このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みタグ:

【医師が教える】育毛シャンプーはどうして高いの?

東京秋葉原のAGAヘアクリニックへ
シャンプーケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

薄毛や抜け毛でお悩みの方の中には育毛シャンプーを使用した経験がある、あるいは購入を検討している方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし育毛シャンプーは通常のシャンプーと比較すると値段が高い傾向にあるため、購入をためらうという方も少なくありません。ではなぜ育毛シャンプーが高いのでしょうか。今回のAGAタイムスでは育毛シャンプーに含まれている成分や効果などについて解説します。

育毛シャンプーに含まれる成分とその効果

育毛シャンプーと一般的なシャンプーの大きな違いは含まれている有効成分にあります。

【育毛シャンプーに含まれる代表的な有効成分】

○ クララエキス
マメ科植物クララの根から抽出される成分で「クジンエキス」とも呼ばれています。主に毛根細胞の活性化や血行促進、殺菌・抗菌効果、男性ホルモンの抑制、収れん作用があり、フケやかゆみを抑える効果があるとされています。
○ センブリエキス
センブリエキスとはリンドウ科の植物であるセンブリから抽出されるエキスのことで多くの育毛シャンプーに使用されています。血行促進や抗酸化作用、抗炎症作用、細胞分裂の活性化といった効果が期待できます。
○ 酢酸トコフェロール
合成ビタミンEの一種である酢酸トコフェロールは抹消血管の拡張作用や血行促進作用のほかにも抗酸化作用を有するため肌荒れの予防にも有用です。
○ ヒバマタエキス
ヒバマタ科の海藻から抽出されるエキスで、ミネラルやアミノ酸を多く含んでいます。血行促進作用のほかにも保湿効果や皮膚再生作用があることから、頭皮環境の改善が期待できます。
育毛シャンプーに含まれる有効成分は商品ごとに異なります。購入の際にはボトル裏面などに記載されている成分表を確認してみると良いでしょう。

もう一つの違いは「洗浄力」

育毛シャンプーと一般的なシャンプーのもう一つの違いは、頭皮に優しい洗浄力であるかどうかということ。シャンプーの洗浄成分は大きく3種類に分けられます。育毛シャンプーは洗浄力が穏やかなものが多く、頭皮に必要な皮脂をある程度残すことができるようになっています。

○高級アルコール系シャンプー

化学用語ではアルコール分子中の炭素数が1〜5個だと「低級」、炭素数が6個以上の場合は「高級」と定義されており、ここでの「高級」は「高品質な原料」という意味ではなく「炭素数が多い」という位置付けとなっています。このシャンプーは市販のものに多く比較的安価に購入することができますが、洗浄力が高く頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまい頭皮のバリア機能を損なう恐れがあります。

○石けん系シャンプー

石けん系シャンプーは自然由来の成分で作られているのが特徴です。このタイプも洗浄力が高いとされているため、乾燥肌や敏感肌の方は注意が必要です。また頭皮は弱酸性ですが石鹸系シャンプーはアルカリ性であるため、洗い上がりの髪のゴワつき・軋みが気になることも。この状態を改善するためには最後に弱酸性のリンスなどによるケアが必要となります。

○アミノ酸系シャンプー

育毛シャンプーに多いとされるアミノ酸系シャンプー。このシャンプーは髪の毛や皮膚の主成分であるたんぱく質の原料のアミノ酸が含まれているため、髪の毛や皮膚へのダメージを最小限に抑えることができるといわれています。洗浄力は上記2つに比べて穏やかで頭皮の乾燥を防ぐために必要な皮脂をある程度残すことができるため、頭皮環境の改善にも有用でしょう。

育毛シャンプーはなぜ高いの?

市販のシャンプーに比べると高価な育毛シャンプー。その理由としては流通量が少ない有効成分を使用しているためコストがかかるということが挙げられます。また多くの商品で使用されている合成界面活性剤や化学成分防腐剤、合成香料やシリコンなどを配合しない無添加のものを開発するためには相応のコストがかかってしまいます。

しかし一般的なシャンプーには配合されていない有効成分が含まれているほか、頭皮環境の改善を見込むことができるため育毛に適した頭皮環境を保つためにも有用であるといえます。

育毛シャンプーで薄毛は治らない!

育毛シャンプーは頭皮環境の悪化が原因の薄毛には効果を期待することができますが、AGAなどの脱毛症には効果を期待できません。またAGAの場合、育毛シャンプーを使い続けても薄毛や脱毛が改善される見込みは低いとされています。

育毛シャンプーの目的は、あくまでも頭皮環境を整えることにあります。例えば頭皮に過剰に皮脂が分泌されベタついている、あるいは乾燥が原因で炎症が起きているなど頭皮環境が悪化している状態では発毛に悪影響を与えかねません。また頭皮環境が悪いとせっかく育毛剤や内服薬などを使用しても効果が現れにくい可能性もあります。そうした頭皮環境の状態を改善するための成分が配合されているのが育毛シャンプーなのです。つまり育毛シャンプーはそれ自体で発毛を促すものではなく、頭皮の状態を良くすることで発毛の下地を整える役割を担っているのです。

薄毛や抜け毛でお悩みの方はAGA治療の専門病院へ

育毛シャンプーで頭皮環境を整えているにも関わらず、「前頭部や頭頂部の薄毛が気になる」「最近抜け毛が増えてきた気がする」という症状があるならば、AGAを発症している可能性があります。

AGAの診断や治療は皮膚科でも受けることができますが、本格的に薄毛を治療したい場合はAGA治療専門クリニックなどでの受診をおすすめします。東京の秋葉原にあるAGAヘアクリニック(以下、当院)はAGA治療に特化たAGA治療専門のクリニックです。AGA治療の実績豊富な医師が在籍し、患者様一人ひとりのお悩みに真摯かつ丁寧に対応します。カウンセリング及び診察はいつでも何度でも無料なので、ぜひ一度当院にご相談ください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
治療用シャンプーの効果とは

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について