このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】過度なシャンプーがフケを招く? フケの原因と改善策を紹介

シャンプーケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛や頭皮に関連する悩みの中でも、「フケ」で悩む方は多いのではないでしょうか。フケ=不潔というイメージは拭い去れませんし、かゆみや抜け毛などの諸症状を伴うこともあります。もしフケが出てしてしまったら、一刻も早く改善したいと誰もが思うものですよね。しかしフケの原因については、詳しく知らない方が多いのではないでしょうか。

そこで今回のAGAタイムスでは、フケの種類や原因、改善策についてもご紹介します! 今フケやかゆみでお悩みの方はもちろん、未然に予防したい方にとっても必見です。

フケの正体とは

外見がどことなく不潔そうに見えてしまう頭皮のフケ。この正体は、“剥がれ落ちた頭皮の古い角質”です。人の皮膚は、古い角質が剥がれ、新しい皮膚が生まれることを繰り返しています。これを「ターンオーバー」といいます。普段あまり印象に残らないと思いますが、目に見えない細かいフケ(古い角質)は日常的に発生しているのです。

しかし角質が大きく、はっきりと目視できるほど大量に出ていた場合は注意しましょう。なぜなら頭皮に何らかのトラブルが起きている可能性が高く、放置するとフケやかゆみが悪化するばかりか、抜け毛を招く可能性すらあるからです。目視できるほどの大きなフケは、頭皮環境の異常を知らせる「危険信号」ともいえるでしょう。

フケのタイプについて

フケは特徴によって、2つのタイプに分類できます。ひとつは細かくパサパサと乾燥した「乾性フケ」。もうひとつは湿り気がありネバネバした「脂性フケ」です。この2種類のフケは、見た目も発症の原因も異なります。そのため、それぞれの原因を知ることが改善の第一歩となります。フケを抑えるということは、頭皮環境を健全に保つことに他なりません。頭皮環境は育毛の良し悪しにもつながります。だからこそ、育毛環境の改善や薄毛予防にもつながるといえます。

乾性フケの原因

乾性フケの発症原因は、大部分が「頭皮の乾燥」によるものだといわれています。頭皮が極端に乾燥していたり、炎症を起こしている状態は「頭皮環境が悪化している」ともいえます。そのような状態で正常なターンオーバーをおこなうのは難しいでしょう。

人の表皮は何層にも重なる地層のような形でできており、下層から押し上げられることで新しい皮膚に生まれ変わります。表面に近い細胞ほど角化が進んでおり、フケや垢となって剥がれ落ちやすい状態になっています。この状態の角化した細胞が剥がれ落ちることは自然なことです。しかし頭皮環境が悪化すると、本来まだ剥がれ落ちる段階ではない表皮の層が角化細胞となり、早期に剥がれ落ちてしまうことがあります。つまり表皮から少し深い層の部分までが剥がれ落ちるので、目に見える量でサイズの大きなフケになるのです。

頭皮が乾燥する原因はいくつか考えられますが、大きく内的要因と外的要因に分けることができます。アトピー性皮膚炎など体の“内的”な問題及び疾患で起こる場合や、外気の乾燥や過度なシャンプーなど“外的”な問題による場合などです。同じ乾燥でも、原因が変われば対処方法も異なります。まずは自身に起こっている乾燥の原因を把握することが、予防・改善を始めるうえで大切なのです。

乾性フケの改善方法:その1

乾性フケが内的な問題で発生している場合は、まず体の状態を改善する必要があります。皮膚炎などの病気が疑われるようなら、皮膚科で適切な治療を受けましょう。また内的な問題には、食生活の乱れや睡眠不足などの不摂生も含まれます。生活習慣を整えることは、フケの予防・改善はもちろん、健康増進にもつながります。健康的な体は新陳代謝が活発であるため、ターンオーバーも正常化し、フケも改善されやすいといえるでしょう。

次に、外的な問題で乾性フケが発生している場合です。まず外気の乾燥や紫外線からのダメージを防ぐことは、頭皮の乾燥を予防するうえで重要です。帽子をかぶる、日傘をさすなどといった対策と合わせて、十分な頭皮の保湿を心がけましょう。その他にもヘアカラーやパーマの繰り返しが、頭皮環境に影響を及ぼす恐れもあります。乾性フケが目立つ場合は、頭皮が弱っているともいえます。頭皮に刺激を与えやすいヘアカラーやパーマは、一時的に控えた方が良いかもしれません。

