このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】石けんシャンプーの強い味方! クエン酸リンスの魅力

東京秋葉原のAGAヘアクリニックへ
シャンプーケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

ヘアケアアイテムのひとつ「クエン酸リンス」をご存知ですか? あまり耳馴染みのない言葉かもしれませんが、石けんシャンプーの後に使用すると髪はサラサラ、頭皮も引き締まってとても調子がよくなるといわれています。さらにクエン酸リンスは、天然素材だけを使って自宅でも簡単に作ることができます。今回のAGAタイムスでは、ヘアケアに有効といわれているクエン酸リンスの効果と、自宅で簡単にできるクエン酸リンスの作り方をご紹介します。

クエン酸リンスと相性が良い「石けんシャンプー」

誰もが馴染み深いであろう石けん。その歴史は古く、約5,000年も前から用いられてきました。そんな石けんの主成分である脂肪酸ナトリウムや、脂肪酸カリウムといった界面活性剤を配合したシャンプーが「石けんシャンプー」です。石けんは水と混ざることで界面活性作用を失う特性を持っているため、比較的肌荒れを起こしにくいといわれています。また、自然由来の成分なので、環境にやさしいこともメリットです。

石けんは、とてもシンプルな方法で生産されています。環境にも人にもやさしいうえに、生産しやすいことも相まって、古くから親しまれています。

石けんシャンプーの欠点を補うのがクエン酸リンス

環境や人にやさしい石けんにも、ひとつ難点があります。それは、水に含まれるミネラル(ナトリウム、マグネシウムなど)と結合することで、石けんカスに変化する性質を持つ点です。例をあげると、色の濃い洋服の洗濯に石けんを使用すると部分的に白いものが付着してしまうことがあります。これが石けんカスです。ほかにも食器洗いで使用する場合も、手早くすすがないと食器に石けんカスが残って白く曇ることもあります。

石けんシャンプーを使用する場合も同様です。石けんはアルカリ性の物質なので、頭皮の表面が一定時間アルカリ性に変化したり、髪のキューティクルを開いてしまう性質を持っています。これが原因で、髪や頭皮がきしんだりゴワついたりすることがあります。

ここまでのご紹介で「石けんシャンプーには興味あるけど、なんだか髪や頭皮に悪そう……」と、不安になる方もいるかもしれません。それを解消できるのが「クエン酸リンス」です。こういった石けんシャンプーの弱点を中和して補ってくれるのです。次の項目では、その作用について詳しく説明していきます。

クエン酸リンスの効果

クエン酸は酸性なので、石けんシャンプーでアルカリ性に傾いてしまった髪を中和してキューティクルを引き締める効果があります。さらに髪や頭皮に残った石けんカスを脂肪酸に変化させ、髪をツルツルにしてくれる効果もあります。つまりクエン酸リンスは、石けんシャンプーの欠点を補ったうえで使い勝手も向上させてくれる、ベストパートナーといえるでしょう。またクエン酸自体にも細胞の活性化を促す作用があるため、傷んだ頭皮の回復や乾燥予防の効果が期待できます。

クエン酸は、さつまいものデンプンを粉末状にしたものが薬局などで簡単に手に入ります。この粉末のクエン酸を使用すれば、自宅で手軽にクエン酸リンスを作ることができます。

驚くほど簡単! クエン酸リンスの作り方

石けんシャンプー用として販売されているリンスも、キューティクルを引き締めたり石けんカスを中和する作用を持っています。しかし自作すれば非常に安価で、それらと同等に近い効果を持ったクエン酸リンスが手に入ります。またアロマオイルで好みの香りをつけたり、お気に入りのボトル容器に入れたりとカスタマイズを楽しむこともできます。

≪準備するもの≫
○クエン酸……60g
○水……500ml
○プラスチック製のボトル容器
○アロマオイル……数滴(香りづけ用)
○グリセリン……ティースプーン半分程度(保湿成分として)
※クエン酸、グリセリンは、「日本薬局方」と書かれているものを使用すると安心です。

作り方は驚くほど簡単です。クエン酸と水をよく混ぜたら、あとはお好みでアロマオイルやグリセリンを加えて完成。たったこれだけでクエン酸リンスの“原液”ができます。ただし自作のクエン酸リンスには防腐剤などの添加物が入っていないので、長期間置いておくと変質してしまいます。そのため冷蔵庫で保管し、2週間ほどで使い切るようにしてください。

自作クエン酸リンスの注意点は2つです。ひとつはグリセリンの配合量。入れすぎてグリセリンの濃度が高くなると、髪がパリパリになってしまうので気をつけましょう。もうひとつは取り扱いについてです。クエン酸は塩素系の洗剤と混ざると、有毒ガスが発生するため大変危険です。塩素系の洗剤の近くには置かないように注意しましょう。

クエン酸リンスの使い方

クエン酸リンスの原液は、そのまま使用するわけではありません。まず洗面器に5割〜8割くらいまでお湯をはりましょう。その中にクエン酸リンスの原液を、大さじ1〜3杯入れてよく混ぜてください。これで準備は完了です。あとはクエン酸リンスを混ぜたお湯を髪や頭皮になじませて、シャワーできれいに洗い流します。クエン酸は目や傷口に入るとしみることがあるので、入らないように注意しましょう。またクエン酸は大理石やセメント、テラコッタなどの素材を傷める恐れがあります。鉄を錆びさせる作用もあるので、使用後は丁寧に浴室を洗いましょう。

石けんシャンプー以外との相性は?

石けんシャンプーと相性抜群のクエン酸リンスですが、逆に他のシャンプーとはあまり相性が良くありません。陰イオン界面活性剤に分類される高級アルコール系シャンプーを使用する際は、陽イオン界面活性剤を含有したリンスで髪を中和させることによって髪の毛が整います。また高級アルコール系シャンプーは洗浄力と脱脂力がともに強力です。クエン酸リンスでは補えず、頭皮の乾燥を招いたり髪をパサパサにしてしまう恐れがあります。

体質にあったケアが大事

自然由来の石けんシャンプーで洗い、天然素材のクエン酸リンスで中和するというスタイルは、現在の自然志向・安全志向の流れに即しているといえます。どちらも安価で購入できるので、今からでも試してみたいと考えている方もいるでしょう。

ただし体質によっては、石けんシャンプーが合わない場合もあるので注意が必要です。少しでも異常を感じたらすぐに使用をやめ、皮膚科などの医師に相談しましょう。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について