このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】誤った使い方が抜け毛を増やす?リンスの役割と正しい使い方

東京秋葉原のAGAヘアクリニックへ
シャンプーケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

シャンプー後のヘアケアといえばリンス(コンディショナー)ですよね。このリンス、間違った使い方によって抜け毛を引き起こしてしまう可能性があることをご存知でしょうか。

シャンプー後のリンスは、もはや当たり前の習慣といえます。しかしリンスは髪の毛を補修してしっとりと潤すものだろう程度の認識のまま、その成分や効果までも知った上で使う方はあまり多くないのではないでしょうか。本来なら髪を美しく保つはずのリンスが、使い方次第で育毛の妨げになることもあります。そこで今回は、リンスの役割と含まれる成分を説明するとともに、正しいリンスの使い方もご紹介します。

リンスの役割って何だろう?

シャンプーの後はリンスで仕上げをする人は多いことでしょう。それがすっかり習慣となっていてリンスの本来の役割やどんな成分が含まれているのかは、あまり気にしませんよね?

リンスの役割は、髪を油分でコーティングしたり保湿することです。髪の毛は日頃から内的・外的の双方から様々なダメージを受けており、ダメージを受けると髪の毛一本一本の表面を覆うキューティクルが剥がれやすくなります。キューティクルが剥がれてくると、髪の毛の内側に存在するタンパク質や水分も失われやすい状態になってしまいます。リンスは、キューティクルが剥がれた部分をコーティングして、髪の毛内部の栄養素を守ってくれます。含まれる成分が髪の一本一本に保護膜を張ることで、様々なダメージからキューティクルを守り、髪の毛の栄養素や水分が失われることを防いでくれるのです。

リンスとトリートメントは混同されやすいですが、リンスには髪の毛内部に浸透してダメージを補修する効果はありません。基本的に髪の毛の保護膜を補うことを目的としています。反対にトリートメントは髪の毛の内部まで成分が浸透してダメージを補修する効果があるため、リンスとは使用方法や注意点が異なります。リンスとトリートメントは、その製品に応じた使い方に注意しましょう。

なぜリンスの誤った使用法が頭皮トラブルを招く?

リンスには、確かに髪の毛をコーティングする成分が含まれています。しかし頭皮に直接塗布したところで、頭皮への保湿効果を発揮してくれるわけではありません。

リンスの誤った使用方法の一つが、“頭皮にまでリンスをつけてしまう”こと。リンスのコーティング力は強く、油分を多く含んでいます。そのため頭皮へ付着すると毛穴の油分量が増加し、頭皮の健康状態を保っている元々の皮脂量のバランスが崩れてしまう可能性があります。そうなってしまうと、フケやかゆみなどの頭皮トラブルの原因にもなりえるのです。

またリンスを使う人の中には、“コーティング効果が薄れるので、しっかりと洗い流さない方がよい”と誤解している人もいます。確かに洗い流し不要のトリートメントなどもありますが、一般的なリンスは使用後にしっかり洗い流す必要があります。そしてリンスはなるべく頭皮に付着しないよう、髪の毛の真ん中から毛先に馴染ませてください。そしてリンス液が残らないよう最後まで丁寧に洗い流すこと。これが基本的な使用方法です。

正しいリンスの使い方とは?

これまでの自分のリンスの使い方を振り返って、少し不安になってしまった方もいるかもしれません。ここでは正しく洗髪するコツをご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

1. シャンプーを丁寧に洗い流す
当たり前かもしれませんが、まずはシャンプーをしっかり洗い流しましょう。シャンプー液が残った状態でリンスをつけると、リンスが効果を発揮する邪魔になってしまいます。すすぎ残しがないように、丁寧にシャワーで洗い流しましょう。
2. 髪の水分をとる
シャンプーを洗い流した後は、十分に髪の毛の水分をある程度落としてからリンスをつけましょう。少し手間かもしれませんが、髪に水気が多く残っていると水分に邪魔されてリンスのコーティング効果が薄れてしまいます。髪の水分をよくしぼりだして、リンスの効果を実感しましょう。
3. リンスを頭皮につけない
先述したように、リンスを使用する際は頭皮にべったりとリンスが付着しないように気をつけましょう。頭皮にたくさんつけてしまうと、すすぎ残しの原因にもなります。髪の毛を束でとるようにしながら、毛先から頭皮の方向に向かってもみ込むように馴染ませていくのがベストです。
4. リンスを丁寧に洗い流す
リンスを髪全体に馴染ませたら、すぐに洗い流しましょう。リンスやコンディショナーは髪に浸透するトリートメントとは成分が異なるので、つけてから流すまでに時間をおく必要はありません。むしろ、リンスをつけたまま湯船に浸かったりなどで時間が経過すると、頭皮の毛穴が開きリンスが入り込んでしまう可能性があります。かゆみや皮脂の過剰分泌の原因にもなりかねませんので、髪に馴染ませた後は素早く洗い流すようにしましょう。
5. すすぎは念入りに!
リンスを洗い流す際は、シャワーの水圧を利用して洗い流すとよいといわれています。やや強めのシャワーとたっぷりの湯量で洗い流すことで、リンスしっかりと落とすことができます。ただし圧の強すぎるシャワーが直接頭皮にあたり続けると、逆に頭皮に負担をかけてしまう場合もあるので気をつけましょう。
6. 髪の毛はよく乾かすこと
お風呂からあがった後は丁寧にタオルで水気を切って、ドライヤーで乾かしましょう。髪が濡れた状態のまま長時間放置したりそのまま寝入ってしまうと、キューティクルが枕などとの摩擦で剥がれて髪が痛む原因になることもあります。

まとめ

リンスの使用方法について、これまでみなさんが考えていた常識や認識と異なる点はありましたか? リンスの成分はあくまで髪の毛の表面に対してのみ作用します。頭皮にとっては、使い方を誤るとかえってトラブルを引き起こす可能性がある成分です。

洗い残しがないよう丁寧にすすげば、簡単に頭皮トラブルは避けられます。もし日頃の洗髪で思い当たる点があれば、今日からでも実践してみてください。正しいリンスの使用方法を知って頭皮トラブルを防ぎ、元気で健康的な髪を目指しましょう!

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
治療用シャンプーの効果とは

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
治療用シャンプーの効果