このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】赤ちゃん用シャンプーは抜け毛予防に効果がある? そのメリットとデメリット

シャンプーケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

みなさんは普段、どのような種類のシャンプーを使っているでしょうか。脂性肌タイプ、乾燥肌タイプに敏感肌タイプと、頭皮や体質によっても使用するシャンプーは異なってくると思います。最近では赤ちゃん用のシャンプーが地肌にやさしいため、大人にも愛用者がいるようです。また赤ちゃん用シャンプーが抜け毛予防にも良いとされています。今回のAGAタイムスでは赤ちゃん用シャンプーで本当に抜け毛・薄毛予防ができるのかを探るとともに、そのメリットやデメリットも紹介します。

赤ちゃん用シャンプーと一般的なシャンプーの違い

一般的に大人が使う多くの市販シャンプーは、洗浄力が強く頭皮への刺激も強いため、体質によっては頭皮トラブルを招く場合もあります。一方で赤ちゃん用のシャンプーは大人に比べて弱い肌を刺激などから守るために作られています。そのため頭皮が荒れる主な原因となる石油系の化学成分が入っていない、あるいは少ない製品が多いです。また赤ちゃんの地肌を守るためシアバターなどの保湿成分を配合している製品も多いです。そのため赤ちゃん用シャンプーは皮脂を取りすぎることがなく、健康的な皮脂バランスを保ちやすい特徴があります。

大人でも洗浄力の強いシャンプーを使っていると、必要以上に皮脂が失われ、頭皮のバリア機能が落ちてしまう恐れがあります。頭皮のバリア機能が落ちると細菌や紫外線の影響を受けやすくなり、毛根へのダメージに繋がってしまうことがあります。しかし赤ちゃん用のマイルドな洗浄力のシャンプーなら、バリア機能を低下させる可能性が低く毛根にも安心です。スタイリング剤などを使用していない方なら、洗浄力が強すぎず地肌にやさしい赤ちゃん用シャンプーなら、洗いすぎによる頭皮トラブルや、それが間接的な要因となる抜け毛の予防も期待できるでしょう。

なお赤ちゃん用シャンプーの中には、安全性の低い成分で作られた製品もあるようです。赤ちゃん用だからといって飛びつかず、成分を見極めて購入した方が安心です。ではどんな成分なら安心して使用できるのかを、次に説明します。

赤ちゃん用シャンプーに含まれている頭皮にやさしい主な成分

赤ちゃん用シャンプーは主成分に刺激の少ない成分が使われているものが多いです。よく使用されている成分は、大人のオーガニックシャンプーなどにも使われているラウロイルメチルアラニンNaや、石鹸系の洗顔料などに含まれているカリ石ケン素地などです。これ以外にも製品によって様々な主成分があり、アミノ酸系の成分を主成分にしている製品も多いです。

主成分にアミノ酸系が使われている赤ちゃん用シャンプーは洗浄力がマイルドなため、適度な皮脂を残し肌のバリア機能を高める働きがあるといわれています。すると頭皮の乾燥もある程度防げるため、抜け毛予防にも効果を発揮できる期待に繋がります。マイルドな洗浄力で皮脂を適度に残しつつ乾燥させない洗い上がりは、普通肌の大人にはもちろん、乾燥肌や敏感肌の大人にもよいでしょう。

ただしすべての赤ちゃん用シャンプーにそのような効果が期待できるわけではありません。よく、無添加とうたっている赤ちゃん用シャンプーを見かけますが、「無添加表示」というラベルは薬事法で定められた数種類の指定薬物を使用していないだけです。薬事法で指定されていない添加物や防腐剤が使用されている場合があります。多くの場合トラブルになることはありませんが、体質によっては主成分に十分注意して使用した方がよいでしょう。

赤ちゃん用シャンプーを大人が使用するメリットは?

頭皮改善の効果が期待できる赤ちゃん用シャンプーですが、実際の価格帯としては300mlの内容量で平均500~600円で販売されている製品が多いです。成分内容の充実度から見ても、比較的安価に購入できる価格帯だといえるでしょう。しかし価格の差が大きいのも特徴でとても安価な製品もあるようですが、値段に惑わされずしっかりとラベルなどで製品の成分を確認するようにしましょう。

頭皮や髪の毛にやさしい赤ちゃん用シャンプーですが、頭皮改善や抜け毛予防については効果が期待できるものの、必ずしも薄毛が改善される製品だとはいえません。あくまでも一般的な大人用シャンプーよりも頭皮にやさしいというとらえ方です。

しかしコストパフォーマンスがよいのも事実なので、使われている成分の質がよく頭皮にやさしいのであれば、赤ちゃん用シャンプーの使用は間接的には薄毛改善のひとつの手段になる可能性はあります。ただしあくまでも頭皮環境の悪化が薄毛を招いている場合の話で、男性型脱毛症(AGA)による薄毛を赤ちゃん用シャンプーで改善することはできません。

脂性タイプには不向き?

赤ちゃん用シャンプーは大人用に比べて洗浄力が低いので、洗い心地に物足りなさを感じる方もいるでしょう。また、毎日のシャンプーではヘアケア成分をたっぷりと髪の毛へ吸収させたいと思っている方にも、少し不満が残ることもあるかもしれません。

ヘアスタイルをセットする際にヘアスプレーやワックスなどのスタイリング剤を使用している場合、赤ちゃん用シャンプーでは髪の汚れを全部を落とし切ることは難しいでしょう。スタイリング剤が落としきれずに髪に残ったままの状態は、髪に汚れによるダメージを与える原因となってしまいます。

脂性タイプの方にも同じことがいえます。普段使うシャンプーとして刺激が少なくて安全性の高いシャンプーを使いたいのであれば、赤ちゃん用シャンプーもその選択肢にはなりますが、頭皮のベタつきを解消するのは難しいでしょう。また頭皮が脂性タイプといっても、乾燥肌の人もいれば脂性肌の人もいます。ご自身の体質も考慮したうえで、赤ちゃん用シャンプーを使用するかどうかを考えた方がよいでしょう。

AGA治療はシャンプーではなく病院へ

赤ちゃん用シャンプーは刺激が少ないため、頭皮にやさしく肌への安全性も高いため大人も問題なく使えるシャンプーであることは分かりましたね。頭皮にやさしいシャンプーで頭皮の状態を整えるだけでも、ある程度育毛に良い影響を与えられる場合があります。

しかし男性型脱毛症(AGA)の場合は男性ホルモンが影響しているため、育毛促進に必要な栄養素も頭皮に与える必要があります。たとえ頭皮にやさしい赤ちゃん用シャンプーを使っていても、AGAの進行を食い止めることはできません。本格的に育毛に関しての対策を行いたいのなら薄毛専門クリニックなどで診察を受け、正しい診断と治療を行うことが育毛への近道となるでしょう。

東京の秋葉原にあるAGAヘアクリニックは豊富な治療事例と専門クリニックならではのAGA治療薬を取り揃え、安心・安全の医療を提供しております。完全予約制・全サービスは個室で実施しているため、人目が気になるという方も安心。カウンセリング・診察は無料なので、ぜひお気軽にご相談ください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックTOPへ
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックTOPへ
女性専用の薄毛治療について