乾性フケの改善方法:その2

頭皮の乾燥を招く意外な原因のひとつとして、シャンプーもあげられます。

どのシャンプーにも、頭皮や髪についた汚れや皮脂を洗い流すため、界面活性剤と呼ばれる洗浄成分が含まれています。しかし一部の界面活性剤は、頭皮の乾燥を招くとも考えられているのです。その理由は“洗浄力の強さ”にあります。

最も乾燥を招く恐れがあるとされているのは「高級アルコール系」に分類される界面活性剤を含有したシャンプーです。この界面活性剤を含んだシャンプーは洗浄力が強く、髪や頭皮の汚れや余分な皮脂をキレイに落とせるという特徴を持っています。良いことのように思えるかもしれませんが、実はそうとも限りません。なぜなら皮脂を適度に残すことこそ、育毛に適した健康的な頭皮環境を作る上で欠かせない要素だからです。

皮脂には紫外線や外気の乾燥などから頭皮を守る、いわばバリアのような役割があります。そのため洗浄力の強いシャンプーで皮脂を洗い落としすぎると、頭皮のバリア機能が弱まって外からの刺激を受けやすくなってしまうのです。特に乾燥肌や敏感肌の方は、洗浄力の強いシャンプーを避けた方が無難かもしれません。アミノ酸系の界面活性剤を含有したシャンプーは、高級アルコール系シャンプーに比べて比較的洗浄力がやさしいのでおすすめです。

その他にも、シャンプーは1日1回、シャンプー液の使用量を控える、熱湯で頭を洗わないなども、皮脂を適度に保つ効果が期待できます。

脂性フケの原因

脂性フケは、複数の条件が重なることで発生するといわれています。発生条件として挙げられるのは「皮脂の過剰分泌」と「マラセチア菌の異常繁殖」の2つです。これらの条件が相互に影響を及ぼし合うことで、脂性フケは発生していると考えられています。

脂性フケの発生原因において中核ともいえる「マラセチア菌」は、人間の皮膚に存在する常在菌の一種です。常在菌というのは健康な頭皮にも存在している真菌(カビの一種)です。通常であれば問題を起こさないマラセチア菌ですが、皮脂が過剰に分泌されると異常繁殖をする可能性があります。これは、マラセチア菌が皮脂を糧として繁殖する性質を持っているためです。こうして繁殖したマラセチア菌の排泄物によって頭皮に炎症が起こると、「脂漏性(しろうせい)皮膚炎」を発症する場合があります。この症状が、脂性フケにつながりやすいとされているのです。

脂漏性皮膚炎を放置すると、皮脂の酸化によって悪臭を放つことや、強いかゆみを伴う場合があるほか、脱毛にも繋がる場合があります。脂漏性皮膚炎や脂性フケは比較的男性に多い症状ですが、ホルモンバランスの乱れや食生活の偏り次第では女性に発症するケースもゼロではないようです。

脂性フケの改善方法

頭を何日も洗わないなど、不潔にしていることは頭皮環境の悪化に繋がります。しかし、洗いすぎも良くないことは先述した通りです。そこでおすすめなのが「フケ用シャンプー」です。マラセチア菌の繁殖を抑える抗真菌成分が配合されているため、脂性フケにお困りの方はぜひ一度試してみると良いでしょう。

また、フケの予防にはアミノ酸系シャンプーも良いですが、実は「育毛シャンプー」もおすすめです。育毛シャンプーは、頭皮環境の正常化を第一に考えて開発されています。そのため洗浄力がやさしく、一定の皮脂を残したまま洗い上げることができるといわれています。

ただし、これらのシャンプーを使用したら必ず脂漏性皮膚炎やフケが治るというわけではありません。症状が進行している場合は、早め皮膚科などを受診して適切な処置を受けた方が良いでしょう。長引けばそれだけ症状も悪化してしまいますので、早めの治療が大切です。

フケには適切なケアを

フケは印象の悪さや、かゆみ以外にも抜け毛につながる可能性があります。だからといって、過度なシャンプーやヘアケア商品の乱用は、逆効果になってしまう場合があるため注意が必要です。普段から生活習慣を整えるなどして予防することはもちろんですが、もしフケが発生してしまったら、自身のフケが「乾性」「脂性」どちらなのかチェックした上で適切な対処をするよう心がけましょう。また判断に迷う場合は、皮膚科などの医療機関で診察を受けましょう。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックTOPへ
女性専用の薄毛治療薬について

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックTOPへ
女性専用の薄毛治療薬について