このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】誤った使い方は薄毛につながる? ヘアトリートメントの正しい使用方法とは

シャンプーケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

毎日のヘアケアにトリートメントを取り入れている人も多いでしょう。トリートメントは髪の毛の内部まで栄養が行き届くように作られた製品で、髪の毛の痛みを補修したり、翌朝のスタイリングをまとめやすくできる優れものです。しかしその使い方を誤ると、抜け毛の原因になってしまう場合もあります。 

せっかく髪の毛をきれいにするために使用しているトリートメントが、逆効果になってしまっては意味がありません。そこで今回はトリートメントの役割と正しい使い方、そして抜け毛や薄毛との関係についてご紹介します。

トリートメントとリンスの違い

トリートメントは、シャンプー後のリンスとはその役割や効果が異なります。

リンスは髪の表面に保護膜を張ることで、ブラシや指の通り、ツヤ感をよくしてくれる製品です。リンスを使うと髪がサラサラ、ツヤツヤとした質感になりますが、それはあくまで髪の毛の表面における効果。髪の毛の内部に栄養が浸透しているわけではないため、一般的に髪の毛の内部へのダメージ補修効果は期待できません。ちなみに最近はトリートメント成分を配合したリンスも登場しています。

一方でトリートメントはリンスのように保護膜を張り、さらに髪の毛の内部にまで成分や栄養を浸透させ、髪のダメージを補修してくれる役割を持っています。製品によって仕上がりの状態も様々で、パサつきがちな髪質にはしっとりと仕上がるタイプのトリートメント、ダメージが気になる場合はダメージケア用のトリートメントを使うと効果的でしょう。

トリートメントの間違った使い方と、薄毛・抜け毛との関係

髪の毛を保護し、ダメージを補修する役割を持つトリートメントですが、毎日の使用において気を付けたい点もあります。洗髪の際にトリートメントを頭皮にまでべったりと塗布したり、あるいはすすぎが不十分な場合は、抜け毛の要因につながる可能性があります。

トリートメントには油分が含まれており、この油分が頭皮に付着したままだと毛穴を詰まらせ、それがフケやニキビの原因へとつながります。頭皮環境の悪化は健康な育毛の妨げになるだけでなく、頭皮の皮脂が多くなりすぎると、雑菌が繁殖して炎症を引き起こす場合があります。その結果、抜け毛や薄毛が悪化する可能性もあります。

せっかくシャンプーで髪の毛や頭皮をきれいに洗っても、トリートメントのすすぎ不足で頭皮環境を悪化させ、抜け毛を増やすことになってしまっては本末転倒です。トリートメントは自分の髪の毛量やコンディションに合わせて適量を使用し、すすぎ残しのないように心がけましょう。

トリートメントの正しい使い方

ここからはトリートメントの正しい使い方をご紹介します。

  • 1.はじめに、シャンプーで頭皮を洗って清潔な状態にしておきます。すすぎの際は、シャンプーの液体が残らないように十分注意してください。

 
  • 2.シャンプーをすすいだ後、髪の毛の水気を切ります。手でぎゅっと絞るか、軽くタオルドライするのがおすすめです。水気が切れたらトリートメントを両手になじませ、頭皮につかないように髪の毛の内側から馴染ませるようにつけていきましょう。

  • 3.トリートメントを馴染ませたら、髪の毛の内側に成分を浸透させるために数分間放置します。なお最近は時間をおかなくても効果の出やすいトリートメントも販売されているので、ボトルの注意書きをよく見てから使用しましょう。

  • 4.トリートメントが髪に残らないように、よく洗い流します。トリートメントは少しヌルっとするぐらいの量を残して置いたほうがよいのではと感じる人がいるかもしれませんが、頭皮についてしまう恐れがあるので、しっかり洗い流しましょう。

  • 5.トリートメントを洗い流したら、十分にタオルドライをします。

トリートメントの中には、洗い流さないタイプのものもあります。この場合は、シャンプーの後、タオルドライした髪に馴染ませてからドライヤーを当てるとよいでしょう。

頭皮専用のトリートメント

トリートメントは一般的に髪の毛に使用する製品ですが、中には「スカルプトリートメント」と呼ばれる、頭皮に使用できるトリートメントもあります。

スカルプトリートメントには、頭皮にこびりついた汚れを浮かしたり、乾燥を防いだりする効果があります。さらに、マッサージを一緒に行うことで、血行がよくなり育毛への効果も期待できます。

使用方法は製品によって異なり、洗髪前の乾いた頭皮に塗布するタイプや、洗髪後のタオルドライした頭皮に使用するタイプなど、製品も様々です。髪の毛に使うトリートメントとは使い方が違う場合が多いため、まずは製品の説明書や注意書きをしっかり読み、正しく使用しましょう。

頭皮にできものやアレルギーがある場合は、症状が悪化する場合もありますので、使用の前には説明書をよく読み、異常がある場合は医師に相談してください。

まとめ

トリートメントは髪の毛の内部にまで成分を浸透させ、髪の毛を美しく見せてくれます。しかし適切な使い方をせずにトリートメントが頭皮につくと、毛穴が塞がれてフケやかゆみの原因となり、その結果、薄毛や抜け毛の要因となってしまうこともあります。頭皮の乾燥などが気になる場合は、スカルプトリートメントを使うことで改善される場合もあります。使い方次第では髪の毛の味方になってくれるせっかくのトリートメントも、間違った使い方を続けていると逆効果になってしまいます。正しく使って健康的な頭皮環境を保ちましょう。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックTOPへ
女性専用の薄毛治療について