このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】正しく使えば髪が元気に! タイプで異なるトリートメントの効果と使い方

シャンプーケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

ヘアトリートメントには髪の保護や保湿、指通りをなめらかにするなど様々な効果があります。そのため女性はもちろん男性の中にも、トリートメントでヘアケアをおこなう方は多いでしょう。しかしトリートメントには「洗い流すタイプ」と「洗い流さないタイプ」があることをご存知でしょうか?どちらも同じトリートメントですが、洗い流す・洗い流さないの違いで、期待できる効果も異なります。そこで今回はタイプによって異なるトリートメントの使用方法や効果をご紹介します。2つのトリートメントの違いを知り、正しいヘアケアを始めましょう。

洗い流すインバストリートメント

洗い流すタイプの「インバストリートメント」(お風呂で使用するトリートメント)は、シャンプー後のヘアケアを目的として使用するのが一般的です。髪は濡れることでわずかに膨張し、周りを覆うキューティクルが開きます。その状態の髪にインバストリートメントを使用することで、成分が浸透して髪を補修する効果が期待できます。その他にも髪に栄養を与えてしなやかさや潤いをもたらす効果も期待できます。このインバスタイプのトリートメントは、特に紫外線やヘアカラーなどの外的刺激によって、髪の内部が傷んでいる方に向いているといえます。

洗い流さないアウトバストリートメント

「アウトバストリートメント」(お風呂以外で使用するトリートメント)は洗い流さないタイプなので、トリートメントに含まれる保湿成分やコーティングが、日中の刺激から髪を守ってくれます。そのため昼間の強い紫外線や乾燥などから、髪を保護したい方におすすめのタイプといえるでしょう。ただしこれはアウトバストリートメントが“洗い流さなくてよい成分”であるために有効な性質です。前述したインバストリートメントを洗い流さずに同じ用途で使用すると、かゆみや炎症などの頭皮トラブルを招く恐れがあるため絶対に避けましょう。

またアウトバストリートメントは、用途によって主に以下の3種類に分類することができます。

アウトバストリートメント1:オイル成分が多いタイプ

オイル成分が多いタイプのアウトバストリートメントはさらに細かく分類でき、「オイルタイプ」「スプレータイプ」「ジェルタイプ」があります。これらのタイプはオイル成分によって強いコーティング効果を持つため、紫外線や熱などの外的刺激から髪を守る働きが優れています。

1. オイルタイプ
最もオイル成分が豊富なタイプです。ドライヤーで髪を乾かす前に使用すると、熱による髪へのダメージを防ぐ効果が期待できます。乾かした後も髪がパサつかず、しっとりとした仕上がりになります。 
2. スプレータイプ
ドライヤー後の仕上げとして髪に吹き付けるなど、乾燥を防いだり、髪にまとまりをつけやすくする効果が期待できます。
3. ジェルタイプ
髪をコーティングする成分が多く含まれています。そのため紫外線やヘアカラーなどが原因で髪が傷んでいる時に使うと効果的です。キューティクルを補修し、艶やかな髪を取り戻してくれます。

このように同じオイル成分が多いタイプでも、製品によって効果が異なります。ご自身の髪の状態によって使い分けることで、より効果的なヘアケアができるでしょう。

アウトバストリートメント2:水分が多いタイプ

このタイプは他のアウトバストリートメントと比べて、オイル成分が少ない替わりに水分が多いことが特徴です。「ミストタイプ」と「ゲルタイプ」がありますが、どちらも水、美容液、たんぱく質が主な成分で、髪に浸透しやすい利点を持っています。そのため髪を保護するというよりも、ダメージ補修を目的に使用するのがよいでしょう。メーカーによって「ゲルタイプ」「ジェルタイプ」とありますが、ゲルとジェルの明確な違いはありません。

アウトバストリートメント3:ミルク成分のタイプ

ミルク成分をメインとしたアウトバストリートメントもあります。これには「ミルクタイプ」と「クリームタイプ」があり、どちらも他のタイプと比べて、髪の保湿力に優れているという特徴があります。2つのタイプの違いはトリートメント剤の柔らかさで、クリームタイプの方がやや付け心地が固いため、髪がまとまりやすいといえます。柔らかさ以外の大きな違いはないので、乾燥によるダメージやパサつきが気になる場合は、どちらかお好みの使用感のタイプを選ぶとよいでしょう。

目的にあったトリートメントを選ぶ

洗い流すタイプと洗い流さないタイプの違いは、使用するタイミングとその効果にあります。インバストリートメントは、髪内部のダメージを補修し、アウトバストリートメントは日中のダメージも予防できるというそれぞれの特徴を持っています。ライフスタイルや体質によって使い分けたり、目的に合わせて双方を組み合わせる使い方もよいでしょう。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックTOPへ
女性専用の薄毛治療薬について