーを選ぶ場合、このアミノ酸系の界面活性剤を配合したものを選んだほうが、より髪にやさしいといえるでしょう。ただし、頭皮の皮脂が多い方には不向きな場合もあるので、体質によってシャンプーを選ぶことが大切です。

ノンシリコンシャンプーにはデメリットがある?

シリコンが含まれていないことには、実はデメリットが存在します。それは、髪にパサつきやゴワつきが起こりやすいという点です。

これは特に、市販の安価なノンシリコンシャンプーに多いといわれています。なぜなら、洗浄力が強い高級アルコール系の界面活性剤が皮脂を必要以上に洗い落としてしまううえに、髪をコーティングするシリコンも含まれていないためです。購入する際は、成分表を見て界面活性剤の種類を確認しましょう。アミノ酸系のノンシリコンシャンプーであれば、皮脂を適度に残してくれるので、シリコンが含まれていなくても髪がパサつくことは少ないといわれています。

薄毛のお悩みはAGAヘアクリニックまで

製品によって差はあるものの、ノンシリコンシャンプーはシリコンが含まれていないということ以外、一般的なシャンプーとの違いはありません。そのため、育毛や薄毛予防の効果が期待できるわけではないのです。シャンプーにはシリコン以外にも界面活性剤や保湿成分、香料など様々な成分が入っています。シリコンの有無だけでなく、配合成分をよく見て自身の目的に合った製品を選ぶようにしましょう。

東京の秋葉原にあるAGAヘアクリニックでは、カウンセリング・診察を無料で実施。また、豊富なAGA治療薬のほかにも頭皮トラブルに有用な成分「ケトコナゾール」を配合した医療用シャンプーをご用意しております。健やかな頭皮環境に改善させることから始めるのが、育毛・薄毛予防への近道です。薄毛にお悩みの方、今のうちに薄毛を予防しておきたい方はぜひ一度当院までご相談ください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックTOPへ
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックTOPへ
女性専用の薄毛治療薬について