このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】自然乾燥はダメージのもと! 髪にやさしいドライヤーの使い方

治療用シャンプーの効果とは
シャンプーケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

みなさまは入浴後、どのように髪を乾かしていますか? ドライヤーで入念に乾かすという方もいれば、自然乾燥派の方もいるでしょう。しかし「どんな方法でも乾けば同じ」というわけではありません。乾かし方ひとつで、髪にダメージを与えてしまう恐れもあります。正しい髪の乾かし方は、間接的に薄毛や抜け毛の予防にもつながります。

そこで今回のAGAタイムスでは、髪にやさしいドライヤーの使い方についてご紹介します。ヘアケアに気をつかっている方でも意外と手を抜いてしまいがちなドライヤー。この機会に是非参考にしてみてください。

濡れた髪はきちんと乾かすことが重要

薄毛や抜け毛といった髪に関するトラブルは、頭皮環境の悪化が原因である場合があります。頭皮環境が乱れる理由はいくつかありますが、雑菌の繁殖による頭皮の炎症もそのひとつです。雑菌は程よい温度かつ多湿の場所を好むため、髪を乾かさないまま放置すると雑菌の繁殖を招く恐れがあります。

さらに頭皮に残った水分の気化熱によって、頭皮が冷えて一時的に血行不良を招く場合もあります。髪も他の細胞と同じく、血液によって運ばれる栄養素や酸素を吸収して成長します。血行不良は血中成分の運搬を妨げ、栄養を十分に得られない恐れもあるので、育毛に対するリスクとなる可能性があります。

また、濡れたまま放置することは髪にもあまりよくありません。髪の毛の表面はキューティクルと呼ばれる薄い細胞の層に覆われ、外部の刺激から守られています。しかし髪は濡れると水分を含んで膨張し、キューティクルが開いてしまいます。そのまま放置すると髪の中の水分が蒸発してしまい、髪のパサつきや切れ毛などの原因になる場合があるのです。さらにその状態で眠ると、開いたキューティクルが寝具との摩擦で剥がれ、髪の毛が傷んでしまうことも考えられます。

髪の毛は熱にも注意

体の中でも髪の毛はとてもデリケートです。そのためドライヤーで乾かす際も十分に配慮したほうがよいでしょう。髪を構成する成分のほとんどはタンパク質であるため、一定の温度を超えると熱変性を起こしてしまいます。熱変性とは生卵に熱を加えると目玉焼きになるように、物質の性質が熱により変化する現象のことを指します。タンパク質は一度熱変性すると構造が壊れてしまうため、元に戻ることはありません。

髪の毛は乾いた状態よりも濡れた状態の方が熱変性を起こしやすく、60℃以上の熱を加えると傷んでしまいます。一般的なドライヤーの吹き出し口からは約100℃の熱風が出ています。そのためドライヤーを近づけすぎたり、同じ箇所に長時間温風を当て続けると、髪が熱変性により傷んでしまう恐れがあります。

髪にやさしいドライヤーのかけ方

髪のダメージを抑える乾かし方のポイントは大きく3つあります。

1. タオルでやさしく水分を拭き取る
ドライヤーを使用する前に、髪の水分をタオルでしっかりと拭き取ります。ただし、ゴシゴシと力任せに拭くのはやめましょう。特に髪の長い人はタオルで髪の毛を“はさむ”ようにして軽く押さえ、水分をタオルに移すような感覚でやさしく拭き取ります。力加減も、ポンポンと軽くたたく程度がよいとされています。
2. 髪からドライヤーを離して根元から風をあてる
髪とドライヤーは、20cm以上離して使いましょう。髪の毛を手ですくい、持ち上げるようにして温風をあてていきます。キューティクルは根元から毛先に向かって髪の表面を覆っています。その流れに沿うようにして温風をあてることで、髪にツヤが生まれやすくなります。また髪や頭皮の表面温度が高くなりすぎないように、ドライヤーの口を振るように使用します。一箇所に温風があたり続ける状態は避けてください。毛先は特に傷みやすいうえに根元からの熱伝導で次第に乾いてくるので、毛先をドライヤーで直接乾かすのは短時間にとどめましょう。
3. 温風から冷風に切り替える
7~8割ほど髪の毛が乾いたら、ドライヤーを冷風に切り替えます。こうすることでキューティクルが引き締まり、サラツヤ感が生まれます。最後にヘアブラシで髪を整えて終了です。このとき髪の毛がきちんと乾いていないと、ヘアブラシの摩擦でキューティクルを傷めてしまう恐れがあります。しっかりと乾いてからヘアブラシで整えるようにしましょう。完全に髪を乾かすことで寝ぐせもつきにくくなり、朝のお手入れも楽になります。

ドライヤーの方法ひとつで、髪や頭皮へのダメージを抑えることができます。熱によるダメージを抑えるためにも、椿油などの天然オイルやアウトバストリートメントなどでコーティングしてからドライヤーをかけると、コーティング剤が熱から髪を守ってくれるので安心です。ドライヤーの1回の効果は小さくても、これが1ヶ月、半年と続けば大きな違いとなるでしょう。また髪を乾かさずに長時間放置すると、雑菌の繁殖や血行不良を引き起こし、頭皮環境に悪影響を及ぼす恐れもあります。自然乾燥派の方もいると思いますが、なるべくドライヤーで手早く乾燥させることをおすすめします。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について