このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】育毛に有効なのはどれ? 界面活性剤の比較から考える頭皮にやさしいシャンプーとは

シャンプーケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

以前は頭皮トラブルを抱えたことはなかったのに、シャンプーを変えたら頭皮に異常を感じたという人もいるでしょう。その違いはシャンプーに含まれている「界面活性剤」が影響している可能性があります。また界面活性剤の違いは、育毛にも影響がでる場合も。今回のAGAタイムスではシャンプーに含まれる界面活性剤の種類や、どのようなシャンプーなら育毛のサポートに効果が期待できるのかをご紹介します。

界面活性剤の役割と種類

最近は湯シャンやノープーなどシャンプーを使わずに髪を洗う人も増えてきましたが、多くの人は髪を洗う際に必ずといってよいほどシャンプーを使っていると思います。シャンプーを使う本来の目的は髪の毛に付着した汚れや、頭皮の余分な皮脂などを洗い落とすことです。シャンプーは商品によって洗浄力に違いがありますが、その洗浄力はシャンプーに含まれる「界面活性剤」が担っています。

界面活性剤とは油と水に馴染みやすい成分で、それが油や汚れを浮かして洗い流す手助けをします。シャンプー以外にもメイクのクレンジング料や洗顔フォーム、また食器洗い用洗剤や衣類用洗剤など幅広く使われています。界面活性剤にはいつくかの種類があり、主に次の「石けん系」、「脂肪酸エステル系」、「アミノ酸系」、「高級アルコール系」の4種類がよく使われています。

界面活性剤の種類による違い

主な4種類の界面活性剤のうち、シャンプーによく含まれている3つの界面活性剤についてそれぞれの特徴を説明します。

1. 高級アルコール系
高級アルコール系界面活性剤は石油由来の合成界面活性剤です。洗浄力が高く、界面活性剤のなかでも比較的安価なため、市販されている多くのシャンプーに含まれています。シャンプーの成分に「ラウリル硫酸Na」や「ラウレス硫酸Na」の表記があれば、高級アルコール系の界面活性剤を含んだシャンプーです。汚れをしっかりと洗い流せますが、頭皮や髪の毛にとっては刺激が強く、頭皮に必要とされる皮脂まで洗い流してしまうことも。人によっては乾燥や炎症などの頭皮トラブルに繋がる可能性もあります。多くの場合はさほど心配する必要はありませんが、アトピー体質の方や肌が敏感な方は避けたほうがよいでしょう。
2. アミノ酸系
アミノ酸系の界面活性剤は石油系に比べると刺激が弱めで、適度な洗浄力が特徴です。しかし汚れが落ちにくいというわけではありません。マイルドな洗浄力のアミノ酸系シャンプーで洗えば、汚れを落としつつ適度な皮脂を残したまま頭皮や髪の毛を清潔に保ちやすいといわれています。よく「髪の毛の生成にはアミノ酸が必要」といいますが、アミノ酸系の界面活性剤で育毛できるわけではありません。しかし育毛に適した頭皮環境を目指すのであれば、アミノ酸系シャンプーは選択肢の一つです。アミノ酸系シャンプーを見分ける成分表記として、ラウロイルやココイルなどの表記があれば、アミノ酸系のシャンプーといえます。
3. 石けん系
石けんとは天然油脂や脂肪酸をもとに作られる界面活性剤のことです。オーガニックシャンプーなどにも使われることがあり、天然由来のため合成洗剤など添加物の心配は少ないといえます。ただし石けんはアルカリ性のため人によっては肌に合わない場合も。アミノ酸に比べると刺激を強く感じる方もいるため、もし使ってみて肌がガサガサする、かゆくなるなどの違和感がある場合は使用しないほうがよいでしょう。

強い洗浄力の界面活性剤には注意

界面活性剤は種類によって洗浄力も異なります。洗浄力が強いのは石油由来(高級アルコール系)で、頭皮や髪の毛をしっかり洗いたい人や、普段から皮脂の多さに悩んでいる人には向いています。しかし洗浄力が強いということは刺激も強いため、頭皮が弱い人やデリケートな肌質の人は頭皮トラブルを招く恐れもあります。皮膚炎や抜け毛の原因や、育毛を妨げることになりかねません。

頭皮の皮脂は天然のバリアのようなものです。頭皮や髪の毛の健康にはある程度の皮脂が残っていた方が好ましいです。自身の頭皮環境を考慮したうえでシャンプーを選ぶのがよいでしょう。

育毛サポートによいシャンプーとは

主に育毛によいとされるのは、アミノ酸系シャンプーです。アミノ酸系シャンプーに含まれる界面活性剤は低刺激のため、頭皮が刺激に弱いデリケートな人でも安心して使える商品が多いです。またアミノ酸は髪の毛の大部分を構成しているケラチンというたんぱく質の生成に不可欠な成分であることからも、育毛シャンプーとしての効果が期待できます。

シャンプーを賢く選ぶことの大切さ

シャンプーは含有成分によって頭皮や髪の毛への影響が異なってきます。シャンプーはほとんど毎日使用するものですから、その内容や成分が頭皮や髪の毛の状態にも変化をもたらしやすいです。自身の頭皮環境や髪の毛のことをよく考え、負担のかからない商品を選ぶことをおすすめします。ただしシャンプーは薬ではないため劇的な育毛効果は期待できません。あくまでも毎日できる手軽な頭皮ケアとして、界面活性剤の種類にも留意しながら自分に合ったシャンプーを選びましょう。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療薬について

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックTOPへ
女性専用の薄毛治療について