このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】育毛シャンプーでは発毛しない。育毛シャンプーの役割と本当の発毛ケア

東京秋葉原のAGAヘアクリニックへ
シャンプーケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

薄毛の悩みを解消するために「育毛シャンプー」を使っている人もいるでしょう。しかし「育毛」は髪を健康的に育てることをいい新しく髪を生やすことではないため、発毛効果は期待できません。そのため新しく髪が生えてくることを願って育毛シャンプーを利用するのは少し違うかもしません。

今回のAGAタイムスは育毛シャンプーの本来の効果と発毛を望むには何をするべきかをご紹介します。

発毛とは違う、本当の“育毛”とは

「育毛」と「発毛」という言葉には明確な違いがあります。育毛とはすでにある髪の毛を健康的に育てることをいい、一方で発毛は脱毛した部分の毛母細胞を活性化させて再び毛根から髪の毛を生やすことを指します。

髪の毛の成長にはその土台となる頭皮の環境を良好に保つことが大切です。しかし、頭皮の皮脂が過剰に分泌されるとかぶれや臭いなどの頭皮トラブルの原因にもなりかねません。逆に頭皮が乾燥してしまうとかゆみによる頭皮湿疹やフケなどに繋がる恐れも。また頭皮が乾燥すると体の防御反応が働き、皮脂を過剰に分泌してしまいます。このように皮脂が過剰に分泌されたり乾燥したりすると頭皮環境が乱れてしまい、育毛を妨げてしまう恐れがあるのです。そのため育毛に適した環境を整えるには頭皮の乾燥を防ぐことがひとつのポイントとなります。

頭皮環境が整うと頭皮の血流も良好になり、髪の毛の成長に欠かせない栄養素や酸素も毛母細胞に届きやすくなるため、より育毛に適した状態になっていくでしょう。

一般的なシャンプーと育毛シャンプーの違い

ドラッグストアなどで市販されているシャンプーには、界面活性剤をはじめとする成分が含まれています。界面活性剤の種類によっては洗浄力が強く、頭皮環境を一定に保つために必要な皮脂まで余分に落としてしまうことがあります。このような頭皮のトラブルに悩んでいる人の中には普段使用しているシャンプーが肌に合っていないことがあるため、気になる場合は成分表を確認してみると良いでしょう。

一方で育毛シャンプーの多くは保湿効果のある成分や髪の毛や頭皮に優しいとされるアミノ酸系界面活性剤を配合しているのが特徴です。アミノ酸系界面活性剤は一般的なシャンプーよりも洗浄力は弱いですが、頭皮に必要な皮脂を残して頭皮の乾燥を防ぎ皮脂の分泌量をコントロールする効果が期待できます。そのため、育毛に良い頭皮環境を保ちたい場合は、アミノ酸系の界面活性剤が配合された育毛シャンプーを使用するのがおすすめです。

本当の発毛ケアは薄毛の原因を知ることから

薄毛の原因はいろいろありますが、成人男性の薄毛に多いといわれているAGA(男性型脱毛症)は悪玉男性ホルモンが主な発症原因であるといわれています。そのメカニズムは男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」によって、髪の毛の成長周期「ヘアサイクル」が乱されて薄毛が進行するというもの。そのため抜け毛を防ぎ発毛を促すためには、乱されたヘアサイクルを正常に戻さなければなりません。つまり頭皮環境を整える育毛シャンプーだけでは薄毛の根本の原因を解消することができないのです。

AGAを改善するためには根本的な治療も必要ですが、治療効果を発揮するには頭皮環境が整っていることも必須条件であるといえます。そのため育毛シャンプーはAGAなどの薄毛に直接的な改善効果はないものの、頭皮環境の改善効果などがAGA治療の効果を高めることは期待できるでしょう。

発毛には「ミノキシジル」が有効

ミノキシジルはAGA治療に使用されている有効成分の一種です。主に毛母細胞を活性化させることで発毛を促す働きを持っています。AGA治療に使用されるミノキシジル含有治療薬は内服薬と外用薬の2タイプ。血中から薬効を発揮する内服薬に対し、外用薬は体の外部の頭皮から薬剤を浸透させて薬効を発揮します。有効成分は同じでもそれぞれ異なる面から作用するため、内服薬と外用薬を併用した治療も行われることがあります。

ミノキシジル含有の治療薬は基本的にAGA治療専門クリニックなどで診察を受けたのち医師の処方により手に入れることができます。しかし最近では診察を受けずに個人輸入で海外から仕入れる人も増えているようです。ただ、インターネット上には偽造された治療薬が出回っているのも現実です。偽薬である場合のリスクや副作用の程度など様々な危険性を孕んでいるため、国内ではミノキシジルに限らず医薬品の個人輸入は推奨されていません。

またAGA治療専門クリニックであれば発毛効果のあるミノキシジルのほかにも「フィナステリド」や「デュタステリド」といった成分を含んだ治療薬を処方してもらうことができます。有効成分のフィナステリドやデュタステリドはAGAの原因である5αリダクターゼを抑制する働きがあるため、AGAによる抜け毛の改善が期待できます。AGA治療専門クリニックであればミノキシジルと併用してフィナステリドやデュタステリドを処方してもらえるため、より高いAGAの改善効果が期待できるといえるでしょう。

薄毛の改善を望むなら「AGAヘアクリニック」へ

薄毛の悩みはなかなか人に相談しにくく育毛シャンプーなどのセルフケアでなんとかしたいと思ったこともあるでしょう。しかし育毛シャンプーの役割には限界がありAGAなどの根本的な治療には医師の処方薬が必要です。価格や効果が気になる人はまずは医師に相談をし、自身の症状と本当に必要な対策を知ることをおすすめします。

東京の秋葉原にあるAGAヘアクリニックでは、ミノキシジルやデュタステリドをはじめ様々な治療薬をご用意しております。カウンセリングや診察、お会計、治療薬の処方など、院内でのサービスは全て個室で提供しているため「人目が気になる」という方も安心。遠隔診療も実施しているので、頻繁に通院するのが難しい方でもご利用いただけます。診察・カウンセリングは無料のため、薄毛治療に興味のある方は当院までお気軽にご相談ください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
治療用シャンプーの効果とは

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
治療用シャンプーの効